ドライバーのヘッドスピードをアップさせる為にはツイスト打法が有効

ドライバーショット

なぜヘッドスピードがアップするのか?

今日は右手のゴルフの中でも飛距離を出す打ち方、ツイスト打法について、お話しします。

そもそもゴルフにおけるツイスト打法とは・・・

クラブヘッドと反対側のグリップ側にブレーキをかけるとヘッドが加速するという理論です。

何か難しい理論のように聞こえるかもしれませんが、実は非常に簡単な原理です。
ツイスト打法とは『テコの原理』をゴルフに応用しています。

ブレーキをかけるグリップエンドが支点になります。
加速するヘッドが作用点になります。

そしてテコの原理には、力点という力を加える点が必要になる訳ですが、それが右手なんです。

ツイスト打法とは、右手を正しく使わないと出来ない打ち方だと思います。

右手を使ってツイストをかけると、自分の想像以上の飛距離が出てしまいます。

試しに皆さん練習場で、アドレスした状態から手首だけでヘッドを動かしてみてください。
腕や体は一切動かしません。
手首だけで動かしてみてください。

この時、ヘッドがインパクトゾーンを通る時に、グリップエンドは飛球線と反対方向に動くはずです。

これがツイスト打法なんです。

試して頂くと分かると思いますが、手首を固めてしまうと、ツイストはかかりません。
手首を固めると手元が移動しないと、ヘッドは右にも左にも動きません。
手元とヘッドの動きが同調してしまうと、飛距離は出ません。

当たり前ですよね?

グリップした手元を秒速40メートルで動かせる人間なんている訳がありません。
ツイスト打法は逆に手首を柔らかくし、手元を前に出さずにブレーキをかける。
そしてテコの原理でヘッドが前に前にと出て行く。

これが飛ばせる秘訣なんです。

そして、このツイスト打法の優れた点は全く力が必要ない所です。
なにせ、小さな力で大きな運動を得る
テコの原理を利用している訳ですから。

ですから、飛距離の落ちてきたシニアの方や女性の方のように体力に自信のない人ほど有効な打ち方なんです。
また、体力や筋力に依存しないこの打ち方ならば、年齢を重ねても飛距離が落ちないんです。

さらに、もう一点。
身体に依存しない打ち方は身体に負担がかからないということなんです。

身体に負担をかけないスイングならこれから先、何年も何十年もゴルフを楽しむ事ができます。

本当にヘッドスピードはアップするのか?

ツイスト打法はヘッドが走ると説明しましたが、実際にスピードが上がります。
人にもよりますが、おおよそ2m/s前後HSがアップします。

そして、ツイストで打つ為には右手を使わないと打てないというお話を上でしました。
右手を使えていない人が右手を使える様になるとHSは2m/s前後上がります

左サイド主体のスイングでスライスに悩まされている人なら、HSが5m/s早くなる人もいます。
HSが35m/s前後の方でしたら、40m/sくらいまではアップしてしまいます

実際、私はヘッドスピードが36m/s前後でしたが、今は平均で40m/s以上はあります。
当然、飛距離は大幅に伸びます。

さらにツイストは早い段階でヘッドをリリースします。
その結果、フェイスが開いてインパクトしていたスライサーはフェイスローテーションが出来る様になり、つかまった球が打てる様になります。

早くヘッドをリリースするという事はクラブを「タメて下ろさない」とい事です。
そうすれば、スイングアークも大きくなります。

ダウンスイングでスイングアークが大きくなると入射角が浅い角度になります。

シャローな入射角です。

入射角をシャローにすれば、ヘッドがボールと同じ高さを移動する時間が長くなります。

そうすると、ミート率も格段に良くなります。
飛距離だけではなくボールに安定性が出てくる訳です。

さらに、ツイスト打法は体を使わないスイングなんです。
体の動きが少ないスイングは非常にミスが少ないスイングになります。

ミスは体の動きが原因なんです。
ですので、体を動かさなければ動かさないほど、よりミスが減るんです。

ですから、ツイスト打法をマスターすれば非常に再現性の高いスイングになります。

体を使わずに、体重移動もありませんので、ミスの原因が少なくなります。
体重移動をするスイングで飛距離アップは不可能ではありませんが、ミスの発生率など、デメリットを考えるとリスクが高いスイング方法です。

ツイスト打法では体重移動は必要ありません。
インパクトまで右足の裏が地面についたままです。
俗に言うベタ足です。

ツイスト打法は単に飛距離を伸ばすだけの打ち方ではなく再現性の高い打ち方でもあります。
ボールの出だし方向と曲がり方向が安定すれば、スコアは簡単にまとまります。

最新のクラブの性能を活かすなら是非とも皆さんにもツイスト打法に挑戦してみてください。