ツイスト打法

ドライバーのヘッドスピードをアップさせる為にはツイスト打法が有効

ドライバーショット

なぜヘッドスピードがアップするのか?

今日は右手のゴルフの中でも飛距離を出す打ち方、ツイスト打法について、お話しします。

そもそもゴルフにおけるツイスト打法とは・・・

クラブヘッドと反対側のグリップ側にブレーキをかけるとヘッドが加速するという理論です。

何か難しい理論のように聞こえるかもしれませんが、実は非常に簡単な原理です。
ツイスト打法とは『テコの原理』をゴルフに応用しています。

ブレーキをかけるグリップエンドが支点になります。
加速するヘッドが作用点になります。

そしてテコの原理には、力点という力を加える点が必要になる訳ですが、それが右手なんです。

ツイスト打法とは、右手を正しく使わないと出来ない打ち方だと思います。

右手を使ってツイストをかけると、自分の想像以上の飛距離が出てしまいます。

試しに皆さん練習場で、アドレスした状態から手首だけでヘッドを動かしてみてください。
腕や体は一切動かしません。
手首だけで動かしてみてください。

この時、ヘッドがインパクトゾーンを通る時に、グリップエンドは飛球線と反対方向に動くはずです。

これがツイスト打法なんです。

試して頂くと分かると思いますが、手首を固めてしまうと、ツイストはかかりません。
手首を固めると手元が移動しないと、ヘッドは右にも左にも動きません。
手元とヘッドの動きが同調してしまうと、飛距離は出ません。

当たり前ですよね?

グリップした手元を秒速40メートルで動かせる人間なんている訳がありません。
ツイスト打法は逆に手首を柔らかくし、手元を前に出さずにブレーキをかける。
そしてテコの原理でヘッドが前に前にと出て行く。

これが飛ばせる秘訣なんです。

そして、このツイスト打法の優れた点は全く力が必要ない所です。
なにせ、小さな力で大きな運動を得る
テコの原理を利用している訳ですから。

ですから、飛距離の落ちてきたシニアの方や女性の方のように体力に自信のない人ほど有効な打ち方なんです。
また、体力や筋力に依存しないこの打ち方ならば、年齢を重ねても飛距離が落ちないんです。

さらに、もう一点。
身体に依存しない打ち方は身体に負担がかからないということなんです。

身体に負担をかけないスイングならこれから先、何年も何十年もゴルフを楽しむ事ができます。

本当にヘッドスピードはアップするのか?

ツイスト打法はヘッドが走ると説明しましたが、実際にスピードが上がります。
人にもよりますが、おおよそ2m/s前後HSがアップします。

そして、ツイストで打つ為には右手を使わないと打てないというお話を上でしました。
右手を使えていない人が右手を使える様になるとHSは2m/s前後上がります

左サイド主体のスイングでスライスに悩まされている人なら、HSが5m/s早くなる人もいます。
HSが35m/s前後の方でしたら、40m/sくらいまではアップしてしまいます

実際、私はヘッドスピードが36m/s前後でしたが、今は平均で40m/s以上はあります。
当然、飛距離は大幅に伸びます。

さらにツイストは早い段階でヘッドをリリースします。
その結果、フェイスが開いてインパクトしていたスライサーはフェイスローテーションが出来る様になり、つかまった球が打てる様になります。

早くヘッドをリリースするという事はクラブを「タメて下ろさない」とい事です。
そうすれば、スイングアークも大きくなります。

ダウンスイングでスイングアークが大きくなると入射角が浅い角度になります。

シャローな入射角です。

入射角をシャローにすれば、ヘッドがボールと同じ高さを移動する時間が長くなります。

そうすると、ミート率も格段に良くなります。
飛距離だけではなくボールに安定性が出てくる訳です。

さらに、ツイスト打法は体を使わないスイングなんです。
体の動きが少ないスイングは非常にミスが少ないスイングになります。

ミスは体の動きが原因なんです。
ですので、体を動かさなければ動かさないほど、よりミスが減るんです。

ですから、ツイスト打法をマスターすれば非常に再現性の高いスイングになります。

体を使わずに、体重移動もありませんので、ミスの原因が少なくなります。
体重移動をするスイングで飛距離アップは不可能ではありませんが、ミスの発生率など、デメリットを考えるとリスクが高いスイング方法です。

