ダフリダフリの原因は2種類

ゴルフをしていると、大事な時に大きなミスが出てしまう事があります。
その代表例が、トップとダフリです。

ゴルフを代表するようなこの2つのミスショットですが、
別々の原因で起こっていると考えていませんか?

実は同じ原因で発生しているミスショットなんです。

ダウンスイングで右肩が下がる

まず、原因として最も多いのが、右肩が下がってインパクトしてしまう事です。
上の写真を見てもらえれば分かりますが、右肩がここまで落ちると、
スイングプレーンから外れた軌道をクラブが通ります。

俗に言う、クラブが寝た状態で降りてきます。
スイングプレーンの下をシャフトが通ります。

こうなると、通常のインパクトを目指してスイングしていた状態なら、
右肩が下がって軸が右側に傾いた分、クラブヘッドは早く下に落ちて地面を叩いてしまいます。
これが一般的に最も多いと思われるダフリです。

そして、症状としては真逆のトップですが、これも原因は同じなんです。
上に書いた右肩が下がる事とプラスして、ある動作を入れると今度はトップになります。

それは、右肘を畳んで体にくっつけてタメてくるとトップになります。
タメている分、地面に落ちる事はありませんが、右肩が下がっているので、
クラブヘッドの最下点はボールのかなり手前になります。
タメて地面に落ちませんが、クラブの最下点はボールの手前なので、
クラブヘッドが上に上がりながらインパクトを迎えます。

この時、ボールの赤道よりほんの少しでも上でヒットすればトップになってしまうのです。

ボールへの入射角が鋭角すぎる

そして、もう1つの原因がボールに対するクラブヘッドの入射角です。

世間一般のゴルフ理論ではダウンブローが常識かの様に言われていますが、
ダウンブローは結果的になるもので、意図的に上からクラブを入れてくるのは間違いだと思います。

それはなぜか?

ダウンブローを意識し過ぎて、入射角が鋭角になればなるほど、
インパクトのポイントが点になってしまうからです。

ゴルフは飛球線方向にボールを打つので、必ずボールの後ろ側を打ちます。
この時に、ほんの少しでもクラブヘッドの最下点が手前過ぎるとダフッてしまいます。

そして、その最下点からV字でクラブヘッドが上がってしまうと、
今度はトップになってしまいます。

ダウンブローの全てが悪いとは言いませんが、常にどんなスイングをしても、
鋭角な入射角でクラブの最下点がボールより前になるのは、かなりの練習量が必要な
高等技術だと私は思います。

プロゴルファーや競技ゴルフをやっている人には必須の技術かもしれませんが、
我々アマチュアゴルファー、とりわけアベレージクラスのゴルファーにはとても難しい技術だと言えます。

この超上級者用のスイング理論が、私たちがいつもやってしまっている、
ダフリやトップといったミスショットの原因だと私は思っています。

ダフリとトップを直す方法

では、ダフリとトップを直す為にはどうすればいいのか?

これはとても簡単です。
上に書いた2つの原因を消せばいいだけなので、この2点だけに注意してスイングすればいいんです。

実は右肩を落とさないことや、入射角をシャローにすることは、
一般的なレッスンやゴルフ理論の中でも言われている事でもあります。
※部分的な所もありますが

それを具体的に修正するために、私が右手のゴルフを通じて実際に直った方法を
紹介したいと思います。

左サイドを止めて打つ

とにかく体を動かさない。
これにつきます。

特に左サイドを動かすと、左肩が開いてしまってミスショットになる事は
皆さんもご存じだと思います。

この左肩の開きが曲者です。
自分でやってみると分かりますが、左肩が開くときは必ず上方向に向かって開いて行きます
自分の胸が上を向きながら左肩が外に開いていく状態です。
絶対に胸が下を向くように左肩が開いていく人はいません。

その為、左サイドの動きを止めてあげれば、胸が上を向かない。
結果として右肩が下がる事が無くなります。

具体的に左サイドを動かさないといっても、そうすればいいのか?

それは左腰を切らない事と、右足を蹴らないことです。
体の回転を止めて、下半身をガッチリ固めてスイングします。

右足はインパクトまで、絶対にカカトを浮かさない様にします。
ベタ足スイングですね。

この2点を注意すると、左サイドが動かないスイングができ、
右肩が下がらないスイングになります。

早く右手をリリースして入射角を浅くする

右肩が下がらないスイング

では入射角を浅くするためにはどうすればいいのか?

ダウンスイングの初期の段階で、右手の肘と手首を開放(リリース)します。
そうすると、体は止まったままでクラブヘッドだけが下に降りていきます。

この時、クラブヘッドはボールがある正面の方向に降りていかずに、
自分が打ちたい方向、飛球線の反対側に下ろしていきます。
自分の体の右側面にクラブヘッドが下りていく感じです。

そうすると、クラブは大きく動き、先端であるクラブヘッドに遠心力がかかります。
ヘッドに遠心力がかかると、しなったシャフトが逆にしなり戻ってきます。

このシャフトのしなり戻りを利用すると、クラブヘッドが早く地面付近に達する事になります。
結果的に、クラブヘッドがボールの高さを移動する時間が長くなることで、
ボールに対する入射角は非常に浅い入射角になります。

インパクトに対する軌道が、「点の軌道」から「線の軌道」になるので、
再現性が非常に高いスイングになるのです。
そして、入射角が浅いという事はダフリ・トップのミスショットの可能性が非常に少なくなるのです。

仮に、クラブヘッドの最下点がボールより手前であったとしても、
入射角がシャローなので、芝の上をクラブヘッドが滑ってくれます。
クラブのソールを滑らせる事が出来れば、100%ダフる事はありません。
また、クラブヘッドが地面まで到達しているので、トップすることも物理的にありえません。

私は右手の肘と手首を早く解放するだけで、ダフりとトップのミスが本当になくなりました。