ヘッドスピードを上げる事がドライバーの飛距離アップには必要

ドライバーショット

大きなスイングアークがヘッドスピードを引き出す

ドライバーショットで遠くに飛ばすコツは、大きなスイングアークでボールをとらえる事です。

スイングアークを大きくする事で、より大きな遠心力を生むことができ、それがヘッドスピードに繋がるのです。

バックスイングやダウンスイングで右脇を締める意識が強いと、トップはコンパクトになり、ボールに対してヘッドが直線的に下りてくる、アークの小さいスイングにしかなりません。

これだと、長くてヘッドの大きい最新のドライバーでは、ヘッドが振り遅れてしまうし、インパクトでフェイスも開きやすくなります。

特にダウンスイング以降は右脇を締めずに、手元を体から遠ざけるような意識で右肘をリリースすると、より遠心力が働いて、ヘッドを走らせることができます。

インパクトまで右足のかかとを上げてはいけない

切り返しからダウンスイングでは、右足に体重を残したまま、右サイドを軸にスイングしていきますが、その動きが正しくできているかは、右足のかかとで分かります。

ダウンスイングの早い段階で右足のかかとが浮いてしまうのは、切り返しで右足に体重が残らず、左足に移動している証拠です。

左足を軸に体を回転させているので左サイドがブロックされ、右サイドが前に出て、右足のかかとが浮いてしまうのです。

右足体重のまま、右サイドを軸にスイングするには、インパクトまで右足のかかとを地面から離してはいけません。

右膝が前に出ると、かかとは浮いてしまうので、右膝を目標方向に送り込む意識を持つと良いでしょう。

右足でしっかりと地面をつかみ、右サイドを軸にスイングする事で、緩やかな軌道でボールをとらえやすくなります。

インパクト後、顔を目標に、向ければボールにパワーが伝わる

「ボールから目を離すな」
「絶対にヘッドアップをするな」

この教えを忠実に守り、インパクト後もボールの合った場所を必死に見続けているゴルファーが沢山います。

でもそれは今日限りでやめて下さい。

インパクトまでは頭を残しますが、フォローでは右サイドでボールを押し込んでいく動きに合わせて、顔を目標方向に向けていくのです。

右サイド主体のスイングで世界の女王に君臨したアニカ・ソレンスタムの「ルックアップ打法」がお手本です。

インパクト後も無理に頭を残そうとすると、ヘッドの勢いにブレーキをかけてしまいます。

ボールに余すことなくパワーを伝えるには、フォローでは素早く顔を目標に向け、ヘッドが加速を続けている状態にすることが大事です。

トップではグリップが緩まなければならない!

14本のクラブの中で最も長いドライバーのヘッドスピードをアップさせる為には、ムチの様にヘッドをビュンと走らせるイメージが必要です。

ムチの様に長くで柔らかいものの先端を速く振ろうと思ったら、持ち手を強く握って、手首を固定させるような事は絶対にしないハズです。

ドライバーもそれと全く同じです。

両手のグリップはできる限りソフトに握る事が大事です。

特に、左手のグリップはトップで手の平とグリップの間に、適度な隙間、遊びができるくらい、ゆるゆるに握って下さい。

左手のグリッププレッシャーが、右手より強くなると、左手主体のスイングになりやすく、ヘッドをムチの様に走らせることができないので注意しましょう。

飛ばすスイングは、グリップエンドが常に体の中心になっている

ボールを遠くに飛ばそうとする意識が強くなると、手元が左に流れてしまい、グリップエンドが体の中心から外れやすくなります。

長いひもの先に丸い重りがついた振り子を想像してみると分かりますが、ひもを持った手元が左右に大きく動いてしまうと、ひもの先端についた重りの動きは逆に小さくなってしまいます。