ツイスト打法では体重移動は必要ありません。
インパクトまで右足の裏が地面についたままです。
俗に言うベタ足です。

ツイスト打法は単に飛距離を伸ばすだけの打ち方ではなく再現性の高い打ち方でもあります。
ボールの出だし方向と曲がり方向が安定すれば、スコアは簡単にまとまります。

最新のクラブの性能を活かすなら是非とも皆さんにもツイスト打法に挑戦してみてください。

ドライバーのヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばす方法

以前、ツイスト打法が飛距離アップのコツだという記事を書きました。

今日はその「ツイスト打法」が
何故飛ぶのか?
を詳しくお話してみたいと思います。

テコの原理でグラブヘッドを走らせる

ツイスト打法とは
実に理にかなった打ち方です。

それも、プロゴルファー達だけが
実践できるような従来の打ち方とは違い、

どちらかというと、力のない人に
向いている打ち方なんです。

その理由は簡単です。

筋力や体力、柔軟性といった
肉体の能力に依存しない打ち方だからです。

では、ツイスト打法とは
どうやって飛ばしているのか?

テコの原理

を利用して飛ばしているんです。

皆さんもテコの原理は
ご存じだと思います。

テコの原理を利用すれば
小さな力で、重い物を動かせる。

また、小さな運動を大きな運動に
変える事が出来ます。

これをゴルフクラブで行うんです。

ゴルフクラブでは、
グリップエンドが支点になります。

そして作用点は当然、ボールが当たるヘッドです。

では力点はドコになるのか?

それが右手なんです。

支点であるグリップエンドを
スイングの進行方向(飛球線方向)
に進めずに止める。

そして、右手でクラブに力を加えると、
テコの原理でヘッドに大きな力が働きます。

これなら、力や体力に自信のない方でも
簡単にヘッドスピードを上げる事が出来ます。

そして、力点として右手を利用する事で、
フェイスローテーションが行えます。

ヘッドスピードを上げつつ、
フェイスローテーションを行い
ボールをつかまえる事が出来る。

これがツイスト打法が圧倒的な
飛距離を生む秘訣です。

全く右手が使えていないスライサーの場合、
今より50ヤード以上飛距離が伸びる方も
いらっしゃいます。

そして、飛ばせるようになるまでに
時間がかからないのが特徴です。

レッスンでは、15分~30分もあれば
十分な方もいらっしゃいます。

それくらい、簡単で即効性があります。

これを体の力でやろうとすると大変です。

筋力アップは柔軟性の向上は勿論ですが、
肉体的に負担の大きい打ち方をしなければいけません。

そんな打ち方をしていても、
いずれ怪我をしてゴルフが出来なくなってしまいます。

ツイスト打法なら、テコの原理を利用するので
体のどこにも負担がありません。

どなたでも実践して頂く事が可能な
飛距離アップ方法なんです。

ドライバーが飛ばない原因は体の回転?

ツイスト打法は簡単に飛距離アップが
可能が打ち方ですが、成功しない人もいます。

成功しない人達に共通する事があります。

それは頑張って体を動かしてしまう人です。

ツイスト打法に限らず、右手のゴルフでも
同じなのですが、体を動かしてしまうと、
飛びません。

私のレッスンに来ている生徒さんで
体を動かすと飛ばないという事を、知っている人でも
体を動かしてしまう方もいらっしゃいます。

じつは、この
「体を動かさない」
という事がポイントです。

話だけ聞くと、体を動かさないなんて
簡単に聞こえるかもしれません。

しかし、実に皆さんこれが出来ないんです。

しかも、ツイスト打法で飛距離アップに成功した人が、
もっと飛ばしたいと思って、体を動かしてしまって、
また飛ばなくなる人が多いんです。

体が動いてしまうと、
いくらグリップエンドにブレーキをかけても
体ごと飛球線方向に動いてしまいます。

これでは、テコの効果はほとんどありません。
支点が動いてしまっている訳ですから。

体を止めて右手でクラブを振るから、
グリップエンドにブレーキをかける事が出来るんですね。

体を動かしてしまうと、
ツイストが出来ないばかりか、

・右肩が突っ込んでチーピン
・右肩が下がってダフリ、トップ
・フェイスローテーションできずにスライス

と良い事は何もありません。

では、体を止めるにはどうすればいいのか?

皆さん、トップの状態では
胸は後ろを向いていると思います。

その状態をキープしたまま、
右手だけでクラブを振るんです。

クローズドスタンスで、胸が後ろを向いたままなら
右サイドの懐はかなり広くなっているはずです。

その状態なら右手を下に振り下ろせる
スペースが十分にあります。

この時に注意して頂きたいのが、
下半身です。

下半身が動いてしまってはダメなんです。

腰を切ると、右膝が前に出てしまいます。
手が通るスペースがなくなり、
アウトサイドインの軌道になってしまいます。

また、左腰がスウェーしてしまって
ミスショットが出てしまいます。

下半身はグッとこらえて、
踏ん張るのが正解なんです。

テコの原理でクラブには大きな力が働くので、
それを邪魔しない様に、体は我慢するだけでいいんです。

是非、ツイストで飛距離アップを目指す方は
体を動かさずにスイングしてみて下さい。

松山英樹のスイングはなぜ飛距離が出るのか?秘密は縦のツイスト打法

アメリカーツアー平均飛距離:317ヤードで1位

 

松山英樹もマキロイもツイスト打法の使い手





2013年、アメリカツアーで平均ディスタンスで
松山選手が1位になったのをご存じですか?


