グリップ

グリッププレッシャーの強さはゆるゆるだけではない

右手のゴルフを生かす握り方

基本的な形はフックグリップと呼ばれるグリップで、
左手はナックルが2つほど見えるように、
反対に右手はナックルをやや下に隠すようなグリップになります。

grip-1

これは現代のクラブの性能を引き出す為のグリップでもありますが、
同時に左右の手首を最も有効に使えるグリップでもあります。

この時、右手の感覚を生かすために、
なるべくオーバーラッピングかテンフィンガーで握るのが良いかと思います。

テンフィンガーと聞いて年配者や女性用のグリップだと思われる方も
多いと思いますが、アマチュアの方でも
前腕部の筋力が優れている人でなければ試してみる価値はあるかと思います。

10finger

もしくは、右手の動きを非常に感じやすくなる為、
右手の動きを覚えるまでの採用でも良いと思います。

逆にインターロッキングは左右の一体感が強くなり、
右手の感覚が鈍るので「右手のゴルフ」ではあまりお勧めできません。

グリッププレッシャーの判断基準

グリップを握る際は、なるべく左右両方、
人差し指、中指、親指の三本の指で握るようにしてみてください。

そして握る強さは誰かにクラブを引っ張られたら
抜けてしまうくらいで十分です。

柔らかく握ると、手首も柔らかく使え、
クラブヘッドが走り、捕まりも良くなります。

これは多くの雑誌やレッスン書で書かれていると思いますが、
別の言い方をすれば、グリップに力が入りすぎてミスする事はあっても、
柔らかく握りすぎてミスすることはありません。

しかし、稀に力を握れと言われ過ぎた為に、
それに気を取られ過ぎてクラブが全く振れてない方も見かけるので、
あくまでユルユルに握るのはヘッドを走らせる為なのでスウィング中、ずっと気にする必要はありません。

身体の動きを一つ一つ気にしていては効率の良い動きは出来ませんし、
パフォーマンスが落ちてしまいます。

パターのグリップは強く、ドライバーのグリップは柔らかく

では全てのクラブをユルユルに握れば良いかというと、そうでもありません。

パターは距離感と方向性が全てなので、
ヘッドが走らない様にしっかりと握るようにします。

よくパターも柔らかく握れと様々な本に書かれていますが、
柔らかく握っているせいでパターが苦手になっている方をよく見かけます。

中でも多いのは、あまりに柔らかく握っているため
テイクバックが大きくなり過ぎて
「このままではカップをオーバーする」と体が無意識に反応してしまい、
インパクトゾーンでクラブヘッドを減速させながらボールを打つせいで、
いつまでたっても距離感が合わないというものです。