ゴルフのスイングも同じで、手元が大きく動いてしまうと、肝心のヘッドを走らせることができなくなってしまうのです。

クラブを目標方向に真っ直ぐ出そうとしたり、無理にフォローを大きくしようとすると、手元は左に流されやすくなります。

グリップエンドが常に体の中心を向くように、手元の動きを小さく抑えた方が、ヘッドの動きをより大きくする事ができるのです。

体重移動は厳禁!スイングは体の中心でする

力のないアマチュアは体重移動で飛ばせ、とよく言われますが、これも最新のドライバーにマッチしないスイング理論と言えます。

大型ヘッドで46インチ以上の長さがあるドライバーは、以前のクラブと比べて、ヘッドがターンしにくく、フェースをスクエアに戻のに時間がかかります。

大きな体重移動の勢いでヘッドを引き下ろすことで、確かにスピードは多少上がるかもしれませんが、ボールに対してヘッドが直線的に、急角度で下りてくるので、どうしても振り遅れやすくなり、バックスピン量も余計に増えてしまいます。

バックスイングで右に体重を乗せたら、そのまま右サイドを軸にして、体を中心にヘッドを動かす意識を持つと、入射角は緩やかになりヘッドの運動量も大きくなります。

ドライバーのヘッドスピードをアップさせる為にはツイスト打法が有効

ドライバーショット

なぜヘッドスピードがアップするのか?

今日は右手のゴルフの中でも飛距離を出す打ち方、ツイスト打法について、お話しします。

そもそもゴルフにおけるツイスト打法とは・・・

クラブヘッドと反対側のグリップ側にブレーキをかけるとヘッドが加速するという理論です。

何か難しい理論のように聞こえるかもしれませんが、実は非常に簡単な原理です。
ツイスト打法とは『テコの原理』をゴルフに応用しています。

ブレーキをかけるグリップエンドが支点になります。
加速するヘッドが作用点になります。

そしてテコの原理には、力点という力を加える点が必要になる訳ですが、それが右手なんです。

ツイスト打法とは、右手を正しく使わないと出来ない打ち方だと思います。

右手を使ってツイストをかけると、自分の想像以上の飛距離が出てしまいます。

試しに皆さん練習場で、アドレスした状態から手首だけでヘッドを動かしてみてください。
腕や体は一切動かしません。
手首だけで動かしてみてください。

この時、ヘッドがインパクトゾーンを通る時に、グリップエンドは飛球線と反対方向に動くはずです。

これがツイスト打法なんです。

試して頂くと分かると思いますが、手首を固めてしまうと、ツイストはかかりません。
手首を固めると手元が移動しないと、ヘッドは右にも左にも動きません。
手元とヘッドの動きが同調してしまうと、飛距離は出ません。

当たり前ですよね?

グリップした手元を秒速40メートルで動かせる人間なんている訳がありません。
ツイスト打法は逆に手首を柔らかくし、手元を前に出さずにブレーキをかける。
そしてテコの原理でヘッドが前に前にと出て行く。

これが飛ばせる秘訣なんです。

そして、このツイスト打法の優れた点は全く力が必要ない所です。
なにせ、小さな力で大きな運動を得る
テコの原理を利用している訳ですから。

ですから、飛距離の落ちてきたシニアの方や女性の方のように体力に自信のない人ほど有効な打ち方なんです。
また、体力や筋力に依存しないこの打ち方ならば、年齢を重ねても飛距離が落ちないんです。

さらに、もう一点。
身体に依存しない打ち方は身体に負担がかからないということなんです。

身体に負担をかけないスイングならこれから先、何年も何十年もゴルフを楽しむ事ができます。

本当にヘッドスピードはアップするのか?