彼は日本人としても非常に大きなスイングアークと
ダイナミックなスイングで飛ばしていましたが、
アメリカでも通用していたいたようです。


そして、飛距離と言えばもう一人。
ローリー・マキロイです。


彼ら2人に共通している事と言えば、
PGAツアーに参加している欧米人の中では
決してフィジカルに恵まれていないという点です。


松山英樹選手は日本人としては大きく見えますが、
身長は180cmです。


マキロイは175cmしかありません。


そんな彼らのスイングと飛距離の秘密は
ツイスト打法にあると片山プロは言っています。


おそらく本人達にはツイスト打法という自覚はない
と思います。


しかし、動画でマキロイや松山英樹のスイングフォームを
見ると私でもツイストで打っているのが分かります。



縦のツイスト打法ってどんな打ち方?

 


今までのツイストはボールの進行方向に対して
ブレーキをかけるか、反対方向へ力をかけました。


このツイスト打法では、力を縦方向にかけます。
縦にかける事によって、ヘッドスピードが加速します。


でも私はこれが出来ません。


産みの親の片山プロも言っていますが、ある程度
下半身が強くないと打てない打ち方だそうです。


ある程度の脚力がないとできない打ち方だそうです。


今までのツイスト打法とは違って、関節レベルで
動きを変える訳ではない。


下半身の筋力でスイング中に上下にブレーキをかけて
ヘッドスピードをアップさせる打ち方なんです。


 

縦方向にブレーキをかけてヘッドを前に走らせる

 

前傾角度を維持して左膝を伸ばす





実際に縦のツイスト打法のスイングは、
アドレスからバックスイングまでは通常の
スイングと同じです。


ダウンスイングの途中で、左膝を思い切り伸ばします。
ただし、下半身は上下に伸ばしながらも前傾は崩しません


頭の位置を前後(飛球線方向)に動かさない様に気を付けている
人は多いと思いますが、これは上下に動かさない様にします。


テレビの映像やyoutubeのスイング動画などを見て下さい。
2人とも、左膝が一気に伸び上がりながらも、頭はの位置は
変わらず、前傾姿勢が維持されています。


これが縦のツイストです。


本来、体の左右に運動しているゴルフクラブや
ヘッドに対して、体を上下に使いブレーキをかける。


体の左右への運動を、強制的に止めてクラブヘッドを
爆発的に加速させます。


彼らが使う非常に硬いシャフトでも、ツイストを
かけた瞬間、大きくしなるのが分かります。



ローラ・デービースも縦のツイストで爆発的な飛距離を出している





昔からのゴルフファンなら知っている人も多いでしょう。
イギリスきっての飛ばし屋。。。


というか女子ゴルフ界を代表する飛ばし屋、
ローラ・デービースもこの打ち方をしている選手です。


50歳を超えても、男子プロのような飛距離。
若手の女子には絶対に負けない飛距離。


実はこれこそが、我々アマチュアゴルファーの
お手本ともいえる飛距離アップの道ではないでしょうか?


年齢や体力(女性でも)に関係なく、遠くに正確に打っていける
打ち方はプロならではの打ち方というより、
アマチュアの為のスイングだと思います。

右肩・右膝・右腰が理想の動きをするスイングは足のツイスト打法

先日お伝えしたツイスト打法ですが、
沢山あるらしいです。

手のツイストの他に

「足のツイスト」「腰のツイスト」「縦のツイスト」
があるそうです。

これらの打ち方はそれぞれが独立したスイング理論では
ありますが、合わせて行う事で驚異的なヘッドスピードUP
が可能になるそうです。

私も、手のツイストと足のツイストを同時にやっています。
私でも出来る位、この2つのスイングを同時に行うのは簡単です。

細かい説明は後でしますが、練習場でなくても家でスイングの
素振りをしてみて下さい。ヘッドの走らせ方がすぐに分かります。

ベタ足スイングの強烈版?