しかも、それではフェース面も安定せず、
ボールの転がりも悪いので方向性もバラバラになってしまいます。

しかし最初からクラブの先端まで自分の腕だと思えるくらい
しっかりと握っていれば、この様なミスは簡単に防げるようになります。

勿論、短い距離のアプローチも飛ばす必要が無く、
方向性と距離感が大事になるので、
グリッププレッシャーは強めになります。

反対にドライバーは14本のクラブの中でも
最も柔らかく握るようにします。

シャフト、ヘッドの性能を如何に引き出すか、
如何に遠心力をかけるかが大事になります。

実はハンマー投げの有名な選手の言葉に
「グリップは赤ちゃんの手を握るように」
という言葉があります。

それほど柔らかいグリップは
パフォーマンスを向上させてくれるのです。

これはヘッドを走らせて打つバンカーショットにも有効で、
バンカーが苦手な方の殆どがグリップを強く握りすぎている為に失敗しています。

飛ばす、ヘッドを走らせるスウィングは柔らかく、
飛ばさず、距離も方向もコントロールするスウィングはしっかりと握る。
これが「右手のゴルフ」の基本になります。

ドライバーはグリップの握り方・グリッププレッシャーで飛距離と方向性が変わる

クラブが長くなったのでグリップも変える必要がある


左手は絶対にストロンググリップ



以前の私もそうだったんですが、飛ばない人ほど、
左手をウィークグリップ(スクエアグリップ)で握っています。


今の45インチ以上の長いドライバーで、なおかつヘッドが
かなり大きいクラブをウィークグリップで打つには無理があると
思います。


クラブが長くなることで遠心力がかかりやすく、
ヘッドが大きい事で重心距離が長くなっているので


ダウンスイングでヘッドをスクエアに戻すことが
昔の短いドライバーより難しくなっているのは確実です。


長いクラブを左手主体でスイングしてしまうと、
必ず左脇が開いてしまいます。


そうなると、左肘が引けたスイングでスライスしかでません。
飛距離も全くでません。


3年前の私がまさにその状態でした。


しかしグリップをフックグリップに変えると、
スイング中に左脇が締まります。


もうこれは構えたアドレスの時から分かります。
体の横からではなく、胸の前から手がくる感じになります。

右手はオーバーラッピングかテンフィンガーグリップ



右手の握り方にもいくつか種類がありますが、
右手ゴルフを始めて右手の握りも変えました。


それまではテレビで石川遼君がやっていた、
インターロッキンググリップで握っていました。


このインターロッキンググリップですが、
両手の一体感が凄くあるので、元々ヘッドスピードの
早い人なら問題ないかもしれません。


しかし、ヘッドスピードも飛距離も不足している人は
絶対にやめた方がいいと思います。


この握りは手首が固まりやすいんです。
柔らかく使う事ができないスイングになってしまいます。


後で書きますが、グリップを強く握る事にも繋がります。


ですから、普通のアマチュアの男性ならオーバーラッピング
グリップが良いと思います。


極端にヘッドスピードの遅い人や、女性の方なら
テンフィンガー(ベースボール)グリップがいいと思います。


私が思うにヘッドスピードが遅人ほど、
テンフィンガー>オーバーラッピング>インターロッキング


また、スライスする人ほど
テンフィンガー>オーバーラッピング>インターロッキング


がおすすめの右手の握り方だと思います。



グリップの強さはクラブが長いほどゆるゆるに握る


ゆるく握る事でヘッドを走らせる



グリップの強さはゆるくするというのは、雑誌やテレビでも
盛んに言われていますね。


しかし、実際にゆるゆるのまま振るのはとても難しいです。


そもそも、なぜ強く握らず、緩く握らないといけないかを
理解しておく必要があると思います。


グリップを柔らかく握らなければいけない1つです。
上腕に力が入ると、握っているグリップの運動量が増えて、
クラブヘッドの運動量とスピードが落ちる訳です。


平たく言うと、力が入ってヘッドスピードが落ちる。


緩くグリップを握ると、クラブのグリップの運動量は小さくなります。
逆にクラブヘッドの運動量は大きく早くなります。


これがヘッドスピード、飛距離を出す秘訣です。
その為にはゆるゆるのグリッププレシャーが重要なのです。

親指と人差し指と中指で握る



実際にグリップ圧をあげない様に打つ為にはどうすればいいのか?
言うのは簡単ですが、難しいです。


特に、ダウンスイングの最中にアドレスの時とグリップの強さを
変えない様に打つのは最初は無理だと思っていました。


しかし、片山プロが推奨する右手のゴルフのグリップだと
それが簡単に出来てしまいました。


力が入るのは、手の外側です。
特に手の平は外側に力が入ると、上腕がカチカチに強ばってしまいます。


逆に親指と人差し指と中指といった内側の指で握ってやると、
力が良い意味で入りにくくなります。


手の平で握り込むのではなく、指3本で摘まむ様に
グリップしてあげるといいです。


俗に言う、フィンガーグリップというやつですね。


この握りだと、構えた段階でクラブヘッドがロックされず、
フリーに動いてくれる事を実感できると思います。

右手のグリップで人差し指はトリガーグリップにしない

ゴルフのグリップで『トリガーグリップ』と言われる
グリップをご存じですか?

