なぜ左一軸打法で失敗する人が多いのか?

 

リバースピボットの連続で飛距離も落ちる

数年前から、雑誌などで左一軸理論がもてはやされて
います。

似たような打ち方にスタックアンドチルト打法
という物もあります。

練習場でもこの言葉は良く聞いていました。
練習場仲間同士で挑戦しているけど、
全く上手くいかないとか。

周囲でやっている人は何人かいましたが、私は当時
左一軸の打ち方には全く興味がありませんでした。

しかし、右手のゴルフを始めてから左一軸スイングと
右手のゴルフは相性が良いと片山プロが言っているのを
聞いて挑戦してみました。

実際にやってみると、思ったよりずっと簡単に出来て
しまいました。

ネットで左一軸スイングの評判を聞いてみると、
多くのゴルファーが失敗してるようでした。

youtubeで動画なども見ましたが、私でも分かるレベルで
リバースピボットになっている人が大勢いました。

左サイドを動かしてしまう事が失敗の原因

右手を使うスイングで左一軸スイングをやってみて
思った事は、左サイドをいかに動かさないかがポイント
だと思います。

ほとんどの人は、左に体重をかけたまま体の左サイドを
主体にクラブを振っていると思います。

せっかく左に軸を作っても、そこを動かしてしまえば
もう軸にはなっていないと思います。

というか、軸が動いたりブレたり、傾いたするので
右足に体重が残ったり、不安定なスイングになります。

だから、カッコ悪いギッコンバッタン状態で、
飛距離も落ちてボールも安定しないのスイングに
なってしまうのでしょう。

結局、左一軸と言いながら、左サイドを動かす事が
失敗の一番の原因だと私は思います。

右手を使わなければ左一軸にはならない

 

軸は動かないから軸になる

上にも書きましたが、「左一軸」なので左に軸が存在します。
その軸を動かさない事が左一軸打法です。

その為にはどういうスイングをすればいいのか?
右手でクラブヘッドを振ってあげるだけでいいんです。

右手でクラブヘッドから下に落とせば、体の動きは止まります。
体重が左右に動いたり、重心がズレる事はありません。

最初に軸を意識した、左股関節の場所から軸は動きません。

『左を止めて右で振る』

非常にシンプルで合理的なスイングだと思いませんか?
実際に私でも出来る位、シンプルで簡単なスイングでした。

遠心力がかかり飛距離もアップする

私は他の人は違い、左一軸打法をやっても飛距離が落ちる
事はありませんでした。

おそらくですが、先ほどから言っている様に左サイドを止めて
右手でクラブヘッドから落としているので、
凄くヘッドに遠心力がかかるんです。

上手くいった時は、フォロースルーで遠心力がかかったヘッドに
体ごと持っていかれそうになる場合があります。

それだけヘッドに遠心力がかかった時はやはり飛びます。
左一軸は飛ばないと言っている人は、左一軸では打ててないと
思います。

右手のゴルフだと、バックスイングで左膝を前に出して
右膝を伸ばす。

そうすると、体を捻らなくても胸が後ろを向くんです。
その状態で、手を正面に上げればトップが出来ます。

ダウンスイングではクラブヘッドから落とす事と、
胸を後ろに向けたままスイングするだけです。

これで、体重が右足に移動したり残ったりする事はありません。