ツイスト打法はヘッドが走ると説明しましたが、実際にスピードが上がります。
人にもよりますが、おおよそ2m/s前後HSがアップします。

そして、ツイストで打つ為には右手を使わないと打てないというお話を上でしました。
右手を使えていない人が右手を使える様になるとHSは2m/s前後上がります

左サイド主体のスイングでスライスに悩まされている人なら、HSが5m/s早くなる人もいます。
HSが35m/s前後の方でしたら、40m/sくらいまではアップしてしまいます

実際、私はヘッドスピードが36m/s前後でしたが、今は平均で40m/s以上はあります。
当然、飛距離は大幅に伸びます。

さらにツイストは早い段階でヘッドをリリースします。
その結果、フェイスが開いてインパクトしていたスライサーはフェイスローテーションが出来る様になり、つかまった球が打てる様になります。

早くヘッドをリリースするという事はクラブを「タメて下ろさない」とい事です。
そうすれば、スイングアークも大きくなります。

ダウンスイングでスイングアークが大きくなると入射角が浅い角度になります。

シャローな入射角です。

入射角をシャローにすれば、ヘッドがボールと同じ高さを移動する時間が長くなります。

そうすると、ミート率も格段に良くなります。
飛距離だけではなくボールに安定性が出てくる訳です。

さらに、ツイスト打法は体を使わないスイングなんです。
体の動きが少ないスイングは非常にミスが少ないスイングになります。

ミスは体の動きが原因なんです。
ですので、体を動かさなければ動かさないほど、よりミスが減るんです。

ですから、ツイスト打法をマスターすれば非常に再現性の高いスイングになります。

体を使わずに、体重移動もありませんので、ミスの原因が少なくなります。
体重移動をするスイングで飛距離アップは不可能ではありませんが、ミスの発生率など、デメリットを考えるとリスクが高いスイング方法です。

ツイスト打法では体重移動は必要ありません。
インパクトまで右足の裏が地面についたままです。
俗に言うベタ足です。

ツイスト打法は単に飛距離を伸ばすだけの打ち方ではなく再現性の高い打ち方でもあります。
ボールの出だし方向と曲がり方向が安定すれば、スコアは簡単にまとまります。

最新のクラブの性能を活かすなら是非とも皆さんにもツイスト打法に挑戦してみてください。

ゴルフの上達の近道はドライバーの飛距離アップだった

今日は飛距離とゴルフの上達について
お話したいと思います。

飛ばせる人にしかできないゴルフがある

よく・・・

「飛ばすだけがゴルフではない」

というような言葉を聞きます。

しかし、この言葉を勘違いしている人が
非常に多いです。

実はこの言葉は・・・

『飛ばせる人だけ』

に当てはまる事なんです。

決して、飛ばない人が飛ばないままでもいい
という意味ではありません。

飛ばす事が出来るから、飛距離以外の部分も
しっかりと伸ばしましょうという意味です。

なぜ、私がそんなにも飛距離にこだわるのか?

それは、ゴルフの上達にも関係するからです。
自分がそれを実感したからなんです。

まず、飛距離が伸びる、飛ぶようになると
ゴルフは楽しくなります。

これはどんな人でも絶対に楽しくなるんです。

そうして、モチベーションも上がりますので、
結果的にゴルフの上達が早くなります。

また、それとは別にもう1つ!

