片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフにおける左の壁は腰を切ると崩れてしまう

左の壁は「動かさない事」で初めて意識できる

「右手のゴルフ」はその名の通り右手、右サイド主体の
スウィング理論となっていますが、軸は「左軸」とされています。

これだけ聞くと一時期流行した「2軸スウィング」
の様な印象を受けますが、実は全く異なります。

この理論ではトップオブスウィングからインパクトにかけて、
左サイドを全く動かさないのです。

腰を切る動きも一切必要ありません。
軸という物は動かさない事で初めて感じる事が出来るのです。

よく雑誌等でトップの時に出来た右股関節のズボンの皺を
フォロースルーでは左股関節にも作るようにと書かれているのを目にします。

確かにこれなら左軸をキープしながら左腰を切る動きになりますが、
習得に時間がかかり、また同時に脚や腰への負担も大きく、
これに耐えるフィジカルを持つアマチュアゴルファーはかなり限られてしまいます。

多くの場合、この負担を体が嫌い、無意識に力を逃がそうと動かしてしまいます。

また「バンプ」というダウンスウィングで
腰を左にスライドさせる動きが必要だという記事もよく目にしますが、
アマチュアゴルファーがこれを意識してしまうと、殆どの場合「スウェー」となってしまいます。

左スウェー

こうなってしまっては、余程の筋力とセンスが無い限り
右腰がアドレスより前に出てインパクトを迎える事になり、
俗にいう腰が引けたスウィングになってしまうのです。

しかも、クラブ軌道はアウトサイドインの軌道になりやすく、
スライスボールや引っかけが出やすくなり、
またそれをインサイドアウトの軌道に振ろうとするとクラブが寝てしまい、
プッシュスライスや力の無いフックボールが出てしまいます。

このような左サイドが動くスウィングでは、
どれだけ練習しても安定したショットを打つことも、
左軸を感じる事も残念ながらできないのです。

後ろを向いたまま打つ

では左腰を切らずにどうやって打つのか?果たして打てるのか?

捻じるように使う下半身主体のスウィングや、
でんでん太鼓のようなイメージでスウィングしている方には想像しにくいかと思うのですが、
目標に対して後ろを向いてボールを打つドリルがあります。

後ろ

これには「右手のゴルフ」において大事な動きの大部分が詰め込まれています。
そしてそれは近年のゴルフクラブも使いこなす為にもとても大事な物でもあります。

まず、この練習方法ではトップからインパクトにかけて
グリップがアドレスの位置へとほぼ直線運動で降りてきます。

それに伴ってクラブもやはり直線運動で降りて来ることになります。
さらに重力も合わさってハーフウェイダウンの辺りまで一気にクラブは加速していきます。

日常の中でも金槌や鍬等を使う時は、ほぼ間違いなくこの使い方をしていると思います。
しかし、ここまでの加速が左サイドを動かすスウィングでは中々生み出せないのです。

そして、ダウンスウィングの後半、シャフトが丁度水平になる辺りから、
グリップ位置はそれ以上は下にいけないのでクラブはグリップを中心に一気に円運動を開始します。

これによりクラブヘッドに遠心力がかかり、強くボールを打つことができるのです。

この時の上半身の動きは、トップオブスウィングから
右サイドを90°程回してボールの方を向く。

ただこれだけしかないのです。
下半身は特に意識しなくても上半身と共に必要最低限、勝手に動いているはずです。

このドリルではインパクト後のクラブの動きは気にせず、
頭も残そうとはせず、左手の動きや腰の動きなども考えない様にします。

この時、右サイドの動かし方が正しければボールは真っ直ぐ打ち出されます。

これは本来、左腕のたたみ方を覚えるドリルとなりますが、
これにより、左腰を切らなくとも、右手の力、クラブの落下運動、
そして遠心力がボールを飛ばすのに十分な力を生んでくれることを同時に理解することができます。

後は如何にそれを左腕が邪魔しないか、だけなのです。

よく球が曲がると「右手が悪さした」と言いますが、
この理論では悪さをするのは寧ろ「左手」の方になります。

「左」という言葉がゴルフを下手にする

そもそも何故これほどまでに左手主体のスウィングが広まっているのでしょうか?

キャッチボールのような単純な遊びでさえ利き腕でなければ楽しむ事は難しいと思います。

ですから、使った事の無い道具で、しかも不器用な腕を使って
打てという教えにもっと素直に疑問を抱いて良いはずだと思います。

ボーリングやビリヤード、ダーツ、テニス、卓球、釣り。
あらゆるゲームやスポーツ、日常の動作の中で、
不器用な左手をあえて積極的に使うメリットが果たしてあるでしょうか?

貴方の「飛ばない」「スコアが伸びない、」「スライスする」「腰が痛い」
それらの悩み全てが左サイド主体のスウィングが原因だったとしたら? 

