片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフ ヘッドアップがミスショットの原因ではない

head_up

耳が痛くなるほど言われ続けた言葉

私はゴルフを始めたばかりの頃、ミスショットの度に
「今のはヘッドアップしていたから」
とずっと言われていました。

これを言われた事がないゴルファーの方が
少ないのではないかとも思います。

ですがヘッドアップがミスの原因になる事は殆ど無いのです。

そもそも始めたばかりのゴルファーが
好き好んでボールから目を離す事は殆どありません。

ヘッドアップの原因の一つは
身体の拒否反応にあります。

「腰を切り、身体を回転させ、
それに腕が引っ張られて最後の最後に
クラブヘッドが降りてインパクト」

この現在主流となっている打ち方を
初心者がいきなり実践しようとすると、
腰は伸び切り、体は開いて、
思い切り振り遅れてボールにインパクトすることになります。

そうなってしまうとインパクトまで頭を残せと言われても、
あまりの負担が首にかかるので、
それを軽減しようと体が勝手に首を上げさせてしまいます。

よく言う
「ボールの行方が気にするからヘッドアップする」
というのも同じように間違ったアドバイスです。

全てのミスはヘッドアップでは無く、
身体の間違った使い方と、それによる
クラブヘッドの軌道とフェースの向きから来るものです。

頭を残して起こるミス

頭を残さねば、と意識してスウィングしてしまうと
「このまま振ると頭が残らない」
と身体が判断してしまい、途中でブレーキを無意識にかけてしまいます。

どうすれば頭が残るのか瞬時に逆算して
セーブしてしまう程の運動神経を
元々人間が持っている事にも驚きですが、
これにより確実に飛距離は落ちてしまいます。

そして、左サイド主体のスウィングでは
回転も途中で止まってしまう事にもなるので
引っかけのミスも出やすくなってしまい、
それを嫌うとプッシュアウトしてしまいます。

中には猛練習してヘッドアップしないためには
どう身体を動かせば良いかを研究して
見事にスウィングされている方も見かけますが、
結局クラブと身体を最大限に使えていないので、
勿体無いスウィングになってしまっています。

また、ドライバー等の長いクラブで
これをし続けてしまうと、より首に負担がかかってしまい、
頸椎を痛める事にもなってしまうので要注意です。

飛ばす為には「ヘッドアップ」

最大限の飛距離を得るにはダウンスウィングから
インパクト直前まで加速させてきたクラブヘッドを、
何の抵抗も与えず、そのままの速度でボールに当てる必要があります。

勿論、加速させると同時に遠心力も最大限にかけていきます。
いずれにしても生まれた力のすべてをボールにぶつける事が大事になります。

それをする為にもインパクトの直後からは
頭を身体の動きと同調させ「ヘッドアップ」させてしまいます。


head_up_ok


これにより途中でブレーキがかかる事もなくなります。

とは言っても「右手のゴルフ」では
どれだけヘッドアップしようとしても、
身体が必ず閉じた状態でインパクトするので、
外から見ると、ちゃんと頭が残っているように見えていると思います。

たまに同僚から
「頭を残してる飛んで曲がらないんだな」
と言われるのですが

「ヘッドアップするつもりで打っている」
とは言うにも言えず複雑な心境になり返答に困る事があります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフ グリッププレッシャーの強さはゆるゆるだけではない

右手のゴルフを生かす握り方

基本的な形はフックグリップと呼ばれるグリップで、
左手はナックルが2つほど見えるように、
反対に右手はナックルをやや下に隠すようなグリップになります。

grip-1

これは現代のクラブの性能を引き出す為のグリップでもありますが、
同時に左右の手首を最も有効に使えるグリップでもあります。

この時、右手の感覚を生かすために、
なるべくオーバーラッピングかテンフィンガーで握るのが良いかと思います。

オーバーラッピング

テンフィンガーと聞いて年配者や女性用のグリップだと思われる方も
多いと思いますが、アマチュアの方でも
前腕部の筋力が優れている人でなければ試してみる価値はあるかと思います。

10finger

もしくは、右手の動きを非常に感じやすくなる為、
右手の動きを覚えるまでの採用でも良いと思います。

逆にインターロッキングは左右の一体感が強くなり、
右手の感覚が鈍るので「右手のゴルフ」ではあまりお勧めできません。

インターロッキング

グリッププレッシャーの判断基準

グリップを握る際は、なるべく左右両方、
人差し指、中指、親指の三本の指で握るようにしてみてください。

そして握る強さは誰かにクラブを引っ張られたら
抜けてしまうくらいで十分です。

柔らかく握ると、手首も柔らかく使え、
クラブヘッドが走り、捕まりも良くなります。

これは多くの雑誌やレッスン書で書かれていると思いますが、
別の言い方をすれば、グリップに力が入りすぎてミスする事はあっても、
柔らかく握りすぎてミスすることはありません。

しかし、稀に力を握れと言われ過ぎた為に、
それに気を取られ過ぎてクラブが全く振れてない方も見かけるので、
あくまでユルユルに握るのはヘッドを走らせる為なのでスウィング中、ずっと気にする必要はありません。

身体の動きを一つ一つ気にしていては効率の良い動きは出来ませんし、
パフォーマンスが落ちてしまいます。

パターのグリップは強く、ドライバーのグリップは柔らかく

では全てのクラブをユルユルに握れば良いかというと、そうでもありません。

パターは距離感と方向性が全てなので、
ヘッドが走らない様にしっかりと握るようにします。

よくパターも柔らかく握れと様々な本に書かれていますが、
柔らかく握っているせいでパターが苦手になっている方をよく見かけます。

中でも多いのは、あまりに柔らかく握っているため
テイクバックが大きくなり過ぎて
「このままではカップをオーバーする」と体が無意識に反応してしまい、
インパクトゾーンでクラブヘッドを減速させながらボールを打つせいで、
いつまでたっても距離感が合わないというものです。

しかも、それではフェース面も安定せず、
ボールの転がりも悪いので方向性もバラバラになってしまいます。

しかし最初からクラブの先端まで自分の腕だと思えるくらい
しっかりと握っていれば、この様なミスは簡単に防げるようになります。

勿論、短い距離のアプローチも飛ばす必要が無く、
方向性と距離感が大事になるので、
グリッププレッシャーは強めになります。

反対にドライバーは14本のクラブの中でも
最も柔らかく握るようにします。

シャフト、ヘッドの性能を如何に引き出すか、
如何に遠心力をかけるかが大事になります。

実はハンマー投げの有名な選手の言葉に
「グリップは赤ちゃんの手を握るように」
という言葉があります。

それほど柔らかいグリップは
パフォーマンスを向上させてくれるのです。

これはヘッドを走らせて打つバンカーショットにも有効で、
バンカーが苦手な方の殆どがグリップを強く握りすぎている為に失敗しています。

飛ばす、ヘッドを走らせるスウィングは柔らかく、
飛ばさず、距離も方向もコントロールするスウィングはしっかりと握る。
これが「右手のゴルフ」の基本になります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


短いアプローチのコツは右手の甲で距離感を出す!

approach-1

短い距離ほどミスが辛い

ラウンドではメンタルが大事とよく言われますが、
このメンタルを保つためにもアマチュアは
短い距離を打つ時ほど気を付けなければなりません。

短い距離程ミスした時にショックを感じてしまう理由としては
「短い距離」=「簡単」という考えも勿論ありますが、
もう一つ大きな理由としてはイメージの失敗があります。

これは、ドライバーのティーショットや長い距離のセカンドショットでは、
どうしても弾道のイメージが曖昧にか持てないため、
どんな失敗をしてもOBでさえなければ良しとできる心の余裕があります。

しかも次のショットが良ければ、
帳消しにできる可能性もあるので前向きにミスと向き合う事が出来ます。

ですが、これが20y前後にもなってくると、
途端にショットの成功イメージが強く出てきてしまいます。

例え、多少ミスしても良いと思いつつも、理想とする弾道が浮かび、
今まで以上に理想的な結果を強く望んでしまいます。

この状態で、ザックリやチョロをしてしまうと「理想とのギャップ」
を強く感じてしまい、精神的なダメージとなってしまいます。

しかし、この20y前後のショットほど厄介な物はありません。

ロブショット等は別として、これだけの距離しか飛ばさないショットは、
殆どクラブヘッドに「力」を与える事が出来ません。

それ故にボールのライ、つまり芝の種類や芝目、
ボールの浮き沈みや僅かな傾斜からも非常に大きな影響を受けてしまいます。

綺麗にボールに当たれば完璧に20yのスウィングをしたとしても、
強い芝目にクラブが引っかかってしまえば1yも転がらない可能性もあるのです。

右の手だから出せる距離感

短い距離は難しいと言ってしまいましたが、
これはあくまで今の主流になっているスウィングでの話しとなります。

現在のクラブにはAWにもSWにも「バンス」が付いており、
更にソール形状も工夫されていますので、
それを使えれば短い距離も特に難しい物ではありません。


wedge


しかし、どうしても左サイドを動かすスウィングでは
インパクト直前の入射角が大きくなり、上からクラブが降りてくるために、
クリーンにボールを打つことを強制されてしまいます。

よくSWのリーディングエッジをボールと地面との隙間に入れて
綺麗にボールだけ打とうと練習されている方も見かけますが、
コースでそれをするには相当な練習量が必要になってしまいます。

ですが「右手のゴルフ」は非常にインパクト直前の入射角が小さいため、
ウェッジに備わったバンスを有効利用でき、
ボールをクリーンに打つイメージも不要になるため、
アプローチを非常に簡単なものにしてくれます

そして何より「利き手」を最大限に使えるので距離感が格段に良くなります。

右利きの方がゴルフボールを持って
20y先のカップに入れて下さいと言われれば確実に右手で投げるはずです。

なるべく20yを越えないようにと言われれば下手投げになるでしょう
これが素直な身体の使い方だと思います。

間違っても左手でしかも手の甲を目標に向けながら
バックハンドトスのような投げ方をすることは無いはずです

ですが、ゴルフとなると急にそんな動きを教えられてしまいます。

ゴルフを始めたばかりの頃、
上手くなりたいならアプローチを沢山練習しろと
私も同僚や上司からよく言われましたが、
なるほど左手でバックハンドトスをしろと言われれば
上手くなるのに相当な練習が必要なのも納得してしまいます。

20ヤード以内はコックもフェイスローテーションも使わない

飛ばす必要が全くない20y以内のアプローチでは、
コックやフェースローテーションは不要となります。

コックが入るとヘッドスピードの調整が難しく、
思いのほか距離が出てしまったり、
上からクラブが降りてきやすくなったりとデメリットが多くなってしまいます。

フェースローテーションも、
これをしてしまうとスピン量が不安定になったり、
インパクトできっちりとフェースが戻って来なかったりしてしまうので、
どうしても距離感や再現性が下がってしまいます。

たまに雑誌等でプロが、止めるアプローチならフェースを返さない、
転がすならフェースを返す。とコメントしているのを見かけますが、
それほどフェースのローテーションは距離感に影響が出てしまいます。

これは芝の上から常に練習できるプロだからこそできる調整方法でもあるので、
まずはフェースローテーションをせず、常に狙った距離を打てるようにしておくことが大事です。

また20y以内、特に10y前後のアプローチでは
「飛ばさない工夫」も必要になってきます。

最も簡単に飛距離を落とす方法は
グリップとヘッドの運動量を同じにすることで、
その場合のテイクバックは身体は使わず右手の甲を後ろに引くだけとなります。

後はパターでアプローチをするように
右手とヘッドを同調させて同じように動かしてやれば
不意な飛び過ぎを防ぐ事ができます。

この時も、左サイドは動かさないようにだけ注意してください。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


右手のゴルフは左足上がりも左足下がりもクローズドスタンス

傾斜が何故難しいのか

多くのアマチュアゴルファーがスコアを
伸ばせない大きな原因の一つに「傾斜」があります。

何故それほど傾斜が難しいのか?
と疑問に思われるかもしれませんが、一言で言ってしまうと
「練習不足」が原