ゴルフ アドレスで作る手首とシャフトの角度でボールの高さが変わる

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ハンドダウンの効果とは




フェースローテションを最大限に使う



構えた時に自分の腕とクラブは一直線にはならないと
思います。


必ず、手首に角度がついていると思います。
この角度によってボールの高さを変える事が出来ます。


基本的に手首により角度をつけると、フェースが
ローテーションする為、球は高くなります。


逆に角度がなく、腕とクラブが一直線になれば
コックを使う事が無く、フェースがローテーション
しない為、ボールは低くなります。


この基本が分かっていれば、状況に応じてアドレス時に
手首の角度に変化をつける事で、ボールがコントロール
出来る事になります。



ティーショットとバンカーショットでは必須



私が実践している右手のゴルフでは、基本的に構えた時に
手首に角度をつけて構える様にしています。


その最大の理由はクラブのフェースローテションです。


右手のゴルフの最大の特徴はフェースローテションです。
片山晃プロもゴルフで最も重要なのがフェースローテション
と言っています。


ゴルフクラブは野球のバットなどと違い、シャフトの
延長線上にスイートスポット(芯)がありません。


少し離れた所にあります。これをクラブでは重心距離という
そうです。


この重心距離という存在がある以上、フェースローテションは
必須という事なんです。


特に必要なのがドライバーなどの長いクラブを打つ時です。
飛距離と必要な打出し角を得る為にはフェースローテションが
絶対です。


あともう一つ、ガードバンカーからのバンカーショットです。
バンカーショットはダフらせる必要がある為、フェースを
しっかりとローテーションさせなければいけません。


以上、2点のケースでは、絶対にハンドダウンに構えて
手首に角度をつけた方た構えの方がボールが上がり有利です。



ハンドアップの効果




ボールに直接コンタクトさせたい時



上にも書きましたが、ハンドアップに構える。
つまり、アドレスした時に手首の角度を小さくして
腕とクラブのシャフトが一直線に近くなる構え方です。


少し手の位置は高くなって、ボールとの距離も近くなります。
ハンドダウンは逆にグリップの位置が低くなり、
ボールとの距離は遠くなります。


因みに、ハンドアップの構えはボールとの距離が近いので
アップライトなスイングになります。
ハンドダウンではフラットなスイングになりやすい。


この特徴をコース内で生かしたいのなら、
絶対にダフりたくない時が有効です。


クリーンにボールを打ちたい時は、ハンドアップして
構えるといいと思います。



クロスバンカーとグリーン周りでハンドアップ



ハンドアップして構えてのショットを最も活かせる場面が、
クロースバンカーからのショットとグリーン周りからの
アプローチショットです。


まずどちらも、ダフると致命的なミスショットになって
しまいます。


そんな時は、グリップを指2本分くらい短く握って、
ボールの近くに立ってみて下さい。


自然と手の位置が高くなり、ハンドアップの構えになります。


この時、1点注意点があります。


それは、体重を右に移動させないことです。
どちらもフルショットの様な大きなショットではないので
体を揺さぶらない様にスイングする事が重要です。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



左一軸打法と右手のゴルフは相性が良い!飛距離アップと再現性の高いスイング

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


なぜ左一軸打法で失敗する人が多いのか?

 

リバースピボットの連続で飛距離も落ちる

数年前から、雑誌などで左一軸理論がもてはやされて
います。

似たような打ち方にスタックアンドチルト打法
という物もあります。

練習場でもこの言葉は良く聞いていました。
練習場仲間同士で挑戦しているけど、
全く上手くいかないとか。

周囲でやっている人は何人かいましたが、私は当時
左一軸の打ち方には全く興味がありませんでした。

しかし、右手のゴルフを始めてから左一軸スイングと
右手のゴルフは相性が良いと片山プロが言っているのを
聞いて挑戦してみました。

実際にやってみると、思ったよりずっと簡単に出来て
しまいました。

ネットで左一軸スイングの評判を聞いてみると、
多くのゴルファーが失敗してるようでした。

youtubeで動画なども見ましたが、私でも分かるレベルで
リバースピボットになっている人が大勢いました。

左サイドを動かしてしまう事が失敗の原因

右手を使うスイングで左一軸スイングをやってみて
思った事は、左サイドをいかに動かさないかがポイント
だと思います。

ほとんどの人は、左に体重をかけたまま体の左サイドを
主体にクラブを振っていると思います。

せっかく左に軸を作っても、そこを動かしてしまえば
もう軸にはなっていないと思います。

というか、軸が動いたりブレたり、傾いたするので
右足に体重が残ったり、不安定なスイングになります。

だから、カッコ悪いギッコンバッタン状態で、
飛距離も落ちてボールも安定しないのスイングに
なってしまうのでしょう。

結局、左一軸と言いながら、左サイドを動かす事が
失敗の一番の原因だと私は思います。

右手を使わなければ左一軸にはならない

 