もしそれらが、器用で力強く、柔らかく動く「右腕」を使うことで解消されるとしたら?
迷っている時間がもったいないかと思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフ スイングを安定させる為には綺麗なフォームはいらない

フォームばかり気にしていた5年間

今から8年前、丁度50歳を迎えた年に取引先のコンペに急遽参加が決まり、
私は初めてゴルフクラブを握りました。

同僚から3ヵ月程あれこれ教わったものの、結局コンペのスコアは
「168」もちろんブービー賞でした。

その日から私は「皆を見返してやりたい」という一心から人が変わったかのように
ゴルフに打ち込むようになりました。

ゴルフ雑誌やレッスン書を買いあさり、練習場のレッスンにも通い、
必ず再現性の高い綺麗なフォームを身に付けて「良いスコア」と同時に
「恰好良いスウィング」を手に入れてやろうとボールを打ち続けていました。

プロの様なスウィングが目指すべきスウィングだと思っていたからです。
それから5年程経ち、それまでのレッスン通いと、本からの大量の知識が功を奏したのか、
周りから「綺麗なスウィングだ」と言われるようになっていました。

ですが、その時の私には「飛ばない」「スコアが悪い」という大きな悩みがあり、
素直には喜べませんでした。

月に2回か3回はラウンドへ行ってはいましたが、5年経っても100が切れず
ベストスコアは「105」悪い時には120以上叩く時もありました。

周りにはスコアは100前後と言っていましたが、ダボペースで回れていれば御の字でした。
また「飛ばない」という悩みも非常に大きく、
これは「ゴルフを始めたばかりの頃の方が飛んでいたのでは?」
と同僚からも指摘されるほどで「力の無い球が右に飛び出し少し右に曲がって150y」
これが私のドライバーショットでした。

「歳を重ねれば飛距離も落ちるものだ」と自分に言い聞かせ
「飛距離の無さ」と「ゴルフの才能の無さ」をもう受け入れきっていました。

そんな時に、たまたま立ち寄った書店で平積みされていた
「右手のゴルフ」という書籍を見つけたのでした。

「綺麗なフォーム」の弊害

当時の私のスウィングは左の腰を切って、左手リードで、
上半身との念点差を作り、最期にクラブヘッドをボールにぶつける。

という典型的な昔から言われている理論で、またゴルフ雑誌等でプロの連続写真を見つけては、
それと同じ様にクラブを振ろうとフォームのチェックを繰り返していました。

しかし「左腰を切る」「飛ばすために体重移動」「左手リード」
「クラブを溜める」「ヘッドアップしない」等と言った雑誌に書かれていた
文言やレッスンは全て、殆どのアマチュアゴルファーが真似すべきでは無い動きでした。

特によく言われる「左腰を切る」という動きですが、これは自分の意志で行ってしまっては、
多くのゴルファーは「腰砕け」と言われる上半身と下半身がバラバラになる動きになってしまい、
飛距離が落ちるどころか慢性的な腰痛の原因にもなってしまします。

私もプロの様なスウィングを追い求め、それらを鵜呑みにして5年程練習していましたが、
同時に酷い腰痛に悩まされるようになっていました。

今思えば、あのままのスウィングを続けていれば、飛距離が落ちるどころか、
数年後には満足にゴルフが出来なくなっていたと思います。それほど「右手のゴルフ」は身体への負担も軽減してくれました。

1打で感じた確信

「右手のゴルフ」には左腰の動かし方も、左手の動きも
全くと言って良いほど書かれていませんでした。

いざ練習場でボールを前にしても「本当にここまで右手だけで振って良いのだろうか」
と半信半疑な気持ちはありましたが、とにかくまず打ってみなければと思い、
私は今までの「左腰の動き」「左腕のリード」「クラブの溜め」を全て忘れ、
トップから一気に右手だけでボールを打ちにいきました。

インパクトの瞬間、右手には今まで感じた事のないボールが潰れた感触が伝わり、
クラブがボールを押しているとハッキリ分かる手ごたえを感じ、打ち出された球は、
ほぼ真っ直ぐ200yと書かれた幕の上にライナーで突き刺ささっていました。

私は、今のは自分が打った球なのかと嬉しい戸惑いを感じながらも、
その感覚を忘れないように時間を忘れ何時間も球を打ち続けていました。

この時打った1打が自分の本当のゴルフの出発点だったと思います。
3年前は150yがやっとだったドライバーは、今では220yを越えるようになりました。

また月に1回のゴルフでもスコアは80台をキープできるようになり、
何より腰痛に悩む事も無くなって、楽しくゴルフが続けられるようになりました。

今と昔のスウィングを見比べてみても、今のスウィングの方が自然に見え、
無駄の無いスウィングになっています。

皮肉な物で綺麗なスウィングを追いかけるのを辞めた事で、身体に負担をかけず、
それでいて安定したスウィングを手に入れる事ができたのです。

もし少しでも今の飛距離やスコアに不満があれば、また身体のどこかに
負担をかけたスウィングをしているなら、ゴルフを始めたばかりで直ぐに上達したいと思うなら、
是非「右手のゴルフ」を実践してみてください。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドライバーとアイアンの打ち方の違いはスイングプレーンを見る

ドライバーはフラットなスイングになってしまう

クラブが長くなると横振りになる

ドライバーとアイアンは違う打ち方をするのか?
それとも同じ打ち方なのか?

