右手の感性でパッティング

パッティングストローク

パッティングにおいて重要なのは距離感ですが、
この距離感はやはり利き腕で出すのが最も効果的です。

方向性も確かに大切ですが、こちらは打つ前にグリーン上で目印となるスパットを探したり、
ボールにアライメントを書く事である程度補えますが、距離感だけは自分で合わせなければなりません

よく距離感が合わないという方に、練習方法として右手だけでパッティングしてもらうのですが、
最初はボールに上手く当てれない方も多く、直ぐに止めようとされてしまいます。

ただ、右手をしっかりと握り、もっと右手を使って下さいと言うと殆どの方が打てるようになり、
距離感も直ぐに合うようになります。

そしてその感覚のまま、左手は添えるだけにして両手でパッティングしてもらうと
距離感が合ったままパッティングすることができます。

稀にこんなに右手を使って打っていいはずが無いと言われますが、
右手だけで打った方が距離感が合うのですから、使わない手はありません。

そして距離が安定するのは右手だけでストロークする方が、
両手を使ったストロークより低く長くヘッドを動かせている事にも要因があります。

パターの転がりはインパクト時のロフトとヘッド軌道によって大きく左右されるため、
安定したパッティングをする為にもインパクト直前では限りなく水平に動かす事が必須になります。

また日常生活の中で、ゴミ箱にゴミを投げ入れる際に
わざわざ左手のバックハンドトスで投げる方はいない様に、
全く飛ばさなくても良いパターでは左手は殆ど役割を持ちません。

右手でフェース面を感じ、右手の移動距離で距離感を出していくだけで、
誰でもスタート前の練習で距離を合わせられるようになります。

この時、右手の甲をスタンスの外側まで引いた時の距離を一つの基準として持っておくと
プレッシャーのかかる場面で役に立ちます。

イップスを簡単に克服する方法

ダーツやビリヤード、野球、様々な競技で起こるイップスですが、
ゴルフはその代表的な種目になるかもしれません。

これが原因で現役を引退する選手も多く、特にパッティングでは
プロだけでなくアマチュアゴルファーでもこれにかかってしまう事があります

緊張やプレッシャー、原因は幾つかありますが精神的な問題で起こるため治すのは難しいと言われています。
ただ、パッティングのイップスなら治す方法は簡単で、パターヘッドの動きは気にせず、
右手の甲だけ意識してスタンスの外側に向かって引いてもらうだけです。

これはイップスの対象になる動きではない動きを取り入れる事で筋肉の硬直が解ける為と、
どれだけ身体が固まって動けなくなった時でも、右手の甲を引く筋肉は固まりにくい為です。

また、イップスによって大きなミスをしてしまうと恐怖心が芽生えて更に症状が悪化してしまいますので、
解決方法を覚えておいて早めに解消し、深刻化させないことも大切です。