右手のグリップをする時に人差し指を伸ばして、中指と離すように
握るグリップの形です。

右手の親指を真ん中ではなく、少し左にズラす形状で
右手の人差し指を伸ばす。
まるで、引き金を引くときのような握りのグリップです。

私は右手のゴルフに出会うまで、このトリガーグリップでした。

今こうやって思い返してみると、右手のゴルフに出会うまでは
片山プロがやってはダメと言っている事を、全てやっていた
気がします。

だから、飛ばなくて下手くそなゴルフだったんでしょうね。

トリガーの形を薦めている本やプロもいますが、
危険も多い握り方なので注意が必要です。

トリガーグリップはクラブヘッドを操作しやすい反面、
間違えたリストターンをしてしまう可能性があります。

インパクトでコックをほどくのではなく、コネてしまいやすい
特徴があります。

右手のゴルフで勘違いされやすいポイントですが、
片山プロはこのコネる動き、手首をローリングさせる動きが
ゴルフで一番いけない動き
だと言っています。

手首をコネてしまうと、フェースが地面を向いた状態、
すなわちフェイスが被ったスイングになってフックしか出なくなります。

こうなると、どんなに良いヘッドの軌道でもダッグフックしか出ません。

ですから、人差し指はトリガーにしない方が賢明です。
しっくりこない人や違和感を感じるは、矯正器具などを使って
慣れる事をお勧めします。

グリップの持ち方ですが、右手の人差し指と中指は離さない。
右手の親指と人差し指と中指で持ちます。

パームグリップやフィンガーグリップという言葉がありますが、

パームグリップは掌で握るグリップ。
フィンガーグリップは指で握るグリップです。

一般のアマチュアゴルファーにはフィンガーグリップが
適しています。

フィンガーグリップのメリットは力を抜いて握れる事です。
グリップを指で握ると、ゆるゆるで手首を柔らかく使えます。

手首を使ったスイングはヘッドが手元を追い越して先行する
ので、ヘッドスピードも速くなります。

持ち方を少し変えるだけで、フェイスローテーションがしかっりと行え
捕まりが良くなり、プッシュスライスが多い人でもドローボールが
打てるようになります。

グリップはそれだけゴルフの中でも大切な部分です。
しかし、グリップをしっかりと教えるレッスンプロもあまり見かけません。

また、練習場でグリップを確認しながら打っている人も見かけません。

しかし、右手のゴルフの片山プロはいつもグリップの重要性
指摘しています。

色んなDVDや雑誌・動画も見ましたが、右手を正しく使うスイングの
為には、正しいグリップが不可欠な様です。

ゴルフの経験が長いのに、ドライバーやフェアウェイウッド、アイアン、
アプローチのショットが安定しないのはグリップが原因かもしれません。

特に左のミスが多い人は、右手のトリガーグリップを確認してみて下さい。

ゴルフグリップの握り方 右手はオーバーラッピングかテンフィンガー

ゴルフのグリップは多種多様です。

グリップの正しい握り方を知りたい人は非常に多いですが、
雑誌やレッスンプロによって、言っている事がかなり違います。
 
 
よく、右手のグリップはインターロッキングと
オーバーラッピングのどちらがいいのか?
 