軸は動かないから軸になる

上にも書きましたが、「左一軸」なので左に軸が存在します。
その軸を動かさない事が左一軸打法です。

その為にはどういうスイングをすればいいのか?
右手でクラブヘッドを振ってあげるだけでいいんです。

右手でクラブヘッドから下に落とせば、体の動きは止まります。
体重が左右に動いたり、重心がズレる事はありません。

最初に軸を意識した、左股関節の場所から軸は動きません。

『左を止めて右で振る』

非常にシンプルで合理的なスイングだと思いませんか?
実際に私でも出来る位、シンプルで簡単なスイングでした。

遠心力がかかり飛距離もアップする

私は他の人は違い、左一軸打法をやっても飛距離が落ちる
事はありませんでした。

おそらくですが、先ほどから言っている様に左サイドを止めて
右手でクラブヘッドから落としているので、
凄くヘッドに遠心力がかかるんです。

上手くいった時は、フォロースルーで遠心力がかかったヘッドに
体ごと持っていかれそうになる場合があります。

それだけヘッドに遠心力がかかった時はやはり飛びます。
左一軸は飛ばないと言っている人は、左一軸では打ててないと
思います。

右手のゴルフだと、バックスイングで左膝を前に出して
右膝を伸ばす。

そうすると、体を捻らなくても胸が後ろを向くんです。
その状態で、手を正面に上げればトップが出来ます。

ダウンスイングではクラブヘッドから落とす事と、
胸を後ろに向けたままスイングするだけです。

これで、体重が右足に移動したり残ったりする事はありません。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



ゴルフスイングにタメは必要ない!コックを早くリリースするだけ

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


タメるゴルフスイングはもう古い

 

タメるスイングの弊害

今までのスイング理論では、クラブを溜めて下ろすとか
右腕を溜めて、一気に解放するとか言われています。

しかし、実際に『タメ』を意識すると私は全く打てません。

現実ではどぷなるかと言うと、必ずプッシュして右に
飛び出すか、スライスです。

酷い時はプッシュスライスで打った瞬間からOB確定です。

なぜ、そんな結果になるかと言うと、右手を溜める
体にくっつけてダウンスイングをすると、100%右肩が下がる
からなんです。

実際に、今試してみて下さい。

ゴルフのグリップをして、ダウンスイングで右肘を体に
くっつけてみて下さい。

絶対にアドレスした時より右肩が下に落ちて左肩が上がります。

体重も右に残りやすく、リバースピボットや、明治の大砲。
カチ上げるスイングになってしまいます。

右肩が下がると、クラブが寝た状態で降りてくるので、
ダフりやすくなります。

あと、右手を縮めてスイングすると、インパクトでフェイスを
スクエアに戻せなくなります。

結果的にクラブフェースが開いた状態で打ってしまうので、
プッシュかスライスになってしまいます。

私は、アイアンでタメを意識してスイングすると、
シャンクが出る事もあります。

長いクラブでは不可能なスイング理論

右手のゴルフの著者である片山プロ曰く、

昔のクラブは固くて短かったので、溜めて一気に解放する事で
効率よくボールにパワーを伝えられ、かつフェースをスクエアに
戻すことも出来たそうです。

現在の長いクラブ。
特にドライバーは42インチが最大で47インチまで(市販品で)
長くなっているので、溜める動作を入れると、フェースを
アドレスの位置で真っ直ぐに戻すのは不可能だと、私も思います。

結論として、現代の軽くて長いクラブを使用するなら、
ゴルフスイングにタメは必要ないと思います。

コックをリリースするタイミングとは?