というのもよく聞きますね。
私も思っていました。

現在の私の見解は、打ち方はアイアンも
ドライバーも同じだと思っています。

ただし、アイアンとドライバーでは決定的に違う所が
スイングの中に存在すると思っています。

それが、『スイングプレーン』です。

アップライトなスイングが良いのか?
フラットなスイングがいいのか?

といった内容を雑誌で見かけますが、
右手のゴルフを始めるまでは、あまりスイングの
プレーンを意識した事がありませんでした。

実際には、みんなどちらかに寄っていると思います。

しかし、どちらかが良くてどちらかが悪いといった
物ではないと感じています。

というのも、クラブが長くなれば長くなるほど、
スイングは地面と水平に近い軌道で振る事になります。

フラットなスイングですね。
俗に言う、「横振り」です。

ドライバーは横振りで打つといった内容の雑誌などを
見かけますが、私はちょっと違うと思います。

自分のスイングタイプがアップライトであっても
フラットであってもドライバーは最も横振り近く
なるのです。

女子プロに多いスイングタイプ

このフラットな打ち方、横振りのスイングですが、
日本の女子プロに非常に多い打ち方だと思います。

なぜ、女子プロはこのフラットなスイングが多いのか?

答えは簡単です。

飛距離が出せるから。
これは個人的な意見ですが、実際に縦振りのスイングより
横振りの方が物理的に飛ぶとは思っていません。

スイングの形で飛距離が変わると言うより、
手首を柔らかく使いやすいから、アップライトより
フラットなスイングの方が、ドローボールが打ち易く
結果、飛距離が出るのではないでしょうか?

アイアンはアップライトなスイング

ボールと自分の体の距離で決まる

逆にアイアンはどんな人でも地面に対して垂直に
近いスイングになります。

クラブが短くなればなるほどです。

なぜ、クラブが短くなるとスイングはアップライトになるのか?

答えはボールと自分の距離にあります。
クラブが短くなれば、ボールの近くに立つことになります。
当たり前ですが、近い距離にあるボールとの間にクラブの
シャフトを通す訳ですから、方向は縦になります。

横に狭い空間に、棒状の物体を通す為には
縦に通すしかありませんよね?

ですから、届くのであればショートアイアンでも
ボールから離れて立って打てば、フラットに近い
横振りになるハズです。

パワーのある男子プロに多いスイングタイプ



フラットなスイングが女子プロに多いと書きましたが、
アップライトなスイング(縦振りは)男子プロに多い気がします。

勿論、全員ではありませんが。

私なりに自分が打ってみた感じでは、
アップライトな縦振りはフラットな横振りに対して、
やや手首がしっかりと固まる様な気がします。

そう言った意味では、インターロッキンググリップで
アップライトなスイングと言うのは相性がいいのかもしれません。

手首のコッキングやヒンジングをしっかり行わないと
飛ばないというのが右手のゴルフの理論だと思うのですが、
ある程度の飛距離が出る人ならこの方が出球の方向は
安定すると思います。

手首の運動量が減るという事は、
ハンドアップしてクロスバンカーから打つような
コントロールショットに似ていると思います。

だから、男子プロに多いと感じているのでしょうか?

やはり印象としては、パワーのある人に多いスイングタイプだと思います。
私はアイアンとドライバーの打ち方は同じだけど、
クラブが長くなればフラットで横振りに。

クラブが短くなれば、アップライトで縦振り。
になると思います。

従って、普段からフラットなスイングの人は長いクラブに
得意クラブが多い人ではないでしょうか?

逆にアップライトなスイングの人はショートアイアンや
ウェッジを得意クラブにしていると思います。

因みに、私は前者になります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフスイング 右手の使い方と左手の使い方の違いとは?