右足つま先をスイング中に開く

以前お話しましたが、このツイスト打法という打ち方は
進行方向に対してブレーキをかける。
または、逆の方向に動く。という打ち方です。

そうする事によって、クラブヘッドを強制的に加速させて
爆発的な飛距離を生み出すというスイング理論です。

では足のツイストはスイング中にどういった動きをするのか?
非常に簡単です。

ダウンスイングの開始で、右足のつま先を外に開くだけです。
右足のつま先が、飛球線方向と反対に向けばいいのです。

これがツイスト打法のブレーキであり、反対方向への運動に
なる訳です。

なぜ、右足を開くだけで飛距離が出る?

私もやってみるまで、なぜこんなことで飛距離がアップする
のかサッパリ分かりませんでした。

しかしやってみると、右足がめくれたり、
送られる事がないので左サイドの壁が一切崩れません。

左腰のスウェーもまず起こりません。
頭と体が動かずに、手とクラブヘッドだけが動いていく
感じになります。

実質、飛距離が伸びたというよりは、
今まで体の左サイドを動かすことで、飛距離をロスしていたのが
矯正された感じです。

今までのスイングでいかに無駄な動きをして、
飛距離を損していたかがよく分かります。

足のツイストをやれば、ゴルフスイングを左サイドや左手で
やらずに右手を使う感覚がよく分かります。

右足に体重が残って入れば出来ないスイング

ダウンスイング中に右足を動かすスイングになるので、
当然、右足体重のスイングではできません。

足のツイストの良い所は、足でツイストをかける為には
絶対に左足体重でスイングしなければできない所です。

上に書いたように、飛距離の出る打ち方ですが、
スイング中に体重が左右に動かず、軸がブレないので
とても再現性の高いスイングになります。

スイング中に胸、肩、腰、体が開かない再現性の高いスイングになる

胸の向きが出球の方向を決める

足でツイストをかけると、体を左側に回転させる意識が消えます。
というか、意識的に体を回転させてスイングする事ができません。

クラブを振って、ヘッドがインパクトを終えてから体が付いていく
感じになります。

そうすると、スイング中に絶対に胸や肩、腰が開きません。
よく雑誌でも肩を開くな!と言った記事を見かけますよね?

しかし、私が自分で感じるのは、肩ではなく、胸です。
胸が向いている方向から90度左にボールは飛び出していきます。

なので、胸がアドレスと時と同じ角度なら出球は真っ直ぐです。

今の私の持ち球はドローなので、少し胸を閉じた状態くらいで
ちょうどですね。

最大飛距離を出しながら曲がらないスイング

まず、ツイストを手と足の2箇所でかけるスイングをすると
圧倒的に飛びます。

自分のボールではない様な球で、ゴルフが大きく変わりました。
それほどの飛距離アップです。

もう1つ凄かったのが、上にも書いたように、上半身が開かないので
曲がらないんです。

厳密に言うと、私はすでに右手のゴルフを始めていたので、
軽いドローボールを打っていました。

足でツイストを変える打ち方を覚えて、上体が開かない様になると
胸が閉じたままインパクト出来るようになりました。

おかげで、ボールはやや右に出て行きます。
そこから必ず左に戻ってきます。

これでショットが今までと比べ物にならない程、安定しました。

体重移動のないスイングで入射角が安定

スイングの途中で右足を外に開く必要があるスイングなので、
構えた時からずっと、体重は左足寄りです。

体重を左にかけると、リバースピボットが怖いと思っていましたが、
ダウンスイングで右に体重が移動すると、絶対に足は開かないので
逆に、体重を左に保つことが容易になりました。

その上で右手を使って、クラブヘッドを体側面、飛球線後方に
落としていくので、かなりシャローな入射角になります。

というか、浅い角度でしかクラブが入ってこなくなります。
結果、クラブヘッドがボールのある高さを移動する時間が
長くなり、安定したインパクトが出来るようになりました。

手のツイスト打法は簡単にドライバーの飛距離がアップする

私が右手のゴルフと出会って飛距離が伸びた中で
その中心にあったのが「ツイスト打法」でした。

このスイング理論は右手で行うゴルフの中でも
一番の肝だと私は思います。

今日は180ヤードが精いっぱいだった私が、ドライバーの
最大飛距離が260ヤードも飛ぶようになった方法を
紹介したいと思います。

爆発的にドライバーの飛距離が伸びる打ち方がツイスト打法

巨人の阿部選手で有名になった?