 

ダウンスイングの始動から一気に右手で解放

タメる動作と全く反対の動きと言えば、『解放』になります。

ゴルフスイングの中で解放というと、何をイメージしますか?
私は右手のゴルフをやっているので、1つしか思い浮かびません。

それは、コック・コッキング、解放です。

右手のゴルフでは、切り替えしから、いきなりクラブヘッドを
真下に落としていきます。

決してボールの方向ではありません。
自分の右側、下手をすれば、背中側に落としていくような感覚です。

この動きを可能にさせる為には、ダウンスイングですぐに
コックを解く必要があります。

アーリーリリースは悪い事ではない

雑誌などでは、アーリーリリースがダフリの原因とか
言われていますが、私はそうは思いません。

解放が早すぎる事が原因ではなく、右肩が下がることが原因だと
思っています。

私なりの解釈では、アーリーリリースは悪い事ではないと
思っています。

理由は簡単です。

よく皆さん、練習場でも、ダウンスイングからインパクトの形を
スローでやりませんか?
または、そういう人を見ませんか?

その時に必ずボールの前でフェースは真っ直ぐになっているハズです。

しかし、実際にはインパクトに間に合っていないので、
ボールが右に出たり、スライスしたりする訳です。

フェースローテーションが遅くて、ミスショットをしているので
意識的に速く、フェースをスクエアにしてあげるだけで、
ナイスショットが出るのが右手のゴルフの特徴です。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



松山英樹のスイングはなぜ飛距離が出るのか?秘密は縦のツイスト打法

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


アメリカーツアー平均飛距離:317ヤードで1位

 

松山英樹もマキロイもツイスト打法の使い手





2013年、アメリカツアーで平均ディスタンスで
松山選手が1位になったのをご存じですか?


彼は日本人としても非常に大きなスイングアークと
ダイナミックなスイングで飛ばしていましたが、
アメリカでも通用していたいたようです。


そして、飛距離と言えばもう一人。
ローリー・マキロイです。


彼ら2人に共通している事と言えば、
PGAツアーに参加している欧米人の中では
決してフィジカルに恵まれていないという点です。


松山英樹選手は日本人としては大きく見えますが、
身長は180cmです。


マキロイは175cmしかありません。


そんな彼らのスイングと飛距離の秘密は
ツイスト打法にあると片山プロは言っています。


おそらく本人達にはツイスト打法という自覚はない
と思います。


しかし、動画でマキロイや松山英樹のスイングフォームを
見ると私でもツイストで打っているのが分かります。



縦のツイスト打法ってどんな打ち方?

 


今までのツイストはボールの進行方向に対して
ブレーキをかけるか、反対方向へ力をかけました。


このツイスト打法では、力を縦方向にかけます。
縦にかける事によって、ヘッドスピードが加速します。


でも私はこれが出来ません。


産みの親の片山プロも言っていますが、ある程度
下半身が強くないと打てない打ち方だそうです。


ある程度の脚力がないとできない打ち方だそうです。


今までのツイスト打法とは違って、関節レベルで
動きを変える訳ではない。


下半身の筋力でスイング中に上下にブレーキをかけて
ヘッドスピードをアップさせる打ち方なんです。


 

縦方向にブレーキをかけてヘッドを前に走らせる

 

前傾角度を維持して左膝を伸ばす





実際に縦のツイスト打法のスイングは、
アドレスからバックスイングまでは通常の
スイングと同じです。


ダウンスイングの途中で、左膝を思い切り伸ばします。
ただし、下半身は上下に伸ばしながらも前傾は崩しません


頭の位置を前後(飛球線方向)に動かさない様に気を付けている
人は多いと思いますが、これは上下に動かさない様にします。


テレビの映像やyoutubeのスイング動画などを見て下さい。
2人とも、左膝が一気に伸び上がりながらも、頭はの位置は
変わらず、前傾姿勢が維持されています。


これが縦のツイストです。


本来、体の左右に運動しているゴルフクラブや
ヘッドに対して、体を上下に使いブレーキをかける。


体の左右への運動を、強制的に止めてクラブヘッドを
爆発的に加速させます。


彼らが使う非常に硬いシャフトでも、ツイストを
かけた瞬間、大きくしなるのが分かります。



ローラ・デービースも縦のツイストで爆発的な飛距離を出している





昔からのゴルフファンなら知っている人も多いでしょう。
イギリスきっての飛ばし屋。。。


というか女子ゴルフ界を代表する飛ばし屋、
ローラ・デービースもこの打ち方をしている選手です。


50歳を超えても、男子プロのような飛距離。
若手の女子には絶対に負けない飛距離。


実はこれこそが、我々アマチュアゴルファーの
お手本ともいえる飛距離アップの道ではないでしょうか?