右手のゴルフだから右手でスイングする

バックスイングからフィニッシュまで右手を使う

右手のゴルフでの右手の役割は、ほぼスイング全般です。

まず、バックスイング・スイングの始動時に
右手首でヒンジング。

ヒンジング

右手首を甲側に曲げてフェイスを開きながら
クラブを上げていきます。

バックスイングでシャフトが地面と平行になった時に
フェイスのトウが真上を向くくらいフェイスを開きながら上げていきます。

トウ真上

そして、右手のゴルフを推奨している片山晃プロが
スイングで最も大切なダウンスイングも右手で行います。

よく、『右手を使うな』という言葉を聞きます。
私もそう言われていたし、そうだと思っていました。

しかし、実際には右手を使ったスイングの方が
飛距離も伸びて、安定しました。

ダウインスイングで右手を使って、手を下に落とす。

実際にクラブヘッドを体の右側に落とす感じです。

こうすると、いつもクラブが同じところを通って
ヘッドスピードも上がってヘッドが走るようになりました。

イメージ的には右手の平でボールの右側を叩いていくような感じです。

最後まで右手だけを意識して、振り抜いていくと良い結果が出やすいですね。

特に意識するのは右手の親指と人差し指

右手でスイングしていく中で特に大切なのが、
右手の親指と人差指です。

この2本がフェイスローテーションを行う為に必要になります。

ボールを自分の向いている方向ではなく、
左側にトスするような感じです。

この時に私は完全に左手は意識から消しています。

実際にはスイング中左手も使っていると思いますが、
意識としては0%です。

左手を意識してしまうと、左脇が空いたり左肘が引けてしまう。
手羽先スイングと言われるスイングになってしまうからです。

私が右手のゴルフを始めるまでは、完全にこのスイングで
100%スライスのドライバーで150ヤードから180ヤードしか
飛ばないスイングでした。

左手でアドレスやスイングの確認をする

アドレスする時は左手が重要

スイングは全て右手でやると上に書きましたが、
左手はどう使っているのか?

私はスイングそのものでは、左手は使っていないつもりです。

しかし、左手にも重要な役割があると思っています。

それは、左手で構えた時にボールと自分との距離を一定に保つことが出来るからです。

右手のゴルフのアドレスでは、左手は胸の前から持ってきます。
頭の上に左手を上げて、そのまま下にもって来る感じです。

左手が体の横にあると前後に動かしやすいので、クラブを握っても
大きく前後に動かす事が可能です。

それだとボールと自分の体の距離が変わってしまいます。
胸の前に左手を持ってくると、左手は前後には動かなくなります。

これでドライバーからサンドウェッジまで、
常にボールとの距離が一定にアドレスする事が出来ます。

左手でスイングチェックをする

左手にはもう1つ大きな役割があります。

それは、スイングのチェックです。

あくまでもスイングは右手で行うんですが、
左手を確認すると正しく右手を使えているかが分かります。

まず、スイングが始まったらコック(コッキング)とヒンジングを
同時に行います。

この時、左手首が甲側に折れていればOKなんです。

左手首

そしてシャドースイングでも素振りでも、
インパクトの形を作ってみて下さい。

その時にも左手首が甲側に曲がっていればOKなんです。

インパクト2

右手を使ったスイングで、インパクトの前に右手が左手を追い越します

雑誌などでアームローテーションと言われるやつです。

これが正しく出来ているという事は、右手首がやや伸びて左手首は
甲側に折れています。

こういったように左手を使ってスイングをする訳ではありませんが、
左手の動きをよく確認すると、スイングが正しく行えているかがよく分かります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


バンカーショットの打ち方には右手のゴルフの基本が詰まっている

バンカーショットの基本はヘッドの加速

バンカー

クラブヘッドの運動量がMAXになる

以前の私はバンカーショットが一番苦手でした。
大体がザックリとダフッてバンカーから出ない

出たとしても、ホームランでグリーン奥にOBか、
トップした球が土手に当たって勢いで出る・・・

こんな感じのバンカーショットでした。

バンカーが下手な人って、大体こんな感じですよね。

右手ゴルフを始めてバンカーを苦にしないようになってから
気付いたんですが、バンカーが下手な人は飛ばない人が多いです。

それはなぜか?

バンカーショットではサンドウェッジのヘッドの運動量を
MAXにしないとボールはバンカーから出ないからです。

身体ばかり動かしてクラブヘッドを加速させられない人は、
当然ドライバーでも同じスイングです。

ヘッドが走らず、ヘッドスピードが遅いスイングになります。

右手を使ったバンカーショットの打ち方

ヘッドの運動量を最大にするためにはどうすればいいのか?

