100切りの為に必要な練習とコツとは?

今日は100切りを目標にしている
人についてお話したいと思います。

実は100を切れない人の原因はティーショットにある

100を切る為には何が必要か?

雑誌やレッスンでも色んな事が
言われています。

皆さんは100を切る為に必要な事は
何だと思いますか?

パッティングですか?

アプローチですか?

私はまず、ティーショットだと
思っています。

100を切れない人は、
ティーショットでのOBが多いです。

もしくはOBにもならない位の
完全な飛距離不足。

まずはスライスOBを直すだけで、
100切りはあっという間に近づきます。

100を切る為には、まず
ある程度飛ばす。

そしてコースの中にボールを残す。

実はこの程度でいいんです。

しかし、これが出来ずに
大叩きをしてしまって100を切れない
人が多くいます。

100が切れない人のほとんどが
スライサーです。

フックを打って100が切れない人は
そう多くありません。

一番最初にやって頂きたい事は
スライスを直す事です。

これだけでOBが減り、
飛距離も伸びるので、セカンド以降の
ゴルフが楽になります。

その為にはダウンスイングで
右手を使う事です。

右手を使えば必ず
フェイスローテーションが行われるので、
スライスは簡単に直ってしまいます。

スライスが直れば、それだけでも
飛距離は伸びます。

パッティングやアプローチも重要ですが、
まずはここから始めて下さい。

ティーショットに大きな不安がなくなると、
落ち着いてラウンドする事が出来ます。

また、ゴルフが楽しくなります。

100切りを目指す人は、まずここから
スタートして下さい。

距離感が掴めると100は切れる

そして、その次に大切なのが、
距離感です。
~~~~~~

距離感とはパッティングや
アプローチでの距離感ですが、
あまりシビアな距離感は考える必要はありません。

3パットを3回程度に収める位でいいんです。
アプローチは取敢えずグリーンに乗ればOK。

こんな程度で十分なんです。

そして距離感は特別な事をしなくても
養えるんです。

それは右手が持つ本来の感覚を活かす事です。

右手で誰かに下手投げで物を投げる時の
感覚です。

右手で地面にボールを転がす時の感覚です。

これは、皆さんが必ず持っている感覚なのです。

この感覚を無視して、振り幅や左手リードで
距離感を出そうとしても無理なんです。

右手にある感覚を活かして頂ければ
距離感は必ず合ってきます。

100を切る為の簡単な練習方法

100を切る為には、スーパーショットは必要ありません。

点数で言うと60点位のショットで十分です。

しかし、常に100点満点のショットを
目指していたり、

逆に何も考えなしで打ってしまうと、
20点や30点のショットを打ってしまいます。

では、60点のショットはどうやれば
打てるのか?

まずは、思いっきり振り回す事を
やめてみましょう。

基本的にハーフスイングから
スリークォーターで練習してください。

その上で、練習場で練習する時に
意識して欲しいことがあります。

もう少しで100が切れそうな人でしたら、
ティーショットでそこまで大きなミスは
しないと思います。

しかし、セカンドで大きなミスをしたり、
100ヤード以内から打ってはいけない場所に
打ってしまっている人が多いと思います。

ですので、練習場で100ヤード前後の
練習を重点的にやります。

その時にほとんどの人が、「100」と書かれた
看板などをターゲットにしていると思います。

これが良くないんです。

ターゲットを絞りすぎると、
前後左右へズレた時に、どこが許容範囲なのかが
曖昧になってしまうんです。

実際にゴルフコースで、残り100ヤード。
ターゲットがピンだとして、右にアゴの高いバンカー、
奥からのパットはとても速い。

こんな状況はよくあります。

この状況下では、右と奥には
打ってはいけません。

ターゲットの左と手前ならOKです。

しかし、練習場で漠然と「100」の看板を
めがけて打っている人は、奥にも右にも外します。

ですので、練習の時から、

「ターゲットのどちら側に落とすか?」

を決めて練習して下さい。

例えば持ち球がドローならば、
ターゲットより左に落とすことは簡単です。

逆にスライスの人なら、ターゲットより
右に落とすことは簡単です。

自分の持ち球も考えて、
ターゲットのどちら側に落とすのか?

ここを明確にイメージしながら
練習して下さい。

例えば、3球連続で目標の左に落とす。

とか

3球連続で目標より手前に落とす。

などの練習が効果的です。

練習の時から、この考えが身についていれば、
コースでグリーンを狙った時に、
打ってはいけない所に打たないようになります。

グリーン周りで叩くことがなくなります。

この練習を続ければ、左右のブレに対しても
効果的ですが、アイアンの距離感もしっかりと
養うことができます。

ただただ目標に真っすぐ打つ練習では、
なかなか100は切れないと思います。

思い切った練習をしてみてください。

100を切る為のコツは飛距離アップにあった?

私は100を切る為には、敢えて
5Wや7Wでのティーショットが有効だと思っています。

こう書いてしまうと、

「私は飛ばないので、刻むとスコアになりません」

と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、勘違いをされるアマチュアゴルファー多いのですが、
私は基本的にゴルフは、飛ばすことを
念頭においてプレーしています。

なぜなら、飛ぶことはとても有利だからです。

では、なぜ100切りの為にティーショットで
5Wや7Wを使うようにするのか?

右手のゴルフを始めて、
まず最初に自分のドライバーの飛距離を
大幅に伸ばす事が出来たからです。

ドライバーで200ヤードしか飛ばない人が
230ヤード飛ぶようになると、5Wで打っても
200ヤードは飛びます。

同じ200ヤードですが、
クラブはドライバーと5Wの差が出ます。

どちらの方が精度の高いショットが打てるかは
誰でもお分かりになるハズです。

右手のゴルフで100を切るということは、
まずは飛距離アップをして、
クラブの使用選択肢を増やす事だと思います。

ここを皆さんも勘違いしないで、
単純に刻めばスコアがよくなるとは
思わないで下さい。

まずは右手を使ったスイングを覚えて頂いて、
飛距離を伸ばします。

その上で、コントロールショットを身に付けたり、
クラブを限定したりする、マネジメントを覚えます。

こうして、飛距離の絶対値を上げてから
ショットの精度を磨けば100を切ることは
難しいことではありません。

それにいつも言っていることなんですが、
ゴルフは飛ばないと楽しくないですからね。

子供からご年配の方まで、絶対に今より少しでも
飛ばしたいという気持ちを持っています。

使用するクラブを制限する場合でも、
いつも大叩きするホールに限定しても良いと思います。

さらに、ティーインググランドに立ってから
「狭い」とか「何か嫌だ」とか
プレッシャーを感じるホールだけでもOKです。

これだけでスコアは大きく変わります。

平均スコアが110台の人なら、
あっという間に100が切れてしまうと思います。

皆さんも、

「飛ばせるけど、飛ばさないゴルフ」

を身に付けてスコアップを目指してみて下さい。