ドライバーのティーの高さは高い方が良いのか?

高めのティーが現代のクラブには合う



高いティーアップ


昔のドライバーはフェース面に対して重心が高い位置にあり、
重心より上でボールを打つとなると非常に狭いエリアで打つしかありませんでした。

更に重心深度も浅く、高く打ち出す事が困難だったため、
センターかもしくはセンターよりやや下で打ち、
過度なバックスピンによって高さを出すことが最善の打ち方とされていました。

その為、ボール位置も低めになっていたのですが、
現代のクラブでは低めより、やや高めのティーアップの方がクラブ性能の恩恵を受けやすくなっています。

理由としましてはまず、今のクラブはフェース面に対して重心位置が低く、
芯よりも上のエリア、つまり低スピンで打てる部分が大きいので積極的にそこで打てるようになりました。

そして重心深度も深く作れているので低スピンでも十分な打ち出し角度を確保することができるので、
ティーを低くして、フェースの下面で打つメリットが殆ど無い事が挙げられます。

高さの目安としてはボールの1/4~半分程がクラウンから出ているくらいが丁度良く、
高く見えるからといって無理にスウィングを変えたりアッパーブローに打つ必要はありません。

これは、どれだけ水平にクラブヘッドを動かしていても、
左足前付近にあるボールを打とうとすれば地面から少し高い位置をヘッドが通りやすいのと、
インパクトではシャフトは逆撓りを起こしている為、
アドレス時よりもグリップからヘッドまでの距離が僅かながら短くなっている為です。

ですので、少なくとも1/4程度はクラウンから出ていないと、
芯より上で打つことが困難になってしまいます。



アゲインストはティーを高く

アゲインストの中で高スピンのボールを打ってしまうと、
ボールは驚くほど高く上り、風に押し戻されて飛距離をかなりロスしてしまいます。

それを少しでも防ぐためには、
やはりスピン量を抑えた吹け上がらないボールを打つ必要があります。

その為、通常のショット時よりもフェース面の上部でインパクトする必要があり、
高めのティーアップが効果的です。

通常のショットよりもボール1/4個分程高くするだけでも効果があり、
またティーを高めにすると視覚効果で上から打ち込みにくくなるので、
レベルブローになりやすくなり、打ち急ぎも防いでくれます。



フォローではティーを低く



低めのティーアップ


フォローの風が吹いていると、高くボールを上げ、
風に乗せて遠くへ飛ばしたい気持ちになりますが、
追い風は上に上がろうとするボールを下へと押さえつける動きをします。

つまり、ティーを高くして低スピンのボールを打ってしまうと風により早く地面に落下させられ、
結果的に飛距離の出ないドロップボールになってしまうのです。

それを防ぐ為はティーを低めにし、フェースセンター、
もしくはやや下で打ってスピン量を増やす必要があります

これにより途中で落とされることなく、
上空までボールを運べて風に乗せる事ができます。

また、バックスピン量が少し多くても、風に落とされなければフォロー時は
ボールの落下角度が緩やかになる為、ランもしっかりと出てくれます。

ゴルフスイングは下半身を止めて手首を柔らかく振ると飛距離アップ

硬い手首から速さは生まれない



柔らかい手首

ゴルフにおいて飛距離を伸ばすのに必要なのは力では無く、速さ
なのですが、多くの方が力一杯にクラブを振ろうとしてしまって、
余計に飛ばないという負の連鎖の中にいます。

力を入れれば入れただけ飛距離が伸びるのであれば、
そもそもクラブの使い方が間違っている可能性が高く、
身体を壊してしまう原因にもなり兼ねません。

また、そのスウィングだと年齢を重ね、
体力の低下と共に飛距離も目に見えて落ちてしまいます。

ゴルフで飛距離を伸ばそうとするなら、
力むのでは無く、反対に手首を如何に柔らかく使えるかがポイントになります。

つまり硬い手首では加速しようとするクラブヘッドのスピードに
ブレーキをかけてしまうのです。

折角の加速があっても手首の動きがそれより遅ければ、
減速してしまうのは明らかです。

最近は余り見かけませんが、水銀を使用した体温計では検温後、
一旦リセットする為に手首のスナップを利かせて先端を振ります。

この時くらい柔らかい手首の動きがゴルフでも必要となります。

野球のピッチャーにしても、バドミントンにしても
非常に素早い動きが要求されるスポーツで手首を硬く使う事はありません。

そもそも何故、力を入れても速さが出ないのかと言うと、
人間の身体、筋肉というのは実は非常に動きが遅いのです。

一流のボクサーのジャブですら時速30㎞そこそこしか出ません。

どんなに素早く動かしていても、その程度なのです。
野球の投手にしても自分で動かせる腕のスピードは精々その程度になります。

しかし、そこから投げられるボールは時速150km以上になるのですから、
如何に筋力に頼らない柔らかい動きが重要かお分かりになるかと思います。
決して柔らかい動き=遅い動きではないのです。