フェイスローテーションをしっかり行えば、
クラブヘッドの運動量は最大になります。

クラブにはスイートスポットとシャフトの延長線上が離れています。

それを重心距離と言いますが、重心距離のあるゴルフクラブの
ヘッドの運動量を上げるにはフェイスローテーションが最も有効です。

その為にはまず、フェイスローテーションを行いやすいアドレスで
構える事が大切です。

左腕とシャフトに角度をつける様に、ハンドダウンで構えると
フェイスローテーションが行いやすいと、片山プロは言います。

左腕角度あり

実際に、これはかなりフェイスローテーションしやすいです。
そして、バンカーショットには必須のコックが非常に入れやすい構えになります。

左腕とシャフトが真っ直ぐになると、
コックが入りにくいそうです。

左腕角度なし


そしてフェースは30度前後、開くのが基本です。

30度

ピンまでの距離が近ければ、60度以上開くこともあります。
逆に遠ければ、ほとんどフェースは開きません。

あと、バンカーの砂が固かったり湿っていて
クラブが弾かれそうな時もフェースは開きません。

この構えが出来るようになれば、あとは右手を使って手前から
ダフらせれば、簡単にバンカーから脱出できます。

右手でクラブから下ろします。
イメージはボールの内側をクラブフェースで包み込む様な
イメージです。

元々、右手のゴルフのスイングは、入射角がシャローなので、
思ったより手前から入っても、問題なく砂とボールを運んで
くれるので、失敗する事が極端に減ります。

ドライバーが飛んでロブショットが打てる

上に書いた様に、バンカーショットが上手くなると
ヘッドを走らせる技術が身に付きます。

そうすると、その打ち方でドライバーを打てば
今までより確実に飛距離がアップします。

手首の柔らかい使い方も自然と身に付くので
飛距離だけでなく、大きなミスが少なるなる事も嬉しい副産物です。

また、全く同じ打ち方をラフから行えばロブショットになります。

ロブショットが得意なアマチュアゴルファーは、
そう多くないと思います。

というか苦手な人が多いと思います。

私は右手のゴルフを始めてから、
超苦手だったバンカーショットとロブショットが
得意と言えないまでも、好きなショットになりました。

これが、今のドライバーショットやアイアンショットにも
好影響を与えていると思います。

バンカーが苦手な人は、是非上に書いた事を
試してみて欲しいと思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフ ボディーターンスイングがドライバーでのスライスの原因?

スライスの本当の原因はスイングにおける体の回転

 

ボディーを回転させると上半身が開く

今もゴルフ雑誌では「ボディーターン」という言葉を
良く見かけますが、私たちの様なアマチュアゴルファーに
本当にボディーターンって必要なんでしょうか?

私が思うに、おそらく回転させること事体はあまり
難しい事ではないと思います。

実際には体を回転させすぎたり、回転をコントロールできずに
その弊害でミスショット打ってしまっていると思います。

例えば、左肩を開いて打っていいというプロゴルファーは
いませんよね?

しかし、ボディーターンをしようとすると、体ではなく肩が早く
開いてクラブヘッドをアウトサイドから引っ張り込むスイングになって、
スライスを誘発させてしまいます。

回転を意識しすぎて振り遅れる

ボディーターンに意識が行き過ぎ過ぎると、ほとんどの人が
腰を切ろうとしてしまいます。

私も以前はそうでしたが、腰を切っても軸がブレないスイングが
出来る人ならいいんですが、そうでなければダウンスイング中に
左腰をスウェーさせてしまいます。

そうなると、手とクラブが置き去りにされて思いっきり
振り遅れてしまいます。

手が動いてないので、シャフトが後ろ側にしなったまま
インパクトを迎える訳です。

これだと、フェースは開いた状態になるので
完全にスライスしてしまいます。

ボディーターンを意識しているのに、クラブと身体が同調しない
人はこの振り遅れが原因です。

そしてスライスするのはフェースの開きが原因です。

体の回転を止めるとスライスが治る理由

 

手打ちなら下半身が動かなくなる

ボディーターンや体の回転、腰を切るスイングをしている人とは
真逆なんですが、私は体を動かさなずに手だけでスイングすると
直ぐに、スライスが治ってしまいました。

それはなぜか?

実は1mmも下半身を動かさない意識でも実際には、
腰は30度~45度切れているんです


M1UO_wYpk7VVwuw1432708386

これが左に切りすぎない為の秘訣だと思います。
左に切りすぎて、体の左側が動いてしまうと、よく言われる
「左の壁」という物がスイングからなくなってしまいます。

その為には、アドレスでクローズドスタンスが有効です。
思い切って右足を引いて構えれば大きなスイングが出来ません。

そしてダウンスイングで左サイドを動かかす事が難しくなります。
スライスに悩んでいる人は、スタンスをスクエアから
クローズドスタンスにするだけでも、治ってしまうケースもあります。

体と腕の運動量のバランスを合わせる

ゴルフのスイングにおいて、不思議に思っている事があります。
雑誌や解説でも、体の動きの話ばかりな所です。

私は、実際に動かなければいけないのはクラブのヘッドだと
思っています。

ボディーターンを気にしている人はクラブヘッドの動きを
まったく気にしていないと思います。

クラブヘッドを大きく、早く動かす為には、
体は動かさない位の意識で、(実際には回転する)
手を使ってスイングする事です。

スライサーのスイングの特徴として、

ボディーの運動量>手の運動量

が顕著だと思います。

体を回し過ぎるから腕が振り遅れてしまう。

手打ちと思える程、体を止めて手だけでスイングして
初めて手と体の運動量が一致する思います。

手と体の運動量が一致すれば、腕は常に胸の前にある事に
なるので、振り遅れによるスライスは絶対にしなくなります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドライバーの打ち方はアッパーブロー?レベルブロー?

アッパー過ぎるとミスショットの原因になる

 

ドライバーでダフる人は要注意

「ドライバーはアッパーブローに打つ」
「アイアンはダウンブローに打つ」

よく、こんな言葉を見たり聞いたりしませんか?