飛距離が出るという事は、
ゴルフでは圧倒的に有利なんです。

飛ばせる人ほど、セカンド以降のクラブが
短いクラブになります。

当然ですが、長いクラブに対して、
短いクラブでのスイングの方がミスが少なく、
再現性が高いのです。

一方、飛ばないゴルファーは
ミスの確率が高いクラブを多用しなければいけない
ゴルフになってしまいます。

そして、クラブ選択だけでなく、
ショット等の選択肢・コースマネジメントの選択肢が
多くなります。

これはスコアに直結する部分です。

その証拠に現在、世界の主流は

「飛んで曲がらない」

という持ち球の人たちが、
ランキングの上位にいます。

・ジョーダン・スピース
・ジェイソン・デイ
・ローリー・マキロイ

確かに彼らは若いですが、
飛ばす事・曲がらない事を武器に
数々のトーナメントで活躍しています。

実はアマチュアも同じなんです。
飛距離が出ないと、それだけでゴルフが
難しくなってしまいます。

飛距離はもう諦めたよ・・・

と言われる方もいらっしゃいますが、
私から言わせるとそれは負け惜しみです。

飛距離とボールの曲がり

飛ぶ人は球が曲がる。

飛ばない人は球が曲がらない。

ということを耳にしますが、
私は全く逆だと思っています。

確かに同じサイドスピン量であれば、
キャリーが大きく対空時間が長い球の方が、
曲がる幅は大きくなります。

これは間違いありません。

しかし、

『飛ぶから曲がる』

『飛ばないから曲がらない』

というのは間違いです。

皆さん、よく思い出してください。
過去最高に飛んだ時の打球を。

大きく曲がる球でしたか?
違いますよね?

真っすぐか、軽~く曲がる
球だったハズです。

冷静に考えれば分かりますが、
大きく曲がるボールは飛ばないんです。

同じ運動エネルギーであれば、
横に進まず、前に進んだ方がより遠くに飛ぶ訳です。

また曲がるということは、
スピン量が多いということです。

スピンにはサイドスピンと
バックスピンがありますが、
スピン量が多すぎるとボールは飛びません。

結果、曲がっている球は飛んでいないのです。

逆に飛んでいる球は大きく曲がりません。

平均飛距離が飛ぶ人ほど、大きく曲げて
飛距離をロスする回数が少ないのです。

では、どうすれば適切なスピン量で
大きく曲げることなく飛ばすのか?

これは、右手のゴルフで何度かご説明しましたが、
ギア効果によってスピンを減らす場所で打つと
飛ぶんです。

それはスイートスポットより
少し上なんです。

ここで打つ為には、
ダウンブローやアッパブローではなく、
シャローな入射角でインパクトする必要があります。

その為には右手を使い、早い段階で
右手が左手を追い越す必要があるのです。

またその際に少しだけフェイスの
トウよりでインパクトすると、
ボールにドロー回転がかかり、ランが出ます。

より、飛ぶボールになります。

物理的に、ボールはスライス回転より、
ドロー回転の方が飛びます。

しっかりとフェイスローテーションを
行い、スイートスポットよりトウ寄りの
高い位置で打つことが出来れば、

ボールは低スピンで大きく曲がることなく
軽いドローで最大飛距離を出すことができます。

皆さんもそこを勘違いせずに、
大きく曲げずに飛ばすボールを打ってください。

100切りの為に必要な練習とコツとは?

今日は100切りを目標にしている
人についてお話したいと思います。

実は100を切れない人の原因はティーショットにある

100を切る為には何が必要か?

雑誌やレッスンでも色んな事が
言われています。

皆さんは100を切る為に必要な事は
何だと思いますか?

パッティングですか?

アプローチですか?