元々、ツイスト打法という言葉自体は聞いたありました。
実は巨人ファンで巨人のテレビ中継は大体見てます。

私がこの打ち方を聞いたのが2010年頃だと記憶しています。
阿部選手がホームランを40本以上打った年だったと思います。

時々、外のストレートや緩い変化球を変なフォームで
ホームランにしてしまうのを見たのが最初ですね。

タイミングがズレた時に瞬間的に腰を止める、
腰を逆方向に回転させる。

これがツイスト打法の正体のようです。

腰の回転を止めるか、逆に回すかで
バットのヘッドを強制的に加速させて、一見すると
手打ちのような感じで打った打球がホームランになる。

見た目と結果のインパクトが凄い打ち方でした。

白井一幸選手が名付け親

我々世代だと知っている人もいると思いますが、
元日本ハムファイターズの白井選手が現役時代から
やっていたそうです。

元々野球の世界でツイスト打法はあったそうです。

白井選手は引退後にこのツイスト打法をコーチとして
選手に指導したそうです。

その指導を受けた選手の中に、森本稀哲選手、田中賢介選手、
小谷野栄一選手と、3割バッターを多く育成した実績のある
打法のようです。

これは、片山プロ著書の「右手のゴルフ2」に書かれていました。

このツイスト打法をゴルフに取り入れたのが片山晃プロ

この野球で有名な打ち方をゴルフに取り入れて、
驚異的な飛距離アップを可能にしたのが、
片山晃プロだそうです。

最初に出会った、「右手のゴルフ」には書かれていません
でしたが、右手のゴルフを始めてすぐに効果を実感したので、
本屋で探して見つけた「右手のゴルフ2」に書かれていました。

その後、色々調べてみると他にもツイスト打法を教えている
人もいるみたいですが、私は片山プロのツイストを試そうと
思いました。

その理由は本の中にも書かれていますが、
上に書いた白井一幸さんとの出会いは、福島大学の白石豊教授
という方の紹介だったようです。

この教授はスポーツ運動学でかなり有名な方みたいです。

私としては、理論的に明快な理論でなおかつ、実践する事が
簡単だと感じたので、このツイストを取り入れる事にしました。

 

 

スイング中のパワーにブレーキをかけてヘッドを加速

右手のゴルフとツイスト打法は相性がバッチリ

最初に右手のゴルフを始めて、すぐにドライバーの飛距離が
200ヤードくらいまで伸びました。

この飛距離アップにも結構驚いたんですが、
ツイスト打法はさらに衝撃的でした。

200ヤードでも満足気味だった私の飛距離が一気に
230ヤードから250ヤードも飛ぶようになったんです。

これは本当に衝撃的でした。

しかも、右手ゴルフを始めていたので、
難なく出来てしまったんです。

これは、この爆発的に飛距離を伸ばす打ち方と右手のゴルフ
の相性が良かったからです。

私はDVDも持っていますが、その中でも右手を使わないと
出来ないと言われています。

しかし、逆に言えば右手を使えばいとも簡単にヘッドスピードを
上げて、驚異的な飛距離アップができるのです。

手元にブレーキをかけてヘッドを加速させる打ち方

右手を使ったスイングをしていると、必ず右手が
インパクトゾーンで左手を追い越します。

これがミソだと思います。

インパクトの時に、手元でグリップの端、グリップエンドを止める
様にして打てば、ヘッドが一気に走ります。

イメージとしては左手でグリップを止めて、右手でヘッドから
振り下ろしていく感じです。

これをインパクトに合わせてやるのではなく、ダウンスイングの
開始でいきなりやります。

これが野球のツイスト打法みたいに、スイング中で止める、
反対に動かすという動きになっているのだと思います。

ゴルフのクラブ、特にドライバーは45インチ以上もあるので、
ヘッドに遠心力がかかって、自分じゃないみたいなヘッドの走り方
をしてボールが飛んでいきます。

アスリートではない一般人が可能なスイング

片山プロも生みの親である白井選手もこのツイスト打法は
体力のない人ほど有効だと言っています。

これは本当のことでしょう。

なにせ、私のような還暦近い人間が出来るスイングで、
結果、非常に飛ぶスイングに簡単に変わりました。

雑誌などで見ると、明らかに自分にはできないだろうなと思う
スイングがあります。

しかし、この体を使わずにクラブに100%の仕事をさせる打ち方は、
アマチュアゴルファーにこそ合うスイングだと私は思います。
もしも、「若い時はもっと飛んでいたのに」とか
「ゴルフを始めてからずっと飛距離が出ない」とか

病気や怪我や手術などで、ゴルフから離れる期間があって
ゴルフを再開した復帰した、けれど以前のような飛距離が出ない。

という人は、片山プロが勧めるツイスト打法を試してみて欲しいと
思います。

実際に180ヤードが限界だった私が、55歳を過ぎて
250ヤード以上飛ばせるようになったので、誰でも出来るゴルフスイング
だと思います。