実際にクラブの特性やティーアップしてる状況だと
ドライバーはアッパーに打つのが正解だと思います。

しかし、我々のようなアマチュアゴルファーは、
自分が思っているよりずっとアッパーに打っています。

というより、球を上げたくて「すくい打ち」
なっている人も多いと思います。

私も、悪い癖がこの「すくい打ち」です。

過度にアッパーブローを意識してしまうと、
右肩が下がって、シャフトが寝て降りてくる。

結果として、ティーアップしているにも関わらず
ダフッてしまう。

こういったミスショットに心当たりのある人は、
アッパーに打ち過ぎです。

右足体重・明治の大砲になりやすい

アッパーに打ち過ぎると、どんなミスがでてしまうのか?

まず、右足体重になるのでフェースが開きやすくなります。
そのまま打てば、プッシュアウトかプッシュスライスです。

それを嫌がって左サイドで外からアウトサイドインに
クラブを引っ張り込んでくる。

さらに手首をローリングさせてしまうと、
ダッグフックとかチーピンと言われる球を打ってしまいます。

そして、上にも書いた通りダフリやすいスイングになります。
こういったスイングをしている人たちにはある共通点があります。

それは俗に言う「明治の大砲」になってしまっている事です。

明治の大砲

インパクト以降、左肩が上がりに上がって体重が右に残って、
人によっては左足を後ろに引ける位、右足体重の場合があります。

ドライバーはレベルブローに打つのが正解

 

ヘッドがボールの高さを長く移動する

実際にドライバーはどうやって打てばいいのか?
それは、レベルブローに打つことだと思います。

特にゴルフ初心者や独学でレッスン等を受けていない人は
必ずアッパーに振りすぎてしまいます。

何を隠そう、3年前までは私もそうでした。

これはゴルフスイングはボディーターンで打つ物だと
勘違いしていると、皆そうなってしまうと思います。

私は片山プロの右手のゴルフを実践する事によって、
体を回転させなくなったので、右肩が落ちないスイングに
なりました。

そして、ドライバーのスイングのイメージは
レベルブローで打つ意識をしています。

そうする事によって、早く解放されたクラブヘッドが
長い時間、ボールのある高さを移動してくれます。

結果的に非常にミート率がアップしました。
飛距離も伸びて、ボールの曲りも少なくなりました。

シャフトのしなり戻りを利用する

イメージはレベルブローで打つのですが、実際には
ややアッパーブローのスイングの方が飛距離が出ます。

意識はレベルブローにスイングして、実際のインパクトでは
ややアッパーにヒットさせる為にはどうするのか?

シャフトの『しなり戻り』を利用します。

クラブヘッドに遠心力をかける事が出来れば、
ダウンスイングの途中でしなったシャフトが戻ってきます。

これを『しなり戻り』と言います。

しなり戻り

このしなり戻りを利用すると、クラブフェイスがやや上を向きます。
さらに上を向いた分、ロフト角の角度分フェースが左を向きます。

結果、一番飛距離の出るスイートスポットのやや上に当たり、
フェースが左を向くことによって捕まった強い球を打つことが
可能になります。

クラブシャフトのしなり戻りをさせる為には、なるべく体の回転を
止めて、手でクラブを早く振る事です。

そうすることで、タメたスイングにならずに、クラブヘッドから
降りてくることでヘッドに遠心力をかけてシャフトのしなり戻りを
利用する事が出来ます。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフは手首の使い方で飛距離も方向性もアップする

左手首の動きはコッキング

 

コッキングは縦に動かす

スイングの中で手首の使い方を正しく知らないと、まともな
飛距離や安定性は望めません。

私は全くリストの使い方を知らない時は、ドライバーで
150ヤードの飛距離でドスライスしていました。

個人的に思う事ですが、練習場で見ていると手首を使おうとする人の
方が少ないのかな?

ノーコック打法と言われるコックを全く使わないスイングもあるみたい
ですが、練習場で見かけるのはコックを使ってない人が多いですね。

因みに、コック(コッキング)は左手首で行う動作の事です。
左の手首を親指側(自分の顔の方向)に曲げていく動きです。

コッキングを左右の手で勘違いしている人も多いようですが、
コックは左手です。

私が実践している右手のゴルフでは、
スイングの始動(バックスイングの開始時)にコックを入れます。

このコッキングが出来なければ、フェイスローテーションが
出来ないので、スイングが成立しないと私は感じています。

必ず手首は甲側に折れる

左手でコッキングをする際に、注意しないといけない事があります。
それは、手首の関節の動きです。

上で説明した通り、手首の関節を上下に動かすのですが、
その時に左手首は必ず甲側に曲がります

実際に、今ここの見ている人は試して貰いたいのですが、
グリップをした状態で、左手の親指の方向に曲げてみて下さい。

必ず、手首は甲側に折れるハズです。

もし、手首を折らずにコックが出来てしまった人は
バックスイングでかなりクラブをインサイドに引いてしまって
いると思います。

さらに左手の甲が真っ直ぐになってしまうと、
クラブがシャットな状態で上がってしまいます。

シャット

これだとダウンスイングでコックをリリースしたとしても、
必ずフェースが開いてインパクトしてしまいます。

右手首の動きはヒンジング

 

