アドレス

右手のゴルフは左足上がりも左足下がりもクローズドスタンス

傾斜が何故難しいのか

多くのアマチュアゴルファーがスコアを
伸ばせない大きな原因の一つに「傾斜」があります。

何故それほど傾斜が難しいのか?
と疑問に思われるかもしれませんが、一言で言ってしまうと
「練習不足」が原因となります。

今の主流のスウィング理論では、傾斜が変わる度に
身体の動きも変わってしまい、またクラブのボールに対する
入射角もそれによって不安定になってしまいます。

例えば、左足上がりならダフりやすく、
左足下がりならトップしてしまうミスが多くなるのもそのためです。

これらは左手リードや左サイドを動かしてしまうような
スウィングではどうしても起きやすくなってしまうのです。

また、足でボールを踏みながら打ってみたり、
不安定な傾斜でのショットを想定して練習をされている方も多いとは思いますが、
それでもボールのライまで同じように傾斜を付けるのは難しくなります。

結局、ボールが傾斜にある場合のショットの練習をしていなければ、
いつまでたっても傾斜=トラブルショットになってしまいます。

傾斜でミスをしやすいスウィングをカバーするために、
番手を下げてクラブを短く持ち、ボールの位置を変え、
スタンスを変え、振り方を変えて、傾斜からまず出す。

この解決方法では、いつまでたってもスコアは伸びそうにないかと思います。

右手のゴルフならスウィングに悩まない

現在主流のゴルフスウィングは
「傾斜角」に大きく影響されてしまいます。

右に体重を移して、左に体重を移して打つという動きを
自分で意識して行っている以上、水平な練習場のマットの上でなら
一定の再現性があったとしても、たった数度でも角度が付いてしまうと
感覚は変わってしまい、途端に同じスウィングが出来なくなります。

例えば、左足上りなら体重は右に移りやすく、
左には移しにくくなります。

こんな状態でセカンドショットを打ったとして
次のショットが今度は左足下がりなら、いつも以上に感覚は大きく変わってしまいます。

さっきの感覚が残っていればテイクバックでは
右に体重が移りにくい様に感じ、
インパクトにかけて左足にいつもより体重移動してしまいます。

ティーグラウンドこそ、なるべく水平になるようには作られていますが、
余程簡単なコースを除けば、あえて水平な所を殆ど作らない様に設計されています。

そんな所で、傾斜に弱いスウィングをしてしまってはコースの思う壺にもなってしまうのです。

ですが「右手のゴルフ」では体重移動を自分で起こさないため、
傾斜でスウィングを崩されるという事が起きません。

しかも下半身を動かさずに先にクラブを下に振り下ろすだけなので
傾斜によって身体の動きが変わってしまうのも防いでくれます。

注意する点は僅かに1点で、アドレスした後、
右足を少し下げてクローズドスタンスにしておく。これだけです。

この時、目標より右を向いてしまうのを防ぐ為に、
必ずアドレスを決めてから右足を引くようにします。

これにより、右手が降りてくる空間が広くなり、
俗に言う「懐が広いスウィング」が可能になり、
インサイドからボールをインパクトしやすなるのと同時に、
左サイドの軸をより安定させることができます。

つま先上がり、つま先下りもクローズドスタンス

非常に厄介な、つま先上りもつま先下がりも
クローズドスタンスで対処できます。

この様な場合、通常のアドレスだと、かかとに体重が乗りすぎれば左が、
つま先に体重が乗りすぎれば右へのミスが出やすいのですが、
クローズドスタンスにすることで、かなり軽減されます。

また、これらのショットを難しくしている要因に、
ボールの位置がいつもよりも自分に近い、
または自分から遠いということもあります。

つま先上りですと、高くティーアップしているボールを打つようなもので、
つま先下がりですと、自分が高い段差の上に乗っている様なものです。

更にその状態で足場には傾斜がありますから、
どれほど難しいショットなのか容易に想像できるかと思います。

この時、左サイドを大きく使う従来のスウィングですと、
どうしてもクラブの入射角がきつく、上からヘッドが降りてきてしまう為、
いつものボールの位置が上下でズレてしまうと、
インパクトゾーンが極端に短くなり、ミート率もかなり下がってしまいます。

これに対し、もともとクラブの入射角が緩やかな
右手主体とクローズドスタンスの組み合わせは、
インパクトゾーンでのクラブヘッドの上下の動きはほとんどないため、
ダフりやトップのような大きなミスを防いでくれます。

勿論、このクローズドスタンスはティーショット等の平坦な場所でも、
ヘッドの軌道を緩やかにしてくれるので、
全てのショットをクローズドスタンスにしてしまっても問題有りません。

実際、片山プロも20㎝ほど右足を下げたスタンスでラウンドされているそうです。

アドレスで作る手首とシャフトの角度でボールの高さが変わる

ハンドダウンの効果とは




フェースローテションを最大限に使う



構えた時に自分の腕とクラブは一直線にはならないと
思います。


必ず、手首に角度がついていると思います。
この角度によってボールの高さを変える事が出来ます。


基本的に手首により角度をつけると、フェースが
ローテーションする為、球は高くなります。


逆に角度がなく、腕とクラブが一直線になれば
コックを使う事が無く、フェースがローテーション
しない為、ボールは低くなります。


この基本が分かっていれば、状況に応じてアドレス時に
手首の角度に変化をつける事で、ボールがコントロール
出来る事になります。



ティーショットとバンカーショットでは必須



私が実践している右手のゴルフでは、基本的に構えた時に
手首に角度をつけて構える様にしています。


その最大の理由はクラブのフェースローテションです。


右手のゴルフの最大の特徴はフェースローテションです。
片山晃プロもゴルフで最も重要なのがフェースローテション
と言っています。


ゴルフクラブは野球のバットなどと違い、シャフトの
延長線上にスイートスポット(芯)がありません。


少し離れた所にあります。これをクラブでは重心距離という
そうです。


この重心距離という存在がある以上、フェースローテションは
必須という事なんです。


特に必要なのがドライバーなどの長いクラブを打つ時です。
飛距離と必要な打出し角を得る為にはフェースローテションが
絶対です。


あともう一つ、ガードバンカーからのバンカーショットです。
バンカーショットはダフらせる必要がある為、フェースを
しっかりとローテーションさせなければいけません。


以上、2点のケースでは、絶対にハンドダウンに構えて
手首に角度をつけた方た構えの方がボールが上がり有利です。



ハンドアップの効果




ボールに直接コンタクトさせたい時



上にも書きましたが、ハンドアップに構える。
つまり、アドレスした時に手首の角度を小さくして
腕とクラブのシャフトが一直線に近くなる構え方です。


少し手の位置は高くなって、ボールとの距離も近くなります。
ハンドダウンは逆にグリップの位置が低くなり、
ボールとの距離は遠くなります。


因みに、ハンドアップの構えはボールとの距離が近いので
アップライトなスイングになります。
ハンドダウンではフラットなスイングになりやすい。


この特徴をコース内で生かしたいのなら、
絶対にダフりたくない時が有効です。


クリーンにボールを打ちたい時は、ハンドアップして
構えるといいと思います。



クロスバンカーとグリーン周りでハンドアップ



ハンドアップして構えてのショットを最も活かせる場面が、
クロースバンカーからのショットとグリーン周りからの
アプローチショットです。


まずどちらも、ダフると致命的なミスショットになって
しまいます。


そんな時は、グリップを指2本分くらい短く握って、
ボールの近くに立ってみて下さい。


自然と手の位置が高くなり、ハンドアップの構えになります。


この時、1点注意点があります。


それは、体重を右に移動させないことです。
どちらもフルショットの様な大きなショットではないので
体を揺さぶらない様にスイングする事が重要です。