右手のゴルフで飛ばすコツは遠心力をかけてヘッドを走らせる

ダウン

まずは現代のクラブを有効に使う

昔から言われている左手リードやクラブの溜め、
ダウンブロー、腰の回転、等の動きを意識していては、
現代の深いキャビティ構造のアイアンや、
400ccを越えるドライバーの性能を引き出す事は出来ません。

これらは、まだドライバーのヘッドやシャフトが
木製でアイアンも鉄の塊のような形をしていた頃に生まれた教えです。

つまり昔のクラブは
「飛ばない」「上がらない」「捕まらない」「曲がる」
のが当然だった為、それを補う動きが必要不可欠でした。

その教えが今日にも根強く残っているのですが、
ボールを上げる事も捕まえる事も現代のクラブは勝手にしてくれるので、
もうそこに気を取られる必要はありません。

寧ろ、もうしなくて良い動きをゴルファーがしてしまう事で
クラブのパフォーマンスを落としてしまっているのです。

現代のクラブはシンプルに使う事で
性能が引き出されるように作られているのに、
非常に複雑な動きをしてしまってその恩恵を受けられないことほど勿体ない事はありません。

ドライバーが飛ばないと嘆く前に、難しい動きは一度辞めて、
ドライバーの性能を引き出す為のシンプルなスウィングを試してみては如何でしょうか?

遠心力の与え方

現代のクラブの性能を引き出す為に最も大事なのは
クラブを走らせ、ヘッドに遠心力をかけて振る事です。

まず一番簡単にクラブの走りを体感する方法は
インパクト直前でグリップの動きを止めて、
グリップ位置を支点にしてクラブを旋回運動させることです。

こうする事で、クラブの動きが手のスピードを上回り、
ヘッドが勝手に走る感覚を掴む事ができます。

この動きだけでも、ある程度ボールを飛ばすことは可能で、
インパクトゾーンでの基本的な動きになるので反復して身に付ける価値があります。

ただ、これだけでは遠心力は僅かなものなので、
ボールをさらに遠くへ飛ばす為にはもっと遠心力をかける必要があるのですが、
右手のゴルフの飛ばしのポイントはまさにこの遠心力のかけ方にあります。

トップオブスウィングからダウンスウィングに移行する際に、
直ぐにクラブヘッドをボールに当てようとするのではなく、
自分の右横、踵の延長線上から1.5メール辺りに杭や西瓜が置いてあると思って、
それを上から叩くようにクラブを振り降ろします。

この一旦クラブヘッドを下に動かすというのが非常に大事で、
これをせずにヘッドがボールへ向かって一直線に動いてしまうと
クラブに遠心力が生まれません。

後は振り下ろしながら右手の甲を
正面の人に見せるようにリストをなるべく早くターンさせます。

これで落下の運動からグリップを中心とした円運動に素早く切り替わるので、
クラブのヘッドに遠心力がかかり、
現代のクラブの低重心や高慣性モーメントといった性能を引き出す事が出来ます。

回転が遠心力を生み、加速を生む

トップからハーフウェイダウンまでは
クラブと腕の運動量や移動速度に大差はありませんが、
そこからインパクトゾーンにかけて旋回運動をさせる事で初めて遠心力が生まれます。

そしてこれは腕、グリップの運動量が一気に小さくなり、
クラブだけが動くという状況を作る事で更に加速させる事が出来ます。

よくフィギュアスケートで腕や足を大きく伸ばし、
ゆったりと回っている所から、足を閉じ、腕も胸の前で組む事で
一気に高速スピンをする演技があるのですが、それも同じ原理で、
(回転中の物体の質量)×(半径)×(速さ)=角運動量という物理から来ています。

この角運動量というのは外部から力が働かない限りは保存されるとういう法則を持つので、
身体を軸に腕と共にクラブを動かしている所から、
身体と腕が止まり、クラブだけが動くとき、回転の半径が小さくなる為、速さが増します。