年齢や体力(女性でも)に関係なく、遠くに正確に打っていける
打ち方はプロならではの打ち方というより、
アマチュアの為のスイングだと思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



右肩・右膝・右腰が理想の動きをするスイングは足のツイスト

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


先日お伝えしたツイスト打法ですが、
沢山あるらしいです。

手のツイストの他に

「足のツイスト」「腰のツイスト」「縦のツイスト」
があるそうです。

これらの打ち方はそれぞれが独立したスイング理論では
ありますが、合わせて行う事で驚異的なヘッドスピードUP
が可能になるそうです。

私も、手のツイストと足のツイストを同時にやっています。
私でも出来る位、この2つのスイングを同時に行うのは簡単です。

細かい説明は後でしますが、練習場でなくても家でスイングの
素振りをしてみて下さい。ヘッドの走らせ方がすぐに分かります。

ベタ足スイングの強烈版?

右足つま先をスイング中に開く

以前お話しましたが、このツイスト打法という打ち方は
進行方向に対してブレーキをかける。
または、逆の方向に動く。という打ち方です。

そうする事によって、クラブヘッドを強制的に加速させて
爆発的な飛距離を生み出すというスイング理論です。

では足のツイストはスイング中にどういった動きをするのか?
非常に簡単です。

ダウンスイングの開始で、右足のつま先を外に開くだけです。
右足のつま先が、飛球線方向と反対に向けばいいのです。

これがツイスト打法のブレーキであり、反対方向への運動に
なる訳です。

なぜ、右足を開くだけで飛距離が出る?

私もやってみるまで、なぜこんなことで飛距離がアップする
のかサッパリ分かりませんでした。

しかしやってみると、右足がめくれたり、
送られる事がないので左サイドの壁が一切崩れません。

左腰のスウェーもまず起こりません。
頭と体が動かずに、手とクラブヘッドだけが動いていく
感じになります。

実質、飛距離が伸びたというよりは、
今まで体の左サイドを動かすことで、飛距離をロスしていたのが
矯正された感じです。

今までのスイングでいかに無駄な動きをして、
飛距離を損していたかがよく分かります。

足のツイストをやれば、ゴルフスイングを左サイドや左手で
やらずに右手を使う感覚がよく分かります。

右足に体重が残って入れば出来ないスイング

ダウンスイング中に右足を動かすスイングになるので、
当然、右足体重のスイングではできません。

足のツイストの良い所は、足でツイストをかける為には
絶対に左足体重でスイングしなければできない所です。

上に書いたように、飛距離の出る打ち方ですが、
スイング中に体重が左右に動かず、軸がブレないので
とても再現性の高いスイングになります。

スイング中に胸、肩、腰、体が開かない再現性の高いスイングになる

胸の向きが出球の方向を決める

足でツイストをかけると、体を左側に回転させる意識が消えます。
というか、意識的に体を回転させてスイングする事ができません。

クラブを振って、ヘッドがインパクトを終えてから体が付いていく
感じになります。

そうすると、スイング中に絶対に胸や肩、腰が開きません。
よく雑誌でも肩を開くな!と言った記事を見かけますよね?

しかし、私が自分で感じるのは、肩ではなく、胸です。
胸が向いている方向から90度左にボールは飛び出していきます。

なので、胸がアドレスと時と同じ角度なら出球は真っ直ぐです。

今の私の持ち球はドローなので、少し胸を閉じた状態くらいで
ちょうどですね。

最大飛距離を出しながら曲がらないスイング

まず、ツイストを手と足の2箇所でかけるスイングをすると
圧倒的に飛びます。

自分のボールではない様な球で、ゴルフが大きく変わりました。
それほどの飛距離アップです。

もう1つ凄かったのが、上にも書いたように、上半身が開かないので
曲がらないんです。

厳密に言うと、私はすでに右手のゴルフを始めていたので、
軽いドローボールを打っていました。

足でツイストを変える打ち方を覚えて、上体が開かない様になると
胸が閉じたままインパクト出来るようになりました。

おかげで、ボールはやや右に出て行きます。
そこから必ず左に戻ってきます。

これでショットが今までと比べ物にならない程、安定しました。

体重移動のないスイングで入射角が安定

スイングの途中で右足を外に開く必要があるスイングなので、
構えた時からずっと、体重は左足寄りです。

体重を左にかけると、リバースピボットが怖いと思っていましたが、
ダウンスイングで右に体重が移動すると、絶対に足は開かないので
逆に、体重を左に保つことが容易になりました。

