スイング

ハーフスイングを覚えるとゴルフが劇的に変わる?

ハーフスウィングの重要性

ピッチングウェッジでのハーフスイング

練習場では打ててもコースでは上手く打てない理由は幾つかありますが、
その中でもライの状態はとても重要な物になります。

足場の傾斜やボールの下の芝の状態、バンカーや林の中から等、練習場と違って
コースではボールを打つシチュエーションがショット毎に変化していきます。

特に急な傾斜からのショットや林の中からのショットは所謂トラブルショットですので、
まず次のショットを安全に打てるようにすることが第一となります。

これらを常にフルスウィングで打とうとするとトラブルショットの先で
また同じようにトラブルに遭ってしまう可能性が高く、最悪OBにもなり兼ねません。

ハーフスウィングならそういった周りからの影響を受けにくく、
安全にレイアップ出来る為、様々な番手でハーフスウィング出来るようにしておくと
トラブルショットでのプレッシャーをかなり減らす事ができます

特に5番アイアン等のロフトが立っているクラブは林の中からの脱出などで役に立つので、
練習場でも積極的に試しておきたいショットです。

ショートゲームにはハーフスウィングが必須

ピンまで残り100ヤードならAWでフルショットされる方も多いかと思いますが、
100ヤード地点では傾斜が有る事が多く、またフルショットの場合トップしてしまうと
グリーンをオーバーしてしまい、OBやトラブルショットに見舞われる可能性も高い為、
PWのハーフスウィングで狙う方が非常にリスクが低く得策となります。

PWでのハーフスウィングなら多少傾斜があってもスウィングに影響が出にくく、
また仮にトップしたとしてもグリーンを大きくオーバーする危険も少なくなります。

TV放送されているプロトーナメントでは非常にグリーンが硬く、
速いのでスピンをかけなければ止まらないため100ヤード前後でもフルショットをしていますが、
通常のコースではそこまでのショットは必要ありません。

また、ハーフスウィングで100ヤードが打てると、同じようにAW、SWでハーフスウィングすれば
フルショットに加え、狙える距離の幅が非常に広くなりますし、ライの影響も少なくなり、
ミスショット時のリスクも低くなる為、安定してスコアを出すには必須のスウィングとなります。

その流れで、9番、8番アイアンでも出来るようにしておけば、
パーオン率も上がり、ショートゲームの内容が大きく変わることになります。

これは最近のクラブ事情も影響しており、一昔前まではアイアンは3番、もしくは5番から
PW、AW(PS)、SWと全てセットになっていましたが、
今は殆どのアイアンがPWまでのセットとなってしまい、多くの方が別売りのプロ仕様モデルと謳った
非常に難しいAW、SWを使われています。

勿論スピン性能、コントロール性能は高いのは良いのですが、
優しいドライバーや深いキャビティのアイアンからの流れだと、
急激にミスヒットやダフリにはシビアになり、重心位置が大きく変わる為に振り心地が変わり、
更にシャフトの材質まで変わってしまっていれば、コースでまともにフルショットできる方が不思議なくらいです。

この様な道具事情もありますでの、プロモデルの単品販売されているAWをお使いの方は、
PWでのハーフスウィングが特にショートゲームでは重要となるかもしれません。

ダウンスイングでヘッドを走らせるコツとは?

インパクトでヘッドを走らせる

ヘッドが走らない原因

ヘッドが走らない一番の原因は、まず「スタートさせていない」からです。

勝手にヘッドが走るとよく言われていますが、そのスタートをタイミングを作ってやらなければ、
結局走らないままボールにインパクトし、弱々しいボールを打つことになってしまいます。

野球で例えるならピッチャーが投げるボールは

「勝手に」

キャッチャーミットに向かって飛んで行きますが、
リリースのタイミングは非常に大事で、リリースしなければボールは地面に叩きつけられてしまいます。

それと同じように走らせようとしなければヘッドは走ってくれませんし、
走ったとしてもボールを打った後のフォロースルーからフィニッシュにかけてという
無意味な個所で走る事になってしまいます。

また、左サイドの過剰なリードもヘッドの走りを妨げてしまう要因となり、
左サイドのリードにより、アドレス時の前傾角度よりよりもダウンスウィングで起き上がってしまったり、
左肩が開いてしまいクラブが外から降りてきてしまっては、インパクト直前からヘッドを走らせるのは非常に困難になります。

ヘッドを走らせるには加速と減速

腕とクラブを早く振る「加速」と、急ブレーキをかけたような「減速」がヘッドの
「走り」には必要不可欠となり、特に左グリップはヘッドが走れば走るほど、
インパクトの直前から一気に動きが止まる事になります。

これは左手と右手を少し離して握るスプリットグリップで振るとよく分かりますが、
このグリップの場合は止まるどころかボールに向かって加速してきた左手が
インパクト直前から右足に向かってUターンして戻るような動きになります。

この時、手首のターンが起こっているのでヘッドは加速し続けていますが、
この一気に減速させる動きが強ければ強い程、ヘッドが走るようになります。

ヘッドは何処で走るかが重要

雑誌やレッスン書等で

「フォロースルーでビュンと風切り音を鳴らすように」

という文言を多く見かけますし、プロはヘッドを加速させながらボールを打っているから

「インパクト後の方がヘッドスピードが早くなる」

というような解説もよく見かけますが実際にそれを行おうとすると、
ただの振り遅れになってしまい、本来の飛距離が出ないばかりか
ヘッドの挙動も不安定になるので右に左に球がバラついてしまいます。

では、一体どこでヘッドが走り出せば良いのかと言うと、インパクトの直前です。
つまりヘッドが走っている最中にボールに当たるようにします。
そしてそれをしようと思うと、切り返した直後から、
もうヘッドを走らせる動きを初めていなければ間に合いません。

当たり前の事ですが、ボールに当たった後にどれだけ加速していても
打ったボールの飛距離が伸びる事は決してありませんし、わざわざ最もスピードの出る最下点を過ぎた後に
ヘッドスピードを最速にするのは非効率な動きになります。

さらに細かく言うと、どれだけボールに当たる瞬間にビュンと音を鳴らそうと思って振っても
風切り音が鳴るのは結局ボール位置を少し過ぎた位置になってしまうので、
それを自分でボール位置を過ぎてから音を無理に鳴らそうとすれば、どれだけ振り遅れているか感じ取れるかと思います。

腰痛の原因は腰の回転でスイングする事が原因だった

腰が痛いならスウィングを直ぐに変えるべき

腰を痛める逆C型フィニッシュ

ゴルフをしていて腰痛になってしまう程、悲惨な事はありません。
プロ選手ならともかく、生涯スポーツとして楽しめる種目で身体を壊してしまっては本末転倒になってしまいますし、
ハッキリ言ってしまえば、元々腰痛持ちでない限りは腰が痛くなるスウィングは何処かがおかしいのです。

もし、今のスウィングの中で腰だけでなく、関節に負担が掛かっている動きがあるのなら、
その動きは今すぐにでも止めた方が賢明かと思います。

関節に一切負担をかけずともボールはしっかりと打てるのですが、
今のゴルフ業界には敢えて関節に負担を掛けさせてボールを打たせるスウィングが何故かまだまだ残っています。

これは関節を痛めるような無理な動きをしたとしても
ボールは打ててしまう事に原因があるのかもしれません。

しかし、関節は一度痛めてしまうと治りにくく、そこを庇って動くようになり、
また違う個所を痛めてしまう事も多々ありますので、まさに百害あって一利無しです。

腰は決して回転しない

兎に角「腰を回せ」と執拗に教えるゴルファーをよく見かけますが、
腰は単体では回りませんし、人間の骨格に「腰」という物は存在しません

また、一般的に腰と呼ばれている大きな骨の塊「骨盤」は脊柱に繋がっていますが、
この脊柱にも回転する機能はついておらず、主には「前に曲げる」ことしかできません。

しかし、多くのゴルファーが身体を捻じ切らんとするかの如く腰を回し、
骨盤から脊柱に繋がる個所に負担を自ら掛けています。
これでは痛めてしまって当然です。

ただ、腰を回せという教えが広まったのにも幾つか理由があるのですが、
そのうちの一つは、そもそも「腰だけ」を回せば良いと言うものでは無く、
トップオブスウィングから切り返しにかけて大腿骨の付け根の動きにより、
骨盤、脊柱が飛球線方向に先に回った際、腕を動かさない様に維持すれば
一瞬、左の肩甲骨周りの筋肉は最大限に伸ばされて、右の肩甲骨周りの筋肉は収縮を起こします。

これにより、早く振れるというものです。
ただ、これにしても結局は肩甲骨周りの小さな筋肉を使った動きですので、
余程鍛えていない限り効果はありません。

男子プロや主に女子プロのインパクト手前で腰が既に目標方向に向いているスウィング写真を見る機会も多いかと思いますが、それは肩周りの筋肉の柔軟さがあるが故にできるインパクトであって、決して腰を捻じ切らんとして回している訳ではありません。

偽逆Cフィニッシュに要注意

最も腰に負担を掛けるスウィングが、テイクバックで腰が回らず、
そのためトップオブスウィングでは左に脊柱が傾き、体重が左に乗ったリバースピボットを起こしているスウィングです。

そのまま腰の回転で振ろうとすれば左に傾いた脊柱が今度は右に傾き、
切り返しからあおるような腰の動きでインパクトを迎えることになり、
所謂「逆Cフィニッシュ」になってしまいますが、この時かかる腰への負担は非常に大きいものとなります。

これを偽逆Cフィニッシュと呼ぶのは、本当の逆Cのフィニッシュは
フィルミケルソンのようにスウィング中の軸は真っ直ぐでも身体を縮ませてインパクトする為に
理に適って形成されるものだからです。

トップで自分が左に傾いているのかどうか分からない時は、
トップオブスウィングの状態で一旦停止し、屈伸運動をしてみてください。

左に傾いていれば左の膝が自分の顔の前に来てしまいます。

スイングの切り返しのコツはクラブヘッドから下ろす事

ヘッドから動かすメリット

ヘッドから動かしてボールが飛ぶ訳が無いと思う方も多いかもしれませんが、
ヘッドから動かす事によるメリットはスウィングプレーンに沿ったスウィングができる事と、
何よりヘッドスピードが上がりやすいという事です。

それだと全くヘッドスピードが出ないイメージがあるのは、
恐らく「ヘッドだけ」動かそうとしているからかもしれません。

トップオブスウィングから切り返す際に、身体の動きは考えずに
クラブヘッドをボール後方の地面に向かって振り下ろしてみて下さい。

ハンマーでも鍬でもイメージは何でも構いません、とにかく最速で振り下ろします。
重力も合わさってかなり早く振り下ろせたかと思います。

その動きがクラブヘッドから降ろすという事です。
身体を動かす意識は無くとも「ヘッドを下す」というイメージだけで
自然と身体はそれに必要な分だけ動いてくれます。

足から、腰からが上達を妨げる

腰を切りすぎて下半身がスライドしている

多くの雑誌やレッスンで言われている下半身始動、下半身リードという言葉ですが、
殆どの方がこれを意識するあまり自分の本来の飛距離が出せず、
いつまで経っても上達できずにいます。

切り返し直後から、アドレス時の状態まで腰や足を戻すだけの動きなら、
しっかりとクラブはスウィングプレーンに沿って元の位置に戻ってきますが、
切り返しからボールの飛球線方向まで腰を回そうとすれば、
肩はアドレス時よりも開いてしまうためクラブはスウィングプレーンから一気に離れてしまい、
所謂アウトサイドインの動きで下りてくることになります。

もし肩のラインが開かなかったとしても、クラブが下りて来るルートを切り返しで回した右腰が先に塞いでしまう為、
非常に懐が窮屈なスウィングになってしまいます。

そうすると身体は無意識に楽な場所を探してしまうので、
どちらにしてもテイクバックでクラブが通ったプレーンよりも外側を通そうとしてしまいます。

これでは例えボールはクラブに当たって前に飛んだとしても、
しっかりとボールを捕まえて打つ事はできません。

クラブが変わればスウィングも変わる

ドライバーとアイアン

遊錘を変えればテンポが変わるメトロノームのように、
クラブもドライバーからウェッジに変われば、長さが3/4程になる
スウィング中に感じるクラブの動きはそれ相応に変化します。

しかし、短めのミドルホールでドライバーが調子良く振れれば振れる程、
次に打つクラブはPW~SWといった短いクラブで打つことが多く、
急激な長さの変化を余儀なくされてしまいます。

この時に、ドライバーショットと同じ身体の使い方をしようとしては
クラブの変化に身体が追い付かず、シャンクや大ダフリといった1打無駄にしてしまうようなミスを起こしやすくなってしまいます。

ですが、身体の使い方を意識するのではなく、
まずクラブヘッドを振り降ろすという意識なら身体が勝手にクラブに合わせてスウィングを微妙に変化させてくれます。

ドライバーはこう振る、ウェッジはこう振ると幾つもチェック項目を作って振るよりも
遥かにターゲットに対する意識が持てるので、バーディーチャンスも増えてくるかと思います。

スイングのフォローで左肘が引けるクセは簡単に直る

フォローで左肘が引けているスイング

左肘が引ける原因

しっかりと脇を締めて、前傾姿勢を崩さず、
左サイドを回して、クラブを溜めて、左サイドに振りぬく、
この様にしっかりとイメージしているのに実際にボールを打つと

「どうやっても左の脇が開き、左肘を引いてしまう」

という方にお会いする事が多いのですが、
これら全ての意識が左肘を引かせているそもそもの原因となります。

勿論、前傾姿勢のキープ自体は大事ですが、
トップオブスウィングからダウンスウィングにかけて
左サイドを積極的に回して、脇を締めて、
クラブを溜めて振り降ろそうとすると殆どの場合が振り遅れてしまいます。

そのまま振ればクラブの抜け道が無く、
ヘッドターンも行えない為

「ダフリ」「プッシュスライス」

になる等、大きなミスが起きてしまうので、
それを回避するために左肘を無意識に引いてしまいます。

この時、前傾姿勢をキープする意識が弱ければ、
上に伸び上がる事でこれを回避して打とうとしてしまいますが、
どちらにしても力強いボールを打つことは出来ません。

この様にどれだけ意識しても左肘が引けてしまうのは、
意識している動きが原因で起こるミスショットを無意識に回避しようとしているこのが原因となります。

左肘の引けは飛ばないサイン

この左肘の引けは言い換えれば

「振り遅れている」
「ヘッドが走っていない」

というサインでもあり、

所謂「手打ち」になっている状態です。

クラブ本来の動きを肘の動きで変えてしまい、
大きなミスにならないように調整してしまっているので、
ダウンスウィングからのヘッドの運動エネルギーを生かすことができず、
短くて捕まりの良いユーティリティーやショートウッドはまだ打てても、
ドライバーでの飛距離不足やスライス球、またショートアイアンでの
距離のばらつきといった問題が起きてしまいます。

そして、そのスウィングに慣れてくると本来、スウィングの安定を生むための
クラブの重量が扱いづらい物へとなってしまい、極端に軽いクラブ、柔らかいクラブでないと
振れないといった症状も出てしまいます。

頑固なクセの治し方

どうやっても肘が引けてしまうという方は、クラブを溜めて打つのを止めて、
ダウンスウィングで左サイドを回す意識を一度取り払ってみてください。

ダウンスウィングで左サイドを飛球線方向に回す、
所謂左リードの動きを一切しないようにするのです。

まず、ダウンスウィング開始時からクラブヘッドを動かすのを我慢して
最後の最後にボールに当てに行くという動きは振り遅れの最大の原因となります。

そしてその振り遅れを深刻な物にしてしまうのが左サイドの回転なのです。

左サイドの回転が止まっていれば、クラブが身体の正面から大きく外れる事が無いので、
振り遅れを起こそうと思ってもヘッドはある程度タイミング良く降りてきます。

しかし、左サイドが回転し過ぎていると幾らでも振り遅れを起こせる状態になってしまい、
クラブを溜める動きと合わさって、修正不能なほど振り遅れ、それでもミスショットにしない為に、
前傾姿勢を崩して上体を起こすか肘を引くしかなくなってしまいます。

弱々しい肘引けのスウィングから力強いスウィングへと作り変えるためにも、
まず左の回転を止めて、しっかりと自然なクラブの動きで球を捕まえるようにしてみて下さい。