という質問をネットで見かけます。
 
 
一部のトップアマを除き、インターロッキンググリップは
アマチュアには不向きです。
 
理由は単純です。
インターロックグリップでは両手に一体感が出過ぎて
しまいます。
 
これは私も右手のゴルフを始めるまで、全く知りませんでした。
 
というのも、石川遼君のマネをしていたので、
片山プロがやってはいけないと言うという、
インターロッキンググリップでゴルフをしていました。
 
これが、私のドライバーショットが150ヤードしか飛ばない
原因の一つだった様です。
 
 
そしてこの「両手の一体感」ですが、一見いい言葉の様に
聞こえますが、アマチュアの我々には注意が必要です。
 
 
よくプロゴルファーが一体感と口にしますが、
彼らは元々かなりの飛距離を出せるゴルファーです。
 
 
そんな彼らがグリップの力加減を変えずに、多少飛距離を
落としても、方向性と再現性を求めたグリップが、
インターロッキンググリップです。
 
 
アマチュアゴルファーがこのグリップをやってしまうと
手首を使えず、フェイスローテーションが不足して、
インパクトでフェイスが開いた状態になります。
 
 
結果としてスライスや飛距離不足に悩む原因になります。
 
 
インターロッキンググリップの特徴は、手首を使えない、
または、角度が付かずにハンドアップになりやすい
グリップです。
 
 
しっかりと手首に角度を作って、使う為には
オーバーラッピンググリップかテンフィンガーグリップ
(ベースボールグリップ)の方が簡単です。
 
右手のゴルフでは構えた時に、左腕とシャフトの角度が
クラブにもよりますが、130°~150°の角度が付くように
アドレスする事をすすめています。
 
これは結構、ハンドダウンに構える感覚だと思います。
 
 
そして、グリップはしっかり握る事が間違っています。
親指・人差し指・中指でつまむように持ちます。
 
薬指と小指はかなり緩くグリップして下さい。
 
 
こうする事によって、クラブを下ろす角度が変わってきます。
 
体の近くに空間があるので、アドレスした時のグリップと体の
距離と同じ場所でインパクトを迎えられます。
 
より、体の近い場所をグリップが通る事で、
スイング軌道がインサイドアウトの軌道に近づきます。
 
右手のゴルフの最大の利点は、アウトサイドインだった、
スイング軌道を、簡単にインサイドアウトに変えることが
出来る所ですね。
 
 
一度、オバーラッピングかテンフィンガーグリップで素振りを
してみれば、この感覚が分かります。
 
グリップが正しいグリップになれば、力の入れ方、力の抜き方が
分かってきます。
 
親指側をしっかり握る。小指側は力を抜く。
 
 
また、テンフィンガーグリップでチーピンが出るタイプの人は
オーバーラッピングが良いでしょう。
オーバーラッピングよりテンフィンガーの方が手首を使えます。
 
 
逆に言うと、オーバーラッピンググリップで球が捕まらない人は
テンフィンガーグリップに変えると球の捕まりが良くなります。
 
私も、右手のゴルフを始めた当初は、テンフィンガーグリップ
(ベースボールグリップ)でした。
 
現在は、オーバーラッピンググリップです。
 
右手のグリップを正しいグリップに出来れば、
正しく右手を使ったスイングが出来ます。
 
 
「右手は添えるだけで、左手でスイングする」
 
こういった雑誌の文章を良く見かけますが、
これでスコアアップした、上達アマチュアゴルファーは、
ごく僅かです。
 
実際にそうやって、左腕・左サイドリードのゴルフ理論で
上達が頭打ちになっているアマチュアゴルファーがほとんどです。
 
本当に左腕・左サイドリードのゴルフで上手くなるなら、
世の中のゴルファーで、100が切れない人は存在してはいけない
ハズなんです。
 
 
矯正グッズや右手の握り方の動画をYouTubeで見るだけでもいいので、
右手のグリップの重要性を確認してみて下さい。
 

左手のグリップ親指はショートサムかロングサムか

ゴルフの基礎にアドレスやスイング中の事も
沢山ありますが、最もゴルフで重要な基本なのに
 
アマチュアゴルファーが気にしないのが『グリップ』
だと思います。
 
 
私も最初はまったく気にしていませんでした。
 
というか、形だけ石川遼君のマネをしたグリップを
していました。
 
 
初めてグリップに対して真剣に取り組んだキッカケは
片山晃プロの「右手のゴルフ」という本を読んで、
練習場で試した事です。
 
 
本の通りにグリップの握り方を変えて、
右手を使った時に非常にスムーズにスイングが
出来て、飛距離が一気に伸びました。
 
 
グリップ一つとっても、右手の形、左手の形、握り方、
種類は色々あります。
 
 
アイアンやドライバーの飛距離や安定性にも大きな影響を
与えるグリップから見直して矯正してみてはどうでしょうか?
 
 
まず、左手の握りを決める時に、最初に注意して頂きたい点が
あります。
 
 
それは親指です。
ショートサムと呼ばれる握り方とロングサムと呼ばれる握りが
存在しています。
 
 
どちらがいいのか、雑誌やYouTubeで画像や動画を見ても
メリットやデメリットを書くだけで、あとはタイプによって
変わります。的な物が多いですね。
 
 
私はハッキリとオススメします。
ショートサムです。
 
理由は簡単です。
右手のゴルフでお勧めされていて、自分が飛距離アップを
果たした握り方だからです。
 
 
ショートサムは親指を縮めるて添える。
ロングサムは親指を伸ばして添える。
 
 
ショートサムの場合は左手の親指、人差し指、中指で
摘まむ様に持つことが出来ます。
 
 
多くのゴルファーが小指側をしっかりと握っています。
レッスンでそう教えるレッスンプロも沢山います。
 
 
小指側を強く握ってしまうと、どうしても腕、特に上腕に
力がが入ってしまいます。
 
 
腕が強ばると、グリップの強さも安定しない状態になります。
その状態でスイングを続けると腱鞘炎になってしまう人も
多いのです。
 
 
実は、親指を縮めるか伸ばすかだけでも、大きな差が出るのです。
さらに言うと、上体に力が入ればスイング軌道にも
違いが発生します。
 
 
スイング軌道が変われば、インパクトでフェイスの向きが
スクエアになったり開いたり、かぶったりします。
 
 
つまり、左手の親指だけで、ボールが左右に曲がったり、
飛距離が伸びたりロスしたりする訳です。
 
 
特に初心者の方にはショートサムがオススメです。
最初は違和感や、痛いと思う人もいるかもしれませんが、
そのケースはグリップの圧力を落として下さい。
 
 
もう一点、ショートサムの利点があります。
それは、左手の握り方でストロンググリップ(フックグリップ)
との相性がいいのです。
 
 
現在、スライスが出ている人で、左手のグリップが
ウィークグリップの人はストロンググリップのショートサムを
試してみて下さい。
 
 
ライン出しのショットの時にもショートサムは有効です。
ライン出しはスリークォーターショットなどで打つので、
グリップを余す事がほとんどです。
 
 
ショートサムはこの余したグリップの時に、
グリップがズレる事がありません。
 
 
スイングに悩んでいる人は、一度左手のグリップの親指を
見直してみてはいかがでしょうか?
 
私が身を持って体感した様に、飛距離が伸びてスライスがドロー系の
ボールに変わります。