私はまず、ティーショットだと
思っています。

100を切れない人は、
ティーショットでのOBが多いです。

もしくはOBにもならない位の
完全な飛距離不足。

まずはスライスOBを直すだけで、
100切りはあっという間に近づきます。

100を切る為には、まず
ある程度飛ばす。

そしてコースの中にボールを残す。

実はこの程度でいいんです。

しかし、これが出来ずに
大叩きをしてしまって100を切れない
人が多くいます。

100が切れない人のほとんどが
スライサーです。

フックを打って100が切れない人は
そう多くありません。

一番最初にやって頂きたい事は
スライスを直す事です。

これだけでOBが減り、
飛距離も伸びるので、セカンド以降の
ゴルフが楽になります。

その為にはダウンスイングで
右手を使う事です。

右手を使えば必ず
フェイスローテーションが行われるので、
スライスは簡単に直ってしまいます。

スライスが直れば、それだけでも
飛距離は伸びます。

パッティングやアプローチも重要ですが、
まずはここから始めて下さい。

ティーショットに大きな不安がなくなると、
落ち着いてラウンドする事が出来ます。

また、ゴルフが楽しくなります。

100切りを目指す人は、まずここから
スタートして下さい。

距離感が掴めると100は切れる

そして、その次に大切なのが、
距離感です。
~~~~~~

距離感とはパッティングや
アプローチでの距離感ですが、
あまりシビアな距離感は考える必要はありません。

3パットを3回程度に収める位でいいんです。
アプローチは取敢えずグリーンに乗ればOK。

こんな程度で十分なんです。

そして距離感は特別な事をしなくても
養えるんです。

それは右手が持つ本来の感覚を活かす事です。

右手で誰かに下手投げで物を投げる時の
感覚です。

右手で地面にボールを転がす時の感覚です。

これは、皆さんが必ず持っている感覚なのです。

この感覚を無視して、振り幅や左手リードで
距離感を出そうとしても無理なんです。

右手にある感覚を活かして頂ければ
距離感は必ず合ってきます。

100を切る為の簡単な練習方法

100を切る為には、スーパーショットは必要ありません。

点数で言うと60点位のショットで十分です。

しかし、常に100点満点のショットを
目指していたり、

逆に何も考えなしで打ってしまうと、
20点や30点のショットを打ってしまいます。

では、60点のショットはどうやれば
打てるのか?

まずは、思いっきり振り回す事を
やめてみましょう。

基本的にハーフスイングから
スリークォーターで練習してください。

その上で、練習場で練習する時に
意識して欲しいことがあります。

もう少しで100が切れそうな人でしたら、
ティーショットでそこまで大きなミスは
しないと思います。

しかし、セカンドで大きなミスをしたり、
100ヤード以内から打ってはいけない場所に
打ってしまっている人が多いと思います。

ですので、練習場で100ヤード前後の
練習を重点的にやります。

その時にほとんどの人が、「100」と書かれた
看板などをターゲットにしていると思います。

これが良くないんです。

ターゲットを絞りすぎると、
前後左右へズレた時に、どこが許容範囲なのかが
曖昧になってしまうんです。

実際にゴルフコースで、残り100ヤード。
ターゲットがピンだとして、右にアゴの高いバンカー、
奥からのパットはとても速い。

こんな状況はよくあります。

この状況下では、右と奥には
打ってはいけません。

ターゲットの左と手前ならOKです。

しかし、練習場で漠然と「100」の看板を
めがけて打っている人は、奥にも右にも外します。

ですので、練習の時から、

「ターゲットのどちら側に落とすか?」

を決めて練習して下さい。

例えば持ち球がドローならば、
ターゲットより左に落とすことは簡単です。

逆にスライスの人なら、ターゲットより
右に落とすことは簡単です。

自分の持ち球も考えて、
ターゲットのどちら側に落とすのか?

ここを明確にイメージしながら
練習して下さい。

例えば、3球連続で目標の左に落とす。

とか

3球連続で目標より手前に落とす。

などの練習が効果的です。

練習の時から、この考えが身についていれば、
コースでグリーンを狙った時に、
打ってはいけない所に打たないようになります。