ヒンジングは横に動かす

次は右手首の動きです。

「ヒンジング」という言葉を知らないゴルファーも
いると思います。

知ってた人はすみません。
私は右手のゴルフを始めるまで、全く聞いたことがありませんでした。

右手の手首を動かす動作をヒンジングと言うそうです。

このヒンジングですが、先ほど説明したコッキングとは違う動きに
なります。

左手で行うコックは縦の動きでしたが、右手で行うヒンジングは
横の動きです。

右手首を甲側に曲げて、ダウンスイングで手のひら側に曲げる。
この動きです。

真っ直ぐ右手を前に出した状態だと、バックスイングで右手の甲が
自分に見えて、ダウンスイングで右手の平が自分に見える動きです。

イメージは目の前の人をビンタ

このヒンジングですが、テニス経験者の人だと感覚が分かりやすい
みたいです。

私はゴルフをするまで、全くスポーツの経験がなかったので、
ヒンジングの説明を聞いても、いまいちピンときませんでした。

しかし、片山プロがレッスンDVDの中で
目の前の人をビンタするような感じ

と説明していて、それが非常に分かりやすかったです。

手首をガチガチに固めてビンタなんてしませんし、
こう言ってはなんですが、より痛いビンタをしてやろうと思ったら
手首をゆるゆるに脱力して、スナップを効かせた方が痛そうです。

実はこれが、右手ゴルフをやった事で飛距離アップした
原因だと私は考えています。

コッキングとヒンジング、左右の手首の動きと使い方の違いについて
書いてきましたが、注意点があるります。

それは・・・

左手は縦の動き
右手は横の動き

両手でグリップしている訳ですから、これを同時に行います
すると結果、どうなるか?

左手は」縦に90度、右手は横に90度。
同時に行うと、右斜め45度にクラブは上がっていきます

この時、シャットフェースになっていないか確認して下さい。

両方が正しくできていれば、シャフトが地面と平行になった時に
クラブヘッドのトウが真上を向きます。

シャフト

チェックするポイントはここだけなので、コックやヒンジングを
意識した事が無かった人は、練習場で試してみて下さい。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドローボールの打ち方はドライバーのフェースの向きとヘスイング軌道で決まる

フェースの向きで出て行く方向が決まる

 

右に出すのは飛球線に対してやや開く

ドローボールは、やや右に飛び出してそこから左に曲がりながら
戻ってくるボールです。

一般的にドローで打ったボールの回転はキャリーもランも
多くでて、よく飛ぶと言われています。

個人的な感想ですが・・・

全くその通りだと思います。

私も3年前に右手のゴルフを始めて、すぐにドローボールに
持ち球が変わってしまいましたが、本当によく飛ぶようになりました。

ドローボールはターゲットに対してやや右方向に飛んでいくので、
インパクトでは飛んでいく方向にフェースが向いている。

という事になります。

フェースが開いてインパクトを迎えるとスライスしてしまう。
と思う人もいると思います。

が、実際にはフェースは開いていないんです。

後述しますが、フェースは確かに目標より右を向いて
ボールにヒットしますが、スイング軌道の関係で
決して開いてボールにヒットしている訳ではありません。

スイートスポットより先で打つ

あと、ドローを打つ為にはどこで打つのかも重要になります。

ドライバーで最も飛ぶと言われているのは、クラブヘッドの芯。
スイートスポットだと言われています。

しかし、実際にはギア効果でボールのスピン量を減らし、
最も飛ばせる場所はスイートスポットの少し上です。

クラブのギア効果が打球に与える影響を考えると、
ドローボールを打つのにも最適な場所があります。

それは、スイートスポットより先、フェースのトウに近い場所で
ボールを捕えることです。

hit

これは、ゴルフショップの練習器具などを置いているコーナー
にあるショットマーカーなどを使用すればすぐに分かります。

フェースにシールを貼って、当たった所が青くなるやつです。
あれで真ん中よりも少し先に当たるようになれば、ドローが
出やすくなります。

ヘッドの軌道で左右に曲がる

 

インサイドアウトのスイング軌道が必須

スライスばかり打っている人にとっては、ドローは一種の憧れだと
言えます。

私も5年間スライスしか打った事が無かったので、非常によく
スライサーの気持ちが分かります。

私は右手を使うスイングに変えたことで、スイングの軌道が
アウトサイドインからインサイドアウトに変わりました。

特に顕著だったのが、ドライバーのスイング軌道でした。
右利きだからか、右手を使うと簡単にインサイドからクラブを
下ろすことが出来ました。

スライスを打っているほとんどの人が、左腕で自分の方向に
クラブヘッドを引っ張り込んでいるか、左肩が早く開きすぎて
体に対してフェースが開いている状態だと思います。

これをやめないと、ドライバーは必ずスライスしてしまいます。

どうスイングすればインサイドアウトに打てるのか?