その上で右手を使って、クラブヘッドを体側面、飛球線後方に
落としていくので、かなりシャローな入射角になります。

というか、浅い角度でしかクラブが入ってこなくなります。
結果、クラブヘッドがボールのある高さを移動する時間が
長くなり、安定したインパクトが出来るようになりました。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



手のツイスト打法をゴルフでやるとドライバーの飛距離がアップする

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


私が右手のゴルフと出会って飛距離が伸びた中で
その中心にあったのが「ツイスト打法」でした。

このスイング理論は右手で行うゴルフの中でも
一番の肝だと私は思います。

今日は180ヤードが精いっぱいだった私が、ドライバーの
最大飛距離が260ヤードも飛ぶようになった方法を
紹介したいと思います。

爆発的にドライバーの飛距離が伸びる打ち方がツイスト打法

巨人の阿部選手で有名になった?

元々、ツイスト打法という言葉自体は聞いたありました。
実は巨人ファンで巨人のテレビ中継は大体見てます。

私がこの打ち方を聞いたのが2010年頃だと記憶しています。
阿部選手がホームランを40本以上打った年だったと思います。

時々、外のストレートや緩い変化球を変なフォームで
ホームランにしてしまうのを見たのが最初ですね。

タイミングがズレた時に瞬間的に腰を止める、
腰を逆方向に回転させる。

これがツイスト打法の正体のようです。

腰の回転を止めるか、逆に回すかで
バットのヘッドを強制的に加速させて、一見すると
手打ちのような感じで打った打球がホームランになる。

見た目と結果のインパクトが凄い打ち方でした。

白井一幸選手が名付け親

我々世代だと知っている人もいると思いますが、
元日本ハムファイターズの白井選手が現役時代から
やっていたそうです。

元々野球の世界でツイスト打法はあったそうです。

白井選手は引退後にこのツイスト打法をコーチとして
選手に指導したそうです。

その指導を受けた選手の中に、森本稀哲選手、田中賢介選手、
小谷野栄一選手と、3割バッターを多く育成した実績のある
打法のようです。

これは、片山プロ著書の「右手のゴルフ2」に書かれていました。

このツイスト打法をゴルフに取り入れたのが片山晃プロ

この野球で有名な打ち方をゴルフに取り入れて、
驚異的な飛距離アップを可能にしたのが、
片山晃プロだそうです。

最初に出会った、「右手のゴルフ」には書かれていません
でしたが、右手のゴルフを始めてすぐに効果を実感したので、
本屋で探して見つけた「右手のゴルフ2」に書かれていました。

その後、色々調べてみると他にもツイスト打法を教えている
人もいるみたいですが、私は片山プロのツイストを試そうと
思いました。

その理由は本の中にも書かれていますが、
上に書いた白井一幸さんとの出会いは、福島大学の白石豊教授
という方の紹介だったようです。

この教授はスポーツ運動学でかなり有名な方みたいです。

私としては、理論的に明快な理論でなおかつ、実践する事が
簡単だと感じたので、このツイストを取り入れる事にしました。

 

 