下半身リードの意識が飛距離のロスを生む



スイング中でも止まった下半身


昔から言われ続けてきた下半身リードという言葉ですが、
この動きは上から叩く必要の無い現代のクラブにとって相性の悪い動きでしかありません。

そもそも、この言葉自体が非常に曖昧で、ゴルフを含めた殆どのスポーツで
「下半身リードでない動作」をする種目は殆どありません。

意識する必要が全くなくとも、人は下半身リードで動いています。

それなのにゴルフだけ執拗に繰り返されるため
下半身リードではなく「過半身リード」とでも呼びたくなる程の
過剰な動きをしているゴルファーが数多く生まれてしまっています。

「ベタ足の方が飛ぶ」と雑誌等でよく目にしますが、
ベタ足で振れるくらいが適量であって、過剰な分が抑えられた為に飛んだにすぎません。

しかし何故ベタ足の方が飛ぶのかが理解しにくい為、
やがてまた過剰な下半身リードのスウィングに切り替えてしまいます。

その方が飛ぶ気がする、振っている気分になるというのも理由の一つかもしれません。

では何故下半身リードが飛ばないのかというと、
腰を回し続けているとクラブが加速しないからです。

下半身をいつまでも動かしながらクラブを振っていると、
腕の振りとヘッドスピードがほぼ同じ速度になってしまうため、
どんなに頑張ってもヘッドは走らず、飛距離も伸びませんし、腰痛の原因にもなってしまいます。

これは野球で例えるなら走りながら投球をするようなもので、
これは全くと言って良い程、腕を加速させられないので十数メートルも投げれれば良い方です。

どの外野手を見ても必ず2、3ステップを入れた後、
左足を軸にして、それ以上身体が前に移動しない様にブレーキをかけます。

この動きによって身体が固定され、肩から肘、
そして手首の動きを加速させられるようになります。

ゴルフもこれと同じで腰が動かないからこそ腕を加速させる事ができ、
そして腕の動きを止める事ができるからクラブを加速させる事ができます。

また、プロのスウィング動画等で腰を大きく回しながら打っているのを見かける事もあるかと思いますが、
しっかりと左足が軸になる事で「ブレーキ」をかけ、腕とクラブヘッドが加速するように動いています。

所謂「腰を回す」と「腰を切る」の違いです。

ゴルフスイングの始動のキッカケはどのタイミング?

スウィングは静から動ではない

スイングの始動

アドレスでピタッと止まり2秒、3秒してから動き出す人を特にコースでよく見かけますが、
ボール後方から目標を確認したら、打ち終わるまで止まる事はありません。

つまりボールに近づいてグリップを握り、アドレスしても
身体の何処かを常に動かしておく事が大切なのです。

止まった状態から動き始めるというのは、理想とする動きと実際の動きの間に誤差を生みやすく、
また精神的な面からも身体を固まらせてしまいます。

ダーツにしてもビリヤードにしても野球の投手にしても、
動き出す前は小刻みに揺れたり、身体の何処かを動かしたりしているのはそのためです。

一瞬止まっているように見えても一呼吸の間だったりと、
何もせずに止まっている訳ではありません。

ゴルフスウィングも同じで、静から動では無く、
常に動き続けている中でボールを打つ方がショットの成功率はあがります

よくプレショットルーティーンという言葉を耳にするかと思いますが、
それもスウィングの中で「静」を作らない為に非常に有効です。

これはクラブを抜いた時から打ち終わるまで、
決して止まらない一つの大きな動きとして作られています。

練習場では同じ場所から何度でも打てるので、
ルーティーンの必要性は余り感じないかもしれません。

しかし、常に景色の違うショット、リスクを伴うショット、
ライの悪いショットなどを要求されるコースにおいては、
毎回ショット同じ精神状態で打つことが困難になります。

もし右に行ったら、もしトップしたら、もしダフったらと、
様々な不安を感じるシチュエーションで完全に停止して考え込んでしまっては、
いつもと同じ動きをする事ができません。

そのため、余計な考えを起こす事が無いように、いつもと同じスウィングが出来るように
自分のルーティーンを決めておく必要があります。

またスウィングのキッカケも、例えば「小さく息を吐いたらテイクバック」
「踵で小さく足踏みしたらテイクバック」などを決めておくことで、
どんなプレッシャーのかかるショットでもいつも通り動き出しが出来るようになります。



キッカケ作りにフォワードプレス+コッキング

テイクバックの始動の際にフォワードプレスを行っている方も多いと思います。
アドレスした状態からグリップを飛球線方向に、つまり自分の左サイドに少し押し込む動きです。

ただ左へ移動させるだけだとフェースが開いてしまうので、
手首で少し調整してロフトを少し立てるような状態にしてやります。

この始動方法はパターからドライバーまで使えるので、多くの方に試して頂きたいのですが、
フォワードプレスを行った後は、必ずコッキングをしながらテイクバックをするようにして下さい。

クラブによって、プレイヤーによってフォワードプレスでグリップを前方に押し込む度合いは違いますが、
フォワードプレスを行ったまま身体の回転だけでテイクバックするとクラブをインサイドに引き過ぎてしまいます。

ハーフウェイバックのクラブが地面と水平になった時、
フォワードプレスをしていると、その分だけインサイドに上がってしまいます。

これはフォワードプレスの際に右手首のヒンジングが先に起きている為です。
通常テイクバックはクラブの上昇に合わせて、左手首がコッキングされ、
それに合わせて右手首がヒンジングされていきます。

一度フォワードプレス無しでテイクバックして、クラブが地面と水平になった所で一度止めて、
右の手首だけを甲側にヒンジングしてみるとクラブヘッドがインサイドに入ってしまう事が確認できるかと思います。

これを防ぐ為にも、フォワードプレスを行った際は、
テイクバックの始動から左手のコッキング、
つまり縦に折る動きを入れなければなりません。

そうすることで、クラブをオンプレーンに乗せてテイクバックすることができます。

テンプラが出にくいシャローな入射角でミート率アップ

シャローな入射角のメリット

テンプラが出る入射角

シャローな軌道のスウィングには数多くのメリットがあるのですが、
そもそもボールをこれから前に飛ばそうとしているのに、
上からヘッドをぶつけに行くという非合理的な動きは、
遥か昔のゴルフクラブや、一部の上にボールが上がりにくい
マッスルバックアイアンでのみ必要な動きとなります。

入射角がシャローになることでのメリット

・エネルギーロスが少ない

・ミート率が上がる

・ミスショットが少なくなる

・クラブの性能を最大限に引き出せる

そもそも上からクラブを入れる事で、大きなエネルギーロスがあるのです。
そのロスを限りなく少なくする為にも、まずシャローな入射角が絶対条件となります。

また、入射角が大きいとクラウン部分で当たってしまう、
所謂テンプラも起こりやすくなってしまいます。

現代のクラブでは上から叩く必要は一切なく、
ボールの進化も合わさり、今ではデメリットしかありません。

他にも入射角が緩やかだと、打点の上下のミスが起こりにくくなり、
ドライバーで最も飛ぶとされているフェースの芯よりやや上のエリアで打つことが容易になります。

ボールの手前に芝などが挟まる可能性の無いドライバーショットでは、
如何にヘッドがボールの高さを長く移動させられるか、
如何にインパクト時の入射角を0に近づけられるかがポイントになります。

少し前のドライバーはアッパー軌道に打て等と言われていましたが、
それは大型ヘッドになった分だけ重心高が下がらずに、やや高重心のドライバーが多い為でした。

そういったドライバーだと、入射角0°で当てるよりも、入射角をマイナス、
つまりアッパー軌道で当てた方がスピン量が少なかったのです。

ですから、アッパー軌道で上げる分、
反対にロフト角度は7°や8°と言った低ロフトの物が主流となりました。

それが今でも

「低いロフト角を使うのはパワーヒッター」

「11度以上のロフトは力の無い人が使う物」

と言った認識が蔓延している原因となっています。

現代のクラブはそういった、上から叩くでもなく、下から叩くでもなく、
ただボールと同じ高さでインパクトできれば最大のパフォーマンスが得られるようになっています。

その為、ロフト角度は、前時代よりも確実に多めの物をチョイスする方が良いかと思います。



クラブの性能を引き出す為の絶対条件が緩い入射角

もしシャローな入射角でドライバーを打っていなければ、どうなるのか?

一言で言ってしまうと、昔のメタルやパーシモンの時代のクラブと
大差の無い飛距離となってしまいます。

少々左右のブレやボールの曲りは少なくなっているかもしれませんが、
昔に比べて20y以下の飛距離の伸びなら単にシャフトが伸びた分とボールが良くなった分に過ぎません。

現代のクラブの性能を引き出せれば、そこから更に20y伸ばすことも容易となります。

よく力が落ちたから飛距離が落ちたという方をよく見かけますが、
クラブの性能を全く引き出せていないことが殆どです。

昔のクラブは前に飛ばすはずなのに、上がらないからという理由で上からクラブをぶつけていました。

今のクラブは真横から当てても十分に高さがでる上に、
ボールの進化も合わさって非常に低スピンで飛んで行きます。
更にクラブが長くなった事により、遠心力も非常に大きくかけられるはずなのです。

若い時に飛んで、今は飛ばなくなった方や、メタルヘッドから大型ヘッドに変えたけど
殆ど飛距離が伸びない方は、全く違うクラブを振っていると思って、
ヘッドがボールの高さをなるべく長く移動するようなスウィングで打ってみてください。

スイングで右脇を締めない?右手の正しい使い方


右脇を締めてはいけない

ゴルフスウィングではテイクバックも
ダウンスウィングも右ひじと脇を締めてはいけません

この締めようとする動きは、
テイクバックでは余計な力みを生みやすく、
ダウンスウィングではクラブが寝てしまう原因になります。

ただ、右脇を開けなければならない、という訳ではありません。

元々は右脇はスウィングタイプや
その人の身体の使い方によって大きく開く人、余り開かない人がいます。

例えば、タイガーウッズはスウィング中、右脇を締め続けていますが、
ジャックニクラウスは右脇がテイクバックで大きく開きます。

このように差があります。

大事なのは自分で締めようとしないことです。
自然に動かせば良い物を意識して無理に動かしてしまうと、
ゴルフの上達は増々遠のくばかりです。

テイクバックで締めていた右脇を思い切り開けるだけで
何十ヤードも飛距離が伸びたという話は珍しくもなんともありません。

その人にとって、そこが力を生み出す大事なポイントだったのです。

また、ダウンスウィング時においても、
締めよう締めようと思わなければ開いてしまうような右脇なら、
そもそもテイクバックもダウンスウィグの方法も間違っています。

ゴルフスウィングにおいて、身体を無理に動かす部分は一切ありません。

どこかの誰かのスウィングを
無理やり真似させられているだけのレッスンの弊害なのです。

右手の役割はヒンジング

聞きなれない言葉かもしれませんが、
このヒンジングは右手の唯一の役割といっても過言ではありません。

これにはインパクトゾーンでのクラブの加速を増加させ、
フェースの動きをより安定させる役割があります。

ですが、これは決して難しい動きでもなければ無理に行う動きでもありません。

ヒンジングとは手を甲側に折り曲げる動きで、
野球でピッチャーがボールを投げる直前や、
誰かの頬を平手打ちする時、バスケットボールのドリブルをしている時など、
様々なシチュエーションで自然と行われている動きです。


ヒンジング1


ヒンジング2


この動作自体は前腕の小さな筋肉しか使っていない為、
大きなエネルギーを生み出す事は出来ませんが、
投球等に見られる「早く」「鋭く」「繊細」な動きをする為には無くてはならないものになります。

もし、ヒンジングの動きを全くしない、
右手を甲側に一切折らない状態で投球しようとすると驚くほど投げづらいかと思います。

逆にこのヒンジングさえ行っていれば少ない力でボールをより遠くに、
より正確に投げる事ができることも理解できるのではないでしょうか?

ゴルフスウィングでもこれと同じで、
ヒンジングの動きさえできれば、無理にクラブを振り回さずとも、
少ない力で正確にボールを飛ばす事ができます。

テイクバックからトップ、ダウンスウィングは、
このヒンジングを効率よく行う為の準備動作でもあるのです。