バンカーショットの基本はヘッドの加速

バンカー

クラブヘッドの運動量がMAXになる

以前の私はバンカーショットが一番苦手でした。
大体がザックリとダフッてバンカーから出ない

出たとしても、ホームランでグリーン奥にOBか、
トップした球が土手に当たって勢いで出る・・・

こんな感じのバンカーショットでした。

バンカーが下手な人って、大体こんな感じですよね。

右手ゴルフを始めてバンカーを苦にしないようになってから
気付いたんですが、バンカーが下手な人は飛ばない人が多いです。

それはなぜか?

バンカーショットではサンドウェッジのヘッドの運動量を
MAXにしないとボールはバンカーから出ないからです。

身体ばかり動かしてクラブヘッドを加速させられない人は、
当然ドライバーでも同じスイングです。

ヘッドが走らず、ヘッドスピードが遅いスイングになります。

右手を使ったバンカーショットの打ち方

ヘッドの運動量を最大にするためにはどうすればいいのか?

フェイスローテーションをしっかり行えば、
クラブヘッドの運動量は最大になります。

クラブにはスイートスポットとシャフトの延長線上が離れています。

それを重心距離と言いますが、重心距離のあるゴルフクラブの
ヘッドの運動量を上げるにはフェイスローテーションが最も有効です。

その為にはまず、フェイスローテーションを行いやすいアドレスで
構える事が大切です。

左腕とシャフトに角度をつける様に、ハンドダウンで構えると
フェイスローテーションが行いやすいと、片山プロは言います。

左腕角度あり

実際に、これはかなりフェイスローテーションしやすいです。
そして、バンカーショットには必須のコックが非常に入れやすい構えになります。

左腕とシャフトが真っ直ぐになると、
コックが入りにくいそうです。

そしてフェースは30度前後、開くのが基本です。

30度

ピンまでの距離が近ければ、60度以上開くこともあります。
逆に遠ければ、ほとんどフェースは開きません。

あと、バンカーの砂が固かったり湿っていて
クラブが弾かれそうな時もフェースは開きません。

この構えが出来るようになれば、あとは右手を使って手前から
ダフらせれば、簡単にバンカーから脱出できます。

右手でクラブから下ろします。
イメージはボールの内側をクラブフェースで包み込む様な
イメージです。

元々、右手のゴルフのスイングは、入射角がシャローなので、
思ったより手前から入っても、問題なく砂とボールを運んで
くれるので、失敗する事が極端に減ります。

ドライバーが飛んでロブショットが打てる

上に書いた様に、バンカーショットが上手くなると
ヘッドを走らせる技術が身に付きます。

そうすると、その打ち方でドライバーを打てば
今までより確実に飛距離がアップします。

手首の柔らかい使い方も自然と身に付くので
飛距離だけでなく、大きなミスが少なるなる事も嬉しい副産物です。

また、全く同じ打ち方をラフから行えばロブショットになります。

ロブショットが得意なアマチュアゴルファーは、
そう多くないと思います。

というか苦手な人が多いと思います。

私は右手のゴルフを始めてから、
超苦手だったバンカーショットとロブショットが
得意と言えないまでも、好きなショットになりました。

これが、今のドライバーショットやアイアンショットにも
好影響を与えていると思います。

バンカーが苦手な人は、是非上に書いた事を
試してみて欲しいと思います。