スイング中のパワーにブレーキをかけてヘッドを加速

右手のゴルフとツイスト打法は相性がバッチリ

最初に右手のゴルフを始めて、すぐにドライバーの飛距離が
200ヤードくらいまで伸びました。

この飛距離アップにも結構驚いたんですが、
ツイスト打法はさらに衝撃的でした。

200ヤードでも満足気味だった私の飛距離が一気に
230ヤードから250ヤードも飛ぶようになったんです。

これは本当に衝撃的でした。

しかも、右手ゴルフを始めていたので、
難なく出来てしまったんです。

これは、この爆発的に飛距離を伸ばす打ち方と右手のゴルフ
の相性が良かったからです。

私はDVDも持っていますが、その中でも右手を使わないと
出来ないと言われています。

しかし、逆に言えば右手を使えばいとも簡単にヘッドスピードを
上げて、驚異的な飛距離アップができるのです。

手元にブレーキをかけてヘッドを加速させる打ち方

右手を使ったスイングをしていると、必ず右手が
インパクトゾーンで左手を追い越します。

これがミソだと思います。

インパクトの時に、手元でグリップの端、グリップエンドを止める
様にして打てば、ヘッドが一気に走ります。

イメージとしては左手でグリップを止めて、右手でヘッドから
振り下ろしていく感じです。

これをインパクトに合わせてやるのではなく、ダウンスイングの
開始でいきなりやります。

これが野球のツイスト打法みたいに、スイング中で止める、
反対に動かすという動きになっているのだと思います。

ゴルフのクラブ、特にドライバーは45インチ以上もあるので、
ヘッドに遠心力がかかって、自分じゃないみたいなヘッドの走り方
をしてボールが飛んでいきます。

アスリートではない一般人が可能なスイング

片山プロも生みの親である白井選手もこのツイスト打法は
体力のない人ほど有効だと言っています。

これは本当のことでしょう。

なにせ、私のような還暦近い人間が出来るスイングで、
結果、非常に飛ぶスイングに簡単に変わりました。

雑誌などで見ると、明らかに自分にはできないだろうなと思う
スイングがあります。

しかし、この体を使わずにクラブに100%の仕事をさせる打ち方は、
アマチュアゴルファーにこそ合うスイングだと私は思います。
もしも、「若い時はもっと飛んでいたのに」とか
「ゴルフを始めてからずっと飛距離が出ない」とか

病気や怪我や手術などで、ゴルフから離れる期間があって
ゴルフを再開した復帰した、けれど以前のような飛距離が出ない。

という人は、片山プロが勧めるツイスト打法を試してみて欲しいと
思います。

実際に180ヤードが限界だった私が、55歳を過ぎて
250ヤード以上飛ばせるようになったので、誰でも出来るゴルフスイング
だと思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



ゴルフの打ち方は手打ちの方がドライバーの飛距離が伸びる?

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


片山晃プロが勧める「右手のゴルフ」を始めて、
ゴルフのほとんどが変わりましたが、一番変わった所は飛距離です。

驚いたのは、右手のゴルフでは体を動かすのではなく、
クラブヘッドを早く動かすという事です。

その為には、まるで手打ちのような打ち方が
一番ヘッドスピードが速くなって、ドライバーの飛距離がアップする。

やり始めた頃はあまり意味が分かりませんでしたが、
現在では、手打ちの方が飛距離が伸びるのはよく分かりました。

というか、体を沢山動かすスイングはとても難しいですね。
ある部分は速く動かしたり、大きく動かしたりしながら、
別の部分は動かさないとか、複雑な動きが多いと思いませんか?

私はそんなに器用でもないですし、本格的な運動経験がありませんでした。
そんな私からすると、ゴルフを始めて教わったスイングの内容は
あまりにも、難しいものでした。

最初は会社の同僚に練習場で教えてもらっていましたが、
すぐに「そんなに手だけでクラブを振っても当らない」
と言われていました。

その頃の私は、手を使ってスイングすることは間違ったスイングだと
思っていました。

しかし、今から考えるとボディーターン中心のスイングの方が
間違いだっと思います。

手でクラブを持っているので、クラブは手で振るに決まっています。
しかも、右利きの私は器用なのも力が強いのも右手です。

片山プロの右手のゴルフに出会ってからは、
その手打ちを一生懸命しています。

片山プロのスイング理論はとても分かりやすいです。

野球やゴルフのスイングで「左の壁」という言葉がありますが、
練習場でスイングの動画を撮ってみて下さい。

絶対に左サイドが飛球線方向に動いてしまっています。
左サイドの壁が崩れている状態です。
右手のゴルフのスイングでは、左サイドを完全に止めて
右手で手打ちをするだけ。

こうやって手を振っていけば、左サイドに軸が出来て、
その軸が動かなくなるんです。

軸が動かずにスイング出来れば、ヘッドには遠心力がかかります。

クラブに遠心力をかけると、当然ヘッドスピードはアップして
飛距離も伸びます。

さらに、スイングプレーン上をしっかり通るスイングになるので、
インパクトでの入射角がシャローな角度で安定します。

鋭角な入射角でダウンブローに打つのが常識とされていますが、
私はそれでダフリばかりでした。

それを緩やかな入射角にして、ソールから滑るように打っていくと、
大きなミスショットがかなり減ってスコアが安定してきました。

手打ちを意識的にするだけで、ゴルフがここまで変わるのかと
今でも不思議に思います。

皆さんも体の回転とか腰の切れとかでゴルフをしていて、
100が切れないとか、ドライバーが飛ばない様であれば、
騙されたと思って手打ちを試してみて下さい。

きっと簡単にゴルフの悩みが解決されると思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



ゴルフで右手を使うと簡単に飛距離アップ

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフを始めて5年が経過した時に
たまたま、本屋で見かけたのが
「右手のゴルフ」という本でした。

今までゴルフは左手で振れと周りから言われて、
右手を使っちゃダメだと言われていたので、
見つけた時は衝撃的でした。

初めて右手のゴルフを実践してみて
体験したこと

・ボールがストレート系、ドローになった

・飛距離が一気に40ヤードくらい伸びた

・右腕だけが筋肉痛になった

右手でゴルフをするまで、お恥ずかしいのですが、
ドライバーで『空振り』も多発するくらい
へたっぴでございました。

右手のゴルフを実践した結果、
空振りは『ゼロ』になりました。

いつも空振りをしていた人間からしてみると、
これはけっこう驚けることです。

たまに強烈なフックボールが出たりもしますが、
ボールに当たらないということは、まずありません。

私が言いたいのは、右手のゴルフをすることで、
ただ空振りしなくなる!ということではありません。

右手のゴルフをすることで、
ショットに安定感が出る! ということです。

片山プロがおっしゃるように、
やはり利き手(右手)って器用~

ショットの安定感
それが、強く感じられると思います。

日々空振りで恥ずかしい思いをされている方、
空振りをしたくない方は、ぜひ右手のゴルフを試してみてくださいね。

 



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



ゴルフグリップ 右手の人差し指はトリガーグリップにしない

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフのグリップで『トリガーグリップ』と言われる
グリップをご存じですか?

右手のグリップをする時に人差し指を伸ばして、中指と離すように
握るグリップの形です。

右手の親指を真ん中ではなく、少し左にズラす形状で
右手の人差し指を伸ばす。
まるで、引き金を引くときのような握りのグリップです。

私は右手のゴルフに出会うまで、このトリガーグリップでした。

今こうやって思い返してみると、右手のゴルフに出会うまでは
片山プロがやってはダメと言っている事を、全てやっていた
気がします。

だから、飛ばなくて下手くそなゴルフだったんでしょうね。

トリガーの形を薦めている本やプロもいますが、
危険も多い握り方なので注意が必要です。

トリガーグリップはクラブヘッドを操作しやすい反面、
間違えたリストターンをしてしまう可能性があります。

インパクトでコックをほどくのではなく、コネてしまいやすい
特徴があります。

右手のゴルフで勘違いされやすいポイントですが、
片山プロはこのコネる動き、手首をローリングさせる動きが
ゴルフで一番いけない動き
だと言っています。

手首をコネてしまうと、フェースが地面を向いた状態、
すなわちフェイスが被ったスイングになってフックしか出なくなります。

こうなると、どんなに良いヘッドの軌道でもダッグフックしか出ません。

ですから、人差し指はトリガーにしない方が賢明です。
しっくりこない人や違和感を感じるは、矯正器具などを使って
慣れる事をお勧めします。

グリップの持ち方ですが、右手の人差し指と中指は離さない。
右手の親指と人差し指と中指で持ちます。

パームグリップやフィンガーグリップという言葉がありますが、

パームグリップは掌で握るグリップ。
フィンガーグリップは指で握るグリップです。

一般のアマチュアゴルファーにはフィンガーグリップが
適しています。

フィンガーグリップのメリットは力を抜いて握れる事です。
グリップを指で握ると、ゆるゆるで手首を柔らかく使えます。

手首を使ったスイングはヘッドが手元を追い越して先行する
ので、ヘッドスピードも速くなります。

持ち方を少し変えるだけで、フェイスローテーションがしかっりと行え
捕まりが良くなり、プッシュスライスが多い人でもドローボールが
打てるようになります。

グリップはそれだけゴルフの中でも大切な部分です。
しかし、グリップをしっかりと教えるレッスンプロもあまり見かけません。

また、練習場でグリップを確認しながら打っている人も見かけません。

しかし、右手のゴルフの片山プロはいつもグリップの重要性
指摘しています。

色んなDVDや雑誌・動画も見ましたが、右手を正しく使うスイングの
為には、正しいグリップが不可欠な様です。

ゴルフの経験が長いのに、ドライバーやフェアウェイウッド、アイアン、
アプローチのショットが安定しないのはグリップが原因かもしれません。

特に左のミスが多い人は、右手のトリガーグリップを確認してみて下さい。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます



ゴルフグリップの握り方 右手はオーバーラッピングかテンフィンガー

片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフのグリップは多種多様です。
 
グリップの正しい握り方を知りたい人は非常に多いですが、
雑誌やレッスンプロによって、言っている事がかなり違います。
 
 
よく、右手のグリップはインターロッキングと
オーバーラッピングのどちらがいいのか?
 