回転から遠心力が生まれ、回転の半径が短くなることで加速し、衝突エネルギーが増す。
これが現代のクラブの使い方となります。

よくプロの選手が、練習場等で軽く振っていてもヘッドが走り、
力強い球を打っているのをテレビ等でも放送されますが、
この物理法則の上で成り立っています。

ですので、豪快なフルショットを真似するのは難しくとも、
そのスウィングならどのアマチュアゴルファーでも必ずできるようになります。

フィニッシュにこだわっても意味はない?インパクトにこだわる

finish

フィニッシュ重視の弊害

私も実際何度かあったのですが、レッスン等に行くと
フィニッシュを兎に角まず教えられるという経験をされた方も多いかと思います。

雑誌等でもよく特集されていますし、重要な事のように感じますが、
ハッキリと言ってしまうと実はほぼ意味の無いことなのです。

この形になるように振りなさいと細かく指摘もされますが、
フィニッシュは所詮、打ち終わった後のポーズに過ぎません。

つまり体格や骨格、身体の柔らかさ、力の使い方が少しでも変われば、
必ず変わってきてしまう物です。

また、スウィングタイプによっても全く違う形になってしまいます。

仮に理想のフィニッシュになるように振ったとして、
そこから頑張って逆算してスウィングを作ったとして、
それが正しいかどうかを判断することは中々できません。

そんなフィニッシュには絶対にならないはずなのに
スウィングの途中で調整して帳尻を合わせて
無理やり自分で決めたフィニッシュを取っている方も練習場で多く見かけてしまいます。

ボールが飛んで行った後のポーズに気を取られてしまい、
大事なインパクトでの動きを蔑ろにしてしまう事ほど勿体ない事はありません。

特に女性の方はフィニッシュの形を先に教えられてしまうと
ボールを打つ事よりもトップから、正直に教えられた
フィニッシュの形を取るだけのスウィングになってしまい、
途中の動きが踊りのようになってしまい全くボールが飛ばなくなってしまいます。

野球で例えるなら、初心者にボールの投げ方を教える際、
最初に投げ終わった後のポーズを一生懸命教えるようなものです。

女性は飛ばないというのが今や常識的になっていますが、
飛ばす事ができないのではなく、飛ばせるように教わっていないだけなのです。

フィニッシュからスウィングは作れない

スウィングにはアドレス、テイクバック、トップ、ダウンスウィング、
インパクト、フォロースルーがあって初めてフィニッシュがありますが、
このフィニッシュから逆算してスウィングが果たして作れるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、ほぼ不可能です。

何故ならフィニッシュを作るには
フォロースルーでの動きだけで十分だからです。

「フィニッシュの姿勢」をどれだけ気にしても
ダウンスウィングやインパクトの動きまで影響を与えるのには、
あまりに自由度が高すぎるのです。

例えばテニスのサーブを打った後の姿勢や
ハンマー投げの投げたハンマーを見届ける時の姿勢を完璧にできるようになったとして、
その競技ができるようになる訳がありません。

どう頑張ってもモノマネの域がやっとです。

冷静に考えれば当たり前のことですが、
何故かゴルフではそれで打てる様になると信じられています。

クラブをアウトサイドインに振ろうが、肩がどれだけ開こうが、
極端な話し空振りしようが、フィニッシュで高らかに腕を上げ、
目標に向かって真っ直ぐ立つことは出来ます。

その時点でフィニッシュにスウィング作りの要素はありません。

フィニッシュからスウィングが作れるというのは、
あくまでスウィングをある程度理解している者の立場から見た
一方的な方法論でしかありません。

また、もし本当に理想のフィニッシュがあるとすれば
プロゴルファーのフィニッシュは皆同じになるはずです。

ですが同じような体型、身長のプロですら全く違うフィニッシュを取っています。

この様にフィニッシュの形は「無理に作っても意味が無いもの」で、
貴方のフィニッシュの形は結局、貴方のスウィングの結果でしかありません。

良いインパクトだけ目指す

レッスン書や実際のレッスンでは、順を追って説明される事も多いため、
インパクトはグリップの持ち方や、アドレス、テイクバック等と
同等程度の扱いで説明されていますが、スウィングで最も大事なのは「インパクト」です。

きっちりとレッスン書や雑誌の通りグリップしていても、
何球か連続で打つとグリップが変わっていたりするのも
インパクトが上手くできていない時に起こります。

若い方で力のある方は特にフックグリップが強くなる傾向があり、
右手の甲が地面を向きそうになるほどのフックグリップで
無理に打たれている方をよく見かけます。

また、テイクバックでクラブをインに引き過ぎる動きも、
横振りのアウトサイドインでインパクトさせてしまう事がそもそもの原因になります。

人はこれからどう打つか、どう動くかによって
勝手にその準備動作を器用に行います。

目の前の釘を打つのに真横に金槌を振り上げる人はいませんが、
ゴルフスウィングの場合は多少打ち方が複雑になるので、
まずインパクトの形がどのような物なのかが理解できていないと準備動作が正しく行えません。

それこそ真横に金槌を上げている状態にもなり兼ねないのです。

フィニッシュやグリップが正しいスウィングを作るのでは無く
「良いインパクト」をするための動作と結果がそれらの動きになるので、
まずは良いインパクトを目指すことが上達の近道となります。

まっすぐ飛ばすコツはインサイドからクラブを下ろす

inside

クラブは押して使う

ゴルフクラブはグリップの延長線上に芯が無い非常に珍しい道具ですが、
だからこそ他の種目では得る事が無い程の飛距離を生み出す事ができます。

ですが、この延長線上に芯が無い道具を使うため、
ゴルフは非常に難しいスポーツとなってしまっています。

その理由の一つは、その構造上ゴルフクラブは
「押して使わなければならない道具」だからです。

昔から日本には押して使う道具が少なく、
刀、のこぎり、鍬、毛筆など道具を引いて使う習慣があり、
また得意としてきました。

その為、道具を押して使う事にあまり慣れておらず、
ゴルフクラブも無意識に引きながら使おうとしてしまいます。

その結果、どれだけボールを打っても
「スライス」「プッシュアウト」「飛ばない」「フック」
という悩みから抜け出せなくなってしまいます。

まず、グリップの延長線上から外側に芯が離れているため、
スウィング中は進行方向に対して右を向きやすくなります。

例え上手くスクエアにヒット出来たとしても、
引きながら振ればクラブフェースに閉じる力が無いので
ボールに当たった瞬間に当たり負けを起こしてフェースは開いてしまいます。

このようなインパクトをしてしまうと、
右に飛び出すか或は途中で右に曲がるスライス回転のボールになってしまいます。

それを近年のクラブ、特にドライバーは
予めフェースが左に向くように作ったり、
ヘッド体積を大きくして重心の位置をフェース面から
後ろへ遠ざける事で重心角を作り、
所謂「捕まりの良いクラブ」にすることで防ごうとしています。

その結果、右に飛ぶはずのボールが
ある程度真っ直ぐ飛んでいくようになります。

ですが、これは「打つ」では無く
「当てている」に過ぎません。

ゴルフクラブでボールをしっかりと打つには投手が
ストレートボールを投げる時の様な右手の押しが必要不可欠になります。

左手リードでは飛ばない理由

ゴルファーなら誰でも一度は聞いたことがある
「左手リード」という言葉ですが、
引く動きを元々得意としている日本人には非常に危険な言葉となってしまいます。

これを言っている人が嘘を付いているという訳ではありませんが、
正しくクラブを振れていない間に「左手リード」という言葉を聞いてしまうと、
下手をすると一生ゴルフが上手くならない程の誤解を招いてしまう事もあるという事です。

まず殆どの方が「左手リード」という言葉を素直に聞くと
左手でクラブを「引っ張り続けている間にボールに当てよう」
としてしまいます。

しかし、引きながらボールへ当てようとすると
左の肩を開かなければ当てる事が出来ない為、
当然フェースは開きやすくなり、右へ飛び出してしまいます。

また、ダウンスウィング開始時に左肩が僅かでも飛球線方向に開けば、
クラブはアウトサイドインの軌道になり、スライスが止まらなくなります。

誰しも肩は閉じていた方が良いと思いつつ、
それでも開いてインパクトしてしまう原因も、
インサイドアウトが良いと思っていても
何故かアウトサイドインに振ってしまう原因も、
この「左手リード」という言葉を誤解している点にあります。

更に左手で引きながらのスウィングはフェースに閉じていく力が全く働かないため、
当たり負けによる右への飛び出しを防ごうとし、
ボールを捕まえようとしてクラブヘッドを手首でこねながら
インパクトしてしまう癖も付きやすくなってしまいます。

こうなるとボールは右か左にしか飛ばなくなってしまいます。

また、安定して真っ直ぐ飛んでいるように見えても、
アウトサイドインのスウィングでは左に飛ぶのを嫌って
フェースを開きながら当てる事で真っ直ぐの様に見えるだけの
逃がし球になっていることが殆どですので注意が必要です。

これも「右への飛び出し」の部類に入ります。

正しいインサイドアウトの動き

練習に練習を重ねる事で、左手で引きながらでも
インサイドアウトに振れるようになるかもしれませんが、
安定してドローが打てない場合や飛距離が
アウトサイドインに振っている時より伸びていない場合は
クラブが寝て降りてきているだけの可能性があります。

腕はアウトサイドインに動き、
クラブだけがインサイドアウトのスウィングに動いている状態です。
これでは飛距離も方向性も望むことはできません。

正しいインサイドアウトの動きをするには、
腕の動きが最も重要になるのですが、
一度トップオブスウィングの状態からゆっくりと
「腕だけ」を真下に動かして、右の太ももに
グリップエンドを突き刺してみてください。

恐らく60㎝~80㎝程、腕を振り下ろしたかと思います。
この時の数十センチが非常に大切で、
ここが人間が最も効率良く、クラブに力を与えられるエリアになります。

後はボールを打とうとすれば何もしなくとも
勝手にインサイドアウトのスウィングになります。

クラブのタメ等も一切気にする必要はありません。
勿論、両足のつま先がボールを向いているという不安定な体勢のため、
一気に腕を真下に振り下ろそうとしても自然に身体が僅かに回り、
右脚にグリップエンドが当たる事はありません。

この様に動かす事でトップから最短距離でアドレスの位置へグリップが戻るため、
クラブはインサイドアウトにしか動く事ができなくなり、
インパクトゾーンではグリップ位置を支点として一気にヘッドが加速し、
扇状に緩やかに旋回する動きをします。

これがインサイドアウトの動きとなります。

これだけ腕をインサイドで振ることによって
クラブも初めてインサイドアウトに振ることができます。

よく言う「ヘッドは背中から降りて来る」や
「刀を鞘から抜く様にダウンスウィングする」
という言葉も、ダウンスウィング直後は真下にだけ腕が動く意識だからこそ生まれる物です。

これでフックボールになるようなら、
左手リードの時の無理に手をこねるインパクトの癖が残っている可能性が高いので、
フォロースルーで右手の甲が上を向こうとしていないか等の確認が必要になります。

「左隣の人と右手で握手」と例えられる事の多い右手の動きですが、
これは右手の甲が上を向こうとする癖を抑制する効果もあります。

またその動きが出来ると野球の投球の様な右手の「押し」が
インパクトで使えるのでボールを力強く打つ事ができます。

この時、腰の動き等々は考える必要は全くありません。

不必要な腰の回転は腰痛の原因にもなりますし、
腰を動かす意識は全く無くても腕をトップ位置から真下に振り下ろそうとすれば、
スウィングに必要な分だけ最適な速さで腰は勝手に動いてくれています。

ゴルフの間違い ダウンブローの意識は必要ない!



down-1

クラブの進化とインパクトゾーン

現在主流となっているスウィング理論は
一体いつの頃から唱えられているものでしょうか?

恐らくパーシモンのヘッドにスチールシャフトの時代どころか、
シャフトヒッコリーを使っていた頃から言われ続けているものだと思います。

よく雑誌等でマッスルバックアイアンはダウンブロー、
ポケットキャビティーアイアンはレベルブローと書かれている記事を見かけます。

ですが、殆ど大きさの変わらないアイアンで
その変化が必要だと書かれているのに、
ヒッコリーのドライバーと460ccのドライバーで
どれだけスウィングを変えなければならないのかについては
殆ど書かれていません。

やはり同じ様にレベルブローや
アッパーブローの方が飛ぶという教えくらいです。

しかし、ヘッドの大きさは2倍程大きくなり、
重心の位置だけでなく慣性モーメントも大きく変わり、
長さも10㎝近く長くなり、重さも90g近く軽くなっている
クラブと昔のクラブの振り方が一緒で良いと言う方が違和感があります。

因みに、昔ながらのマッスルバックのアイアンと
シニア用の簡単なポケットキャビティのアイアンとでは、
重心距離で約1㎝、慣性モーメントでは700g・cm2程の違いがあります。

これだけの違いでも両者は同じ様に打たない方が良いと
数球打てば多くのゴルファーは感じると思います。

マッスルバックはレベルブローに打つと上がりにくく、
キャビティーアイアンはダウンブローでは上り過ぎてしまいます。

ではドライバーはと言うとパーシモンと460ccのヘッドでは
重心距離で1.5㎝、慣性モーメントで約2500g・cm2程の差があります。

700g・cmの違いどころの話ではありません。

実際、パーシモンドライバーと現代のドライバーとを
振り比べる機会も少ないので難しいかもしれませんが、
とても同じスウィングでは振れないほど違和感があります。

特にインパクトゾーンでは、460ccドライバーは
これでもかというほどシャローな入射角、
そしてフェースも既にスクエアになっていなければ、
昔のクラブから進化した「性能」を感じる事が殆どできないのです。

つまり現代のドライバーはボールと同じ高さを
クラブヘッドが長く通過すればするほど、
ヘッド軌道とフェース面が安定するように作らているのです。

それでも殆どの方がパーシモンよりも
更に前の時代から語られているスウィング理論を駆使し、
無理やり460ccのドライバーを
パーシモンヘッドの様に使いながら打たれています。

そのため460ccのドライバーの方がミスヒットは減るが、
飛距離は数ヤードしか変わらない、という現象が起きてしまいます。

その意識がミスショットを引き起こす

ダウンブローに打つ意識は
ミスショットの巣窟となっています。

この意識は本当に昔ながらのマッスルバックアイアンを
使っている人で無い限り、全くと言って良いほどメリットがありません。

上からクラブを落とそうとして、クラブのリリースを
遅らせようとする動きもハーフウェイダウンで
クラブが寝てしまう危険性を高めてしまいます。

また少しでも左に身体が流れてしまえば、
フェースは開いたまま当たることになり
右へプッシュアウトしてしまいますし、
これを嫌い無理やりフェースを返せば
真っ直ぐ飛ぶか引っかけるかの二択となってしまいます。

これで左サイドを使って打てと教えられても、
余程の練習を積むか、センスの塊のような人でなければ、
練習場では打てても起伏のあるコースでは
思うようなショットはできません。

更に多くのゴルファーは身体を回転、
もしくは捩じり運動をしつつ、
ダウンブローで打とうとしているため、
強烈なスライスに悩んでしまい、
解決の糸口が見つからないまま何年間も悩んでしまいます。

よく肩や膝が前に出てアウトサイドインになっているから
スライスする、という教えを耳にします。

ですが、これだけ捕まりが良くなった現代のクラブは、
肩がインパクトで多少開いていても
余程のヘッドスピードが無い限りは、そこまでスライスしません。

スライスしてしまうのは、その時点で
まだクラブが降りてきていない事に問題があります。

この、クラブは最後の最後に上から降りて来るという認識が、
インパクトゾーンで強烈なアウトサイドイン軌道を生み、
ボールをスライスさせてしまいます。

トップオブスウィングから先にクラブを降ろし、
レベルブローの準備に入れば、多少肩が開いていてインパクトしても、
極端なインサイドイン軌道にならないので、
そこまで悩まされる事はありません。

「右手のゴルフ」ではこのように、先に右サイドを使い、
クラブを先にリリースすることで、
全てのクラブのスウィングが入射角のシャローなレベルブローとなります。

入射角は鋭角ではなくシャロー

ダウンブローの教えは、
ダウンブローで打つしかなかった時代の
名残でもあります。

それで打たなければ高さも出ず、
ボールの性能も低かったため、
満足できるショットにはならなかったのです。

ダウンブローはどうしてもインパクトにおける
ベストなタイミングが僅かにしかできません。

早すぎればハーフトップ、遅すぎれば吹け上がり、
更に遅れればダフりかトップボールになってしまいます。

勿論、当時はトッププレイヤーが試行錯誤して生み出した、
当時の道具を使いこなす為の素晴らしい理論であることは間違いありません。

ですが現代ではリスクの低いレベルブローでも
十分にボールは上り、距離も出せて、
トーナメントコースで無い限りボールはグリーン上に止まります。

一見「右手のゴルフ」は今までのスウィング理論とは
かけ離れたものに感じるかもしれませんが、
ただただ現代のクラブの性能を最大限に生かし、
最も効率良く使うための理論です。

折角、多くの企業が知恵を絞り、お金と時間をかけて、
年齢や体力に関係なくゴルフが楽しめるようにと
クラブをここまで進化させてくれたのですから、
それに甘えてみてはいかがでしょうか?

そうすれば、今までの悩みが嘘のようなスコアと、
まだ見たことの無い貴方の本当の飛距離で、
ゴルフが楽しめるかと思います。

右手のゴルフの正体とはコッキングとヒンジング

コッキングそしてヒンジング

「コッキング」という言葉は多くの雑誌や
レッスン書でも書かれているように左手首を親指側に折る動きで、
これは金槌等を使う時に自然と人が行っている動きになります。

正確には親指を真上にしてしまうと可動域が狭くなるので
人差し指と親指の中間部を折る動きになります。

これがフックグリップにする理由の一つでもあります。

親指をグリップの真上に乗せてしまう、
所謂ウィークグリップにしてしまうと
コッキングの量が極端に少なくなってしまいます。

そのグリップでコックを深くしようとすると、
どうしても人差し指側に折れてきてしまいますので、
トップオブスウィングでフェースはかなりオープンになってしまいます。

昔のクラブならトップでフェースを開き、
ダウンスウィングで一気に閉じて打てたのですが、
現代のクラブ、特に460ccまで大型化したドライバーでは至難のスウィングです。

ですので、トップでフェースが開かない様に
予めコッキングしやすい形で現在は握られています。

このコッキングがアドレスからトップまでの左手の役割です。

もひとつの「ヒンジング」はあまり聞きなれない言葉ですが、
右手を甲側に折る動きがヒンジングとなります。

非常にシンプルな動きですが、ヒンジングはテニスやバトミントンなど
「面」を使うスポーツに多く使われていますので、
同じくフェース面を持つゴルフクラブには必要不可欠な動きとなります。

テニスでもゴルフでも、ヒンジングにより
フェースの正しいターンが行われます。

このヒンジングがアドレスからトップにかけての右手の役割です。

この「コッキング」と「ヒンジング」が
「右手のゴルフ」では最も重要になる動きで、
テイクバック開始から、まず左手のクッキングが行われ、
そこからトップにかけて徐々に右手のヒンジングが行われます。

右手の最も自然な動き

この「ヒンジング」はあらゆるスポーツや日常生活の中で使われています。
ピッチャーの速球も突然のビンタも、このヒンジングの動きが取り入れられています。
この手首を支点とした動きは大きな力こそありませんが加速を生み出す為にはこれ程重要な動きはありません。

しかし、これは意識して使うというよりも、自然と使ってしまっている動きでもあります。
どのくらいの量を、どのタイミングで取り入れれば良いかのは人によって違いますし、無意識に起きている物でもあるので、書籍や雑誌で書かれる事は余りありませんでした。
しかも左主体のスウィングではトップでは確かにヒンジングしていても、インパクト直前か、インパクト後までリリースされる事が無いため、重要視されていませんでした。

鋭角にヘッドを降ろさないと飛ばせなかった昔のクラブでは仕方なかったかもしれませんが、緩やかな軌道の方が安定して飛ばせる現代のクラブを使うなら、加速とフェースターンを自然に行ってくれるヒンジングを取り入れないという手はありません。
「右手のゴルフ」ではこのヒンジングをしっかりと使うので、ヘッドの加速と自然なフェースターンができるため、大きな飛距離と共に長いインパクトゾーンを得る事ができます。

クラブは決して「こねない」

多くの雑誌や書籍で、フェースローテーションという
言葉が書かれているのを目にするかと思います。

「右の甲を前に向ける様に」や「ハンドルを切る様に」
等と言われていますが、これをしようとするあまり、
クラブを「こねて」インパクトしようとしている方をよく見かけます。

「ローテーション」と「こねる」は腕の動きは似ていますが
クラブの動きは全く違う物になります。

アドレスした状態から、腕とクラブシャフトによって
できている角度はキープしたまま、
右の甲を自分の前に立っている人に見せようと
45°ほど旋回させる動きがローテーションです。

クラブヘッドが手の動きに連動し、
フォロースルーの方向に45°ほど旋回して
何十㎝も移動したかと思います。

それに対して「こねる」動きは
アドレスから右手の甲をその場で自分に見せる、
つまり真上を向ける動きです。

クラブヘッドは余り動かず、
フェース面は地面を向いてしまいます。

この動きをインパクトゾーンでしてしまうと、
ボールに力を伝える事もできず、
ほぼ間違いなく引っかけてしまいます。

それでも真っ直ぐに飛ばせる方がいるのは、
右に飛び出すスウィングをして、
手首をこねることで相殺しているからです。

こうなってしまうと、正しい振り方をした時に限って
左に引っかかってしまうため、
こねている限り永遠に正しいスウィングができなくなってしまいます。

それほど、この「こねる」という動きには注意が必要です。

ただ「右手のゴルフ」ではクラブを返す意識、
ローテーションさせる意識は殆どありません。

それは右手のヒンジングのリリースさえ行えれば、
自然とインパクト後は左手がヒンジングしていき、
勝手にローテーションが起きるためです。

従来の意識的に腕の旋回や手首のターンを使うやり方よりも、
こちらの方がスウィング毎に安定したフェースローテーションを行うことができます。