では、実際にどうすればクラブをインサイドからアウトサイドに
振り抜けるのか?

答えは簡単です。

胸を後ろに向けた状態でインパクトすればいいだけなんです。

胸を飛球線と反対方向に向けたまま、右手でドライバーを
下に向かって振り落とすだけ。

一度、素振りやシャドーで確認してみて下さい。

コレだけで、どんな振り方をしてもスイング軌道は
インサイドアウトになるはずです。

胸さえ閉じてスイングしてしまえば、手は多少アウトサイドから
振っても、クラブはインサイドからしか振れません。

左サイドを完全に動かさない様に意識すれば、胸が右を向いたまま
打つのはさほど難しい事ではありません。

これで、腰を切る等の動きを入れてしまうと台無しになってしまいます。

スライスや飛距離不足に悩んでいる人は、是非このドローボールの
打ち方を試してみて下さい。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドライバーはグリップの握り方・グリッププレッシャーで飛距離と方向性が変わる

クラブが長くなったのでグリップも変える必要がある


左手は絶対にストロンググリップ



以前の私もそうだったんですが、飛ばない人ほど、
左手をウィークグリップ(スクエアグリップ)で握っています。


今の45インチ以上の長いドライバーで、なおかつヘッドが
かなり大きいクラブをウィークグリップで打つには無理があると
思います。


クラブが長くなることで遠心力がかかりやすく、
ヘッドが大きい事で重心距離が長くなっているので


ダウンスイングでヘッドをスクエアに戻すことが
昔の短いドライバーより難しくなっているのは確実です。


長いクラブを左手主体でスイングしてしまうと、
必ず左脇が開いてしまいます。


そうなると、左肘が引けたスイングでスライスしかでません。
飛距離も全くでません。


3年前の私がまさにその状態でした。


しかしグリップをフックグリップに変えると、
スイング中に左脇が締まります。


もうこれは構えたアドレスの時から分かります。
体の横からではなく、胸の前から手がくる感じになります。

右手はオーバーラッピングかテンフィンガーグリップ



右手の握り方にもいくつか種類がありますが、
右手ゴルフを始めて右手の握りも変えました。


それまではテレビで石川遼君がやっていた、
インターロッキンググリップで握っていました。


このインターロッキンググリップですが、
両手の一体感が凄くあるので、元々ヘッドスピードの
早い人なら問題ないかもしれません。


しかし、ヘッドスピードも飛距離も不足している人は
絶対にやめた方がいいと思います。


この握りは手首が固まりやすいんです。
柔らかく使う事ができないスイングになってしまいます。


後で書きますが、グリップを強く握る事にも繋がります。


ですから、普通のアマチュアの男性ならオーバーラッピング
グリップが良いと思います。


極端にヘッドスピードの遅い人や、女性の方なら
テンフィンガー(ベースボール)グリップがいいと思います。


私が思うにヘッドスピードが遅人ほど、
テンフィンガー>オーバーラッピング>インターロッキング


また、スライスする人ほど
テンフィンガー>オーバーラッピング>インターロッキング


がおすすめの右手の握り方だと思います。



グリップの強さはクラブが長いほどゆるゆるに握る


ゆるく握る事でヘッドを走らせる



グリップの強さはゆるくするというのは、雑誌やテレビでも
盛んに言われていますね。


しかし、実際にゆるゆるのまま振るのはとても難しいです。


そもそも、なぜ強く握らず、緩く握らないといけないかを
理解しておく必要があると思います。


グリップを柔らかく握らなければいけない1つです。
上腕に力が入ると、握っているグリップの運動量が増えて、
クラブヘッドの運動量とスピードが落ちる訳です。


平たく言うと、力が入ってヘッドスピードが落ちる。


緩くグリップを握ると、クラブのグリップの運動量は小さくなります。
逆にクラブヘッドの運動量は大きく早くなります。


これがヘッドスピード、飛距離を出す秘訣です。
その為にはゆるゆるのグリッププレシャーが重要なのです。

親指と人差し指と中指で握る



実際にグリップ圧をあげない様に打つ為にはどうすればいいのか?
言うのは簡単ですが、難しいです。


特に、ダウンスイングの最中にアドレスの時とグリップの強さを
変えない様に打つのは最初は無理だと思っていました。


しかし、片山プロが推奨する右手のゴルフのグリップだと
それが簡単に出来てしまいました。


力が入るのは、手の外側です。
特に手の平は外側に力が入ると、上腕がカチカチに強ばってしまいます。


逆に親指と人差し指と中指といった内側の指で握ってやると、
力が良い意味で入りにくくなります。


手の平で握り込むのではなく、指3本で摘まむ様に
グリップしてあげるといいです。


俗に言う、フィンガーグリップというやつですね。


この握りだと、構えた段階でクラブヘッドがロックされず、
フリーに動いてくれる事を実感できると思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます