効率よくゴルフの飛距離をアップさせる方法はグリップにあった

ゴルフで飛距離が落ちてしまった。

飛ばないと嘆いてもっと飛ばしたい、
もっと飛距離を伸ばしたいと色々試行錯誤している人に、
簡単な飛距離の伸ばし方を、是非試してもらいたいと思います。

私は元々、右手のゴルフに出会うまでドライバーで
150ヤード~180ヤードしか飛びませんでした。

しかし、今ではしっかり当たれば250ヤード飛ぶ事もあります。
その飛距離を伸ばした秘訣をご説明します。

それはグリップです。
スイングを変える前に、まずグリップを見直してみましょう。

スクエアグリップやウィークグリップで握っている人は、
フックグリップ、ストロンググリップと呼ばれているグリップに
変えてみて下さい。

これは、右手のゴルフというゴルフ理論を提唱している
片山晃プロも勧めているグリップです。

片山プロ曰く、フックグリップに変えると、
ダウンスイングで手元に空間ができるので、
インパクトの時に手元が浮く事がありません。

手元が浮いてしまうと、インパクトの時にヒールで
ヒットしやすいので、弱々しいスライス系か、まれに捕まった球でも
フェードボールになります。

スクエアグリップやウィークグリップでは、前傾角度が起きやすいので、
手元が浮いてしまいます。

そうなると、インパクトのポイントもバラバラになりやすく、
手元が浮いて(ハンドアップ)しまうと、ヘッドが走らないので
飛距離は全く出ません。

逆に、手元を浮かさず、インサイドアウトのスイング軌道で
クラブフェイスのハイトウでインパクトすれば、フックかドロー系で
キャリーが大きく伸び、ランもかなり稼げます。

そして、インターロッキンググリップの人は、
オーバーラッピンググリップかテンフィンガーグリップ
(ベースボールグリップ)に変更してみて下さい。

インターロッキンググリップでは、腕に一体感が出てしまうので、
ヘッドが走りません。

クラブヘッドが加速しなければ、いくらミート率が高くても
飛距離アップは望めません。

ドライバーショットで飛距離をロスしている原因は、
しっかりと横振り(フラットなスイング)が出来ていないこと。

そして、力みが大きな原因と言えます。

力んでしまうと、上腕に力が入り、手首や肘を柔らかく使う事が出来ません。
ムチの様にしならせる打ち方が出来ないのです。

力任せに左腕で引っ張り込んで、アウトサイドインの軌道で
カット打ちになってしまいます。

右肩も突っ込み、左腕が引ける手羽先スイングで弱々しい
スライスボールになってしまいます。

力まない為には、左右ともに小指側に力を入れないことです。
親指側からの3本で摘まむ様に握る事が重要です。

これは一般的なレッスンとは真逆の内容です。

通常のゴルフ理論では、グリップは小指側をしっかり握ると
言われます。

しかし右手のゴルフでは、親指・人差し指・中指の3本で
摘まむ様にグリップします。

こうすると、常に手を上から使える様になるので、
カチ上げるスイングや、俗にいう「明治の大砲」と言われる
右肩が下がって、体重が右に残ったスイングになりにくくなります。

そして左脇の締まったスイングになります。

その状態で、スイングプレーン等を気にしていると、
ダフりやダッグフックばかりになってしまいます。

まずは正しいグリップでヘッドを走らせ、フェイスローテーションを
しっかりさ行って下さい。

そうするとクラブヘッドのスイートスポットよりさらに
飛ぶポイントに当たり、球筋はドローボールになり、
簡単に飛距離アップできます。