グリーン周りで叩くことがなくなります。

この練習を続ければ、左右のブレに対しても
効果的ですが、アイアンの距離感もしっかりと
養うことができます。

ただただ目標に真っすぐ打つ練習では、
なかなか100は切れないと思います。

思い切った練習をしてみてください。

100を切る為のコツは飛距離アップにあった?

私は100を切る為には、敢えて
5Wや7Wでのティーショットが有効だと思っています。

こう書いてしまうと、

「私は飛ばないので、刻むとスコアになりません」

と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、勘違いをされるアマチュアゴルファー多いのですが、
私は基本的にゴルフは、飛ばすことを
念頭においてプレーしています。

なぜなら、飛ぶことはとても有利だからです。

では、なぜ100切りの為にティーショットで
5Wや7Wを使うようにするのか?

右手のゴルフを始めて、
まず最初に自分のドライバーの飛距離を
大幅に伸ばす事が出来たからです。

ドライバーで200ヤードしか飛ばない人が
230ヤード飛ぶようになると、5Wで打っても
200ヤードは飛びます。

同じ200ヤードですが、
クラブはドライバーと5Wの差が出ます。

どちらの方が精度の高いショットが打てるかは
誰でもお分かりになるハズです。

右手のゴルフで100を切るということは、
まずは飛距離アップをして、
クラブの使用選択肢を増やす事だと思います。

ここを皆さんも勘違いしないで、
単純に刻めばスコアがよくなるとは
思わないで下さい。

まずは右手を使ったスイングを覚えて頂いて、
飛距離を伸ばします。

その上で、コントロールショットを身に付けたり、
クラブを限定したりする、マネジメントを覚えます。

こうして、飛距離の絶対値を上げてから
ショットの精度を磨けば100を切ることは
難しいことではありません。

それにいつも言っていることなんですが、
ゴルフは飛ばないと楽しくないですからね。

子供からご年配の方まで、絶対に今より少しでも
飛ばしたいという気持ちを持っています。

使用するクラブを制限する場合でも、
いつも大叩きするホールに限定しても良いと思います。

さらに、ティーインググランドに立ってから
「狭い」とか「何か嫌だ」とか
プレッシャーを感じるホールだけでもOKです。

これだけでスコアは大きく変わります。

平均スコアが110台の人なら、
あっという間に100が切れてしまうと思います。

皆さんも、

「飛ばせるけど、飛ばさないゴルフ」

を身に付けてスコアップを目指してみて下さい。

コースマネジメントでスコアメイク

今日はスコアメイクに大切な、
項目についてお話したいと思います。

パッティングのスコアメイク

まずはパッティングについてです。

1回のラウンドで40パット以上している人は、
基本的に距離感がありません。

ある程度のレベルでもいいので、
パットの距離感を養うだけで、
スコアは5打以上変わってきます。

そして、もう1つパッティングで
重要な事があります。

それは距離感を合わせやすい場所から
パッティングをすることです。

皆さんはどんな場所からなら
距離を合わせやすいですか?

大きく曲がるラインですか?

下りのきつい傾斜ですか?

お分かりだと思いますが、
基本的に上りのストレートに近いライン。

この場所からのパッティングが
最も簡単です。

ここからパッティングが出来るように、
アプローチやセカンドショットを考えて打てば、
2パットの可能性が大きくなります。

さらに、パッティングが上手くなれば、
アプローチが気楽に打てます。

OBや池ポチャで無駄な打数を重ねない

さらにスコアメイクにとって、
大切なことがあります。

それは・・・

『3打以内にグリーンオンさせる確率』

を上げることです。
※パー4基準

と言っても、勘違いして欲しくないのが、
無理してパーオンを狙わないで下さい。

10回セカンドショットでグリーンを狙って、
3回グリーンオンしたとしましょう。

パーオン率30%なら上出来です。

しかし、残りの7回を1打で
グリーンオン出来る確率はどの位でしょう?

難しい場所からのアプローチや、
バンカーから1打で乗せることができますか?

長いクラブで無理に打って、
セカンドOBや池ポチャしてしまったら?

グリーンオンに4打も5打、それ以上かかってしまう
ケースが多くなるでしょう。

しかし、次のアプローチがやりやすい場所に
レイアップしたらどうなるでしょうか?

花道や、ハザードがかからない残り50ヤードなら、
自分の得意な残り距離からならば、
7回中、4回~5回はグリーンオン出来るハズです。

パーオンと合わせれば、かなりの確率で
3打以内にグリーンオン出来ると思います。

実はこの2つのポイントをおさえるこれだけで、
かなりスコアが変わってきます。

人によっては15打以上変わる人もいると思います。

皆さんもこの2つのポイントを頭に置いて
スコアメイクしてみて下さい。

簡単にベストスコアが更新出来ると思います。

ティーショットでのコースマネジメント

よく見かけるティーショットでの大きなミスには
ある共通点があります。

それは、打ち上げと打ち下ろしのホールです。

ゴルフ場にはフラットな場所の方が
少ないのですが、見た目でハッキリと分かるレベルの
打ち上げ・打ち下ろしは大きなミスが目立ちます。

まずは打ち上げにホールです。

どうしても皆さん、高い球を打とうとして、
左肩が上がって、右肩が下がったスイングになりがちです。

これで少しでもフェイスが開けば、
右プッシュからの大スライスです。

もっとひどければ、ダフって
地面を叩いてしまいます。

では、どうすれば打ち上げのホールで
右肩が下がらないティーショットが打てるのか?

それは、ライナーを打つイメージで
スイングして下さい。

ライナーを打つつもりなら、
左サイドの軸は動きません。

ティーの高さもいつもと同じ高さで結構です。

次に打ち下ろしです。

打ち下ろしのショートホールで
結構OBを打ったり、大きなミスショットを
打ってしまう人が多いんです。

打ち下ろしのショートホールでは
まず、距離感が大切になります。

10ヤード程度の打ち下ろしならば、
番手を1つ下げます。

これは基本的な事ですが、
ここからが大切です。

グリーン周りをよく見て、
グリーンの奥に打ってはいけないのか?

逆に手前に打ってはいけないのか?

この見極めが大切です。

奥がダメなら1番手小さなクラブを持つ。

手前に池や深いバンカーがあったら、
1番大きなクラブを持つ。

このハッキリとした戦略が必要です。

乗らなくてもアプローチが
簡単な方に外せばいいんです。

ピンから遠い方。
ピンより低い位置。

この2つが基本です。

攻めのレイアップでスコアメイク

皆さん、レイアップと聞くと・・・

『刻み』

『守りのゴルフ』

という印象が強いようですが、
実際には違います。

私は、

『攻めのレイアップ』

というものが存在すると考えています。

と言うのも、私のパーオン率は、
30%~以下です。

でもスコアは平均で80台です。

なぜ、パーオン率が低くても、
安定したスコアを出せるのか?

それが攻めのレイアップだと思っています。

私はセカンドショットで、
ちょっとグリーンオンが難しいかな?

と思ったら、躊躇なくレイアップします。

それもかなり思い切ったレイアップをします。

残り距離が180ヤードのレイアップなら、
100ヤードしか打ちません。

なぜか?

100ヤード打てば、次は残り80ヤードです。

残り80ヤードのフェアウェイからなら、
ウェッジのフルショットで、確実にキャリーした
ポイント付近に止められます。

だから、思い切って80ヤードを残します。

こういった戦略が攻めのレイアップだと
私は考えています。

アマチュアゴルファーの皆さんも、
アイアンで届かないような残り距離なら、
思い切ってレイアップを選択してみましょう。

得意な距離を残してもいいですし、
次が打ちやすそうな場所へ打っていく。

レイアップをしていくと、
コースマネジメントというものが、
よく分かってきます。

勿論、なんでもかんでもレイアップするのではなく、
6番アイアン以下のクラブで普通に打てるライなら、
パーオン目指して打っていいと思います。

ただし、左右に池や崖があったら、手前に刻んで、
ランニングアプローチで寄せる選択肢も持ちましょう。

こうする事で、選択肢が増え、
心に余裕のある状態でゴルフが出来ます。

精神状態が落ち着いていてプレーをすれば、
ゴルフはとても楽しいスポーツです。

また、頭脳的なホール攻略も
ゴルフの楽しみの1つです。

是非、皆さんも

『攻めのレイアップ』

をマスターして、ゴルフを楽しんでください。