という質問をネットで見かけます。
 
 
一部のトップアマを除き、インターロッキンググリップは
アマチュアには不向きです。
 
理由は単純です。
インターロックグリップでは両手に一体感が出過ぎて
しまいます。
 
 
これは私も右手のゴルフを始めるまで、全く知りませんでした。
 
というのも、石川遼君のマネをしていたので、
片山プロがやってはいけないと言うという、
インターロッキンググリップでゴルフをしていました。
 
これが、私のドライバーショットが150ヤードしか飛ばない
原因の一つだった様です。
 
 
そしてこの「両手の一体感」ですが、一見いい言葉の様に
聞こえますが、アマチュアの我々には注意が必要です。
 
 
よくプロゴルファーが一体感と口にしますが、
彼らは元々かなりの飛距離を出せるゴルファーです。
 
 
そんな彼らがグリップの力加減を変えずに、多少飛距離を
落としても、方向性と再現性を求めたグリップが、
インターロッキンググリップです。
 
 
アマチュアゴルファーがこのグリップをやってしまうと
手首を使えず、フェイスローテーションが不足して、
インパクトでフェイスが開いた状態になります。
 
 
結果としてスライスや飛距離不足に悩む原因になります。
 
 
インターロッキンググリップの特徴は、手首を使えない、
または、角度が付かずにハンドアップになりやすい
グリップです。
 
 
しっかりと手首に角度を作って、使う為には
オーバーラッピンググリップかテンフィンガーグリップ
(ベースボールグリップ)の方が簡単です。
 
右手のゴルフでは構えた時に、左腕とシャフトの角度が
クラブにもよりますが、130°~150°の角度が付くように
アドレスする事をすすめています。
 
これは結構、ハンドダウンに構える感覚だと思います。
 
 
そして、グリップはしっかり握る事が間違っています。
親指・人差し指・中指でつまむように持ちます。
 
薬指と小指はかなり緩くグリップして下さい。
 
 
こうする事によって、クラブを下ろす角度が変わってきます。
 
体の近くに空間があるので、アドレスした時のグリップと体の
距離と同じ場所でインパクトを迎えられます。
 
より、体の近い場所をグリップが通る事で、
スイング軌道がインサイドアウトの軌道に近づきます。
 
右手のゴルフの最大の利点は、アウトサイドインだった、
スイング軌道を、簡単にインサイドアウトに変えることが
出来る所ですね。
 
 
一度、オバーラッピングかテンフィンガーグリップで素振りを
してみれば、この感覚が分かります。
 
グリップが正しいグリップになれば、力の入れ方、力の抜き方が
分かってきます。
 
親指側をしっかり握る。小指側は力を抜く。
 
 
また、テンフィンガーグリップでチーピンが出るタイプの人は
オーバーラッピングが良いでしょう。
オーバーラッピングよりテンフィンガーの方が手首を使えます。
 
 
逆に言うと、オーバーラッピンググリップで球が捕まらない人は
テンフィンガーグリップに変えると球の捕まりが良くなります。
 
私も、右手のゴルフを始めた当初は、テンフィンガーグリップ
(ベースボールグリップ)でした。
 
現在は、オーバーラッピンググリップです。
 
 
右手のグリップを正しいグリップに出来れば、
正しく右手を使ったスイングが出来ます。
 
 
「右手は添えるだけで、左手でスイングする」
 
こういった雑誌の文章を良く見かけますが、
これでスコアアップした、上達アマチュアゴルファーは、
ごく僅かです。
 
実際にそうやって、左腕・左サイドリードのゴルフ理論で
上達が頭打ちになっているアマチュアゴルファーがほとんどです。
 
本当に左腕・左サイドリードのゴルフで上手くなるなら、
世の中のゴルファーで、100が切れない人は存在してはいけない
ハズなんです。
 
 
矯正グッズや右手の握り方の動画をYouTubeで見るだけでもいいので、
右手のグリップの重要性を確認してみて下さい。
 



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜から金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます