approach-1

短い距離ほどミスが辛い

ラウンドではメンタルが大事とよく言われますが、
このメンタルを保つためにもアマチュアは
短い距離を打つ時ほど気を付けなければなりません。

短い距離程ミスした時にショックを感じてしまう理由としては
「短い距離」=「簡単」という考えも勿論ありますが、
もう一つ大きな理由としてはイメージの失敗があります。

これは、ドライバーのティーショットや長い距離のセカンドショットでは、
どうしても弾道のイメージが曖昧にか持てないため、
どんな失敗をしてもOBでさえなければ良しとできる心の余裕があります。

しかも次のショットが良ければ、
帳消しにできる可能性もあるので前向きにミスと向き合う事が出来ます。

ですが、これが20y前後にもなってくると、
途端にショットの成功イメージが強く出てきてしまいます。

例え、多少ミスしても良いと思いつつも、理想とする弾道が浮かび、
今まで以上に理想的な結果を強く望んでしまいます。

この状態で、ザックリやチョロをしてしまうと「理想とのギャップ」
を強く感じてしまい、精神的なダメージとなってしまいます。

しかし、この20y前後のショットほど厄介な物はありません。

ロブショット等は別として、これだけの距離しか飛ばさないショットは、
殆どクラブヘッドに「力」を与える事が出来ません。

それ故にボールのライ、つまり芝の種類や芝目、
ボールの浮き沈みや僅かな傾斜からも非常に大きな影響を受けてしまいます。

綺麗にボールに当たれば完璧に20yのスウィングをしたとしても、
強い芝目にクラブが引っかかってしまえば1yも転がらない可能性もあるのです。

右の手だから出せる距離感

短い距離は難しいと言ってしまいましたが、
これはあくまで今の主流になっているスウィングでの話しとなります。

現在のクラブにはAWにもSWにも「バンス」が付いており、
更にソール形状も工夫されていますので、
それを使えれば短い距離も特に難しい物ではありません。


wedge


しかし、どうしても左サイドを動かすスウィングでは
インパクト直前の入射角が大きくなり、上からクラブが降りてくるために、
クリーンにボールを打つことを強制されてしまいます。

よくSWのリーディングエッジをボールと地面との隙間に入れて
綺麗にボールだけ打とうと練習されている方も見かけますが、
コースでそれをするには相当な練習量が必要になってしまいます。

ですが「右手のゴルフ」は非常にインパクト直前の入射角が小さいため、
ウェッジに備わったバンスを有効利用でき、
ボールをクリーンに打つイメージも不要になるため、
アプローチを非常に簡単なものにしてくれます

そして何より「利き手」を最大限に使えるので距離感が格段に良くなります。

右利きの方がゴルフボールを持って
20y先のカップに入れて下さいと言われれば確実に右手で投げるはずです。

なるべく20yを越えないようにと言われれば下手投げになるでしょう
これが素直な身体の使い方だと思います。

間違っても左手でしかも手の甲を目標に向けながら
バックハンドトスのような投げ方をすることは無いはずです

ですが、ゴルフとなると急にそんな動きを教えられてしまいます。

ゴルフを始めたばかりの頃、
上手くなりたいならアプローチを沢山練習しろと
私も同僚や上司からよく言われましたが、
なるほど左手でバックハンドトスをしろと言われれば
上手くなるのに相当な練習が必要なのも納得してしまいます。

20ヤード以内はコックもフェイスローテーションも使わない

飛ばす必要が全くない20y以内のアプローチでは、
コックやフェースローテーションは不要となります。

コックが入るとヘッドスピードの調整が難しく、
思いのほか距離が出てしまったり、
上からクラブが降りてきやすくなったりとデメリットが多くなってしまいます。

フェースローテーションも、
これをしてしまうとスピン量が不安定になったり、
インパクトできっちりとフェースが戻って来なかったりしてしまうので、
どうしても距離感や再現性が下がってしまいます。

たまに雑誌等でプロが、止めるアプローチならフェースを返さない、
転がすならフェースを返す。とコメントしているのを見かけますが、
それほどフェースのローテーションは距離感に影響が出てしまいます。

これは芝の上から常に練習できるプロだからこそできる調整方法でもあるので、
まずはフェースローテーションをせず、常に狙った距離を打てるようにしておくことが大事です。

また20y以内、特に10y前後のアプローチでは
「飛ばさない工夫」も必要になってきます。

最も簡単に飛距離を落とす方法は
グリップとヘッドの運動量を同じにすることで、
その場合のテイクバックは身体は使わず右手の甲を後ろに引くだけとなります。

後はパターでアプローチをするように
右手とヘッドを同調させて同じように動かしてやれば
不意な飛び過ぎを防ぐ事ができます。

この時も、左サイドは動かさないようにだけ注意してください。