ヘッドスピードを上げる事がドライバーの飛距離アップには必要

ドライバーショット

大きなスイングアークがヘッドスピードを引き出す

ドライバーショットで遠くに飛ばすコツは、大きなスイングアークでボールをとらえる事です。

スイングアークを大きくする事で、より大きな遠心力を生むことができ、それがヘッドスピードに繋がるのです。

バックスイングやダウンスイングで右脇を締める意識が強いと、トップはコンパクトになり、ボールに対してヘッドが直線的に下りてくる、アークの小さいスイングにしかなりません。

これだと、長くてヘッドの大きい最新のドライバーでは、ヘッドが振り遅れてしまうし、インパクトでフェイスも開きやすくなります。

特にダウンスイング以降は右脇を締めずに、手元を体から遠ざけるような意識で右肘をリリースすると、より遠心力が働いて、ヘッドを走らせることができます。

インパクトまで右足のかかとを上げてはいけない

切り返しからダウンスイングでは、右足に体重を残したまま、右サイドを軸にスイングしていきますが、その動きが正しくできているかは、右足のかかとで分かります。

ダウンスイングの早い段階で右足のかかとが浮いてしまうのは、切り返しで右足に体重が残らず、左足に移動している証拠です。

左足を軸に体を回転させているので左サイドがブロックされ、右サイドが前に出て、右足のかかとが浮いてしまうのです。

右足体重のまま、右サイドを軸にスイングするには、インパクトまで右足のかかとを地面から離してはいけません。

右膝が前に出ると、かかとは浮いてしまうので、右膝を目標方向に送り込む意識を持つと良いでしょう。

右足でしっかりと地面をつかみ、右サイドを軸にスイングする事で、緩やかな軌道でボールをとらえやすくなります。

インパクト後、顔を目標に、向ければボールにパワーが伝わる

「ボールから目を離すな」
「絶対にヘッドアップをするな」

この教えを忠実に守り、インパクト後もボールの合った場所を必死に見続けているゴルファーが沢山います。

でもそれは今日限りでやめて下さい。

インパクトまでは頭を残しますが、フォローでは右サイドでボールを押し込んでいく動きに合わせて、顔を目標方向に向けていくのです。

右サイド主体のスイングで世界の女王に君臨したアニカ・ソレンスタムの「ルックアップ打法」がお手本です。

インパクト後も無理に頭を残そうとすると、ヘッドの勢いにブレーキをかけてしまいます。

ボールに余すことなくパワーを伝えるには、フォローでは素早く顔を目標に向け、ヘッドが加速を続けている状態にすることが大事です。

トップではグリップが緩まなければならない!

14本のクラブの中で最も長いドライバーのヘッドスピードをアップさせる為には、ムチの様にヘッドをビュンと走らせるイメージが必要です。

ムチの様に長くで柔らかいものの先端を速く振ろうと思ったら、持ち手を強く握って、手首を固定させるような事は絶対にしないハズです。

ドライバーもそれと全く同じです。

両手のグリップはできる限りソフトに握る事が大事です。

特に、左手のグリップはトップで手の平とグリップの間に、適度な隙間、遊びができるくらい、ゆるゆるに握って下さい。

左手のグリッププレッシャーが、右手より強くなると、左手主体のスイングになりやすく、ヘッドをムチの様に走らせることができないので注意しましょう。

飛ばすスイングは、グリップエンドが常に体の中心になっている

ボールを遠くに飛ばそうとする意識が強くなると、手元が左に流れてしまい、グリップエンドが体の中心から外れやすくなります。

長いひもの先に丸い重りがついた振り子を想像してみると分かりますが、ひもを持った手元が左右に大きく動いてしまうと、ひもの先端についた重りの動きは逆に小さくなってしまいます。

ゴルフのスイングも同じで、手元が大きく動いてしまうと、肝心のヘッドを走らせることができなくなってしまうのです。

クラブを目標方向に真っ直ぐ出そうとしたり、無理にフォローを大きくしようとすると、手元は左に流されやすくなります。

グリップエンドが常に体の中心を向くように、手元の動きを小さく抑えた方が、ヘッドの動きをより大きくする事ができるのです。

体重移動は厳禁!スイングは体の中心でする

力のないアマチュアは体重移動で飛ばせ、とよく言われますが、これも最新のドライバーにマッチしないスイング理論と言えます。

大型ヘッドで46インチ以上の長さがあるドライバーは、以前のクラブと比べて、ヘッドがターンしにくく、フェースをスクエアに戻のに時間がかかります。

大きな体重移動の勢いでヘッドを引き下ろすことで、確かにスピードは多少上がるかもしれませんが、ボールに対してヘッドが直線的に、急角度で下りてくるので、どうしても振り遅れやすくなり、バックスピン量も余計に増えてしまいます。

バックスイングで右に体重を乗せたら、そのまま右サイドを軸にして、体を中心にヘッドを動かす意識を持つと、入射角は緩やかになりヘッドの運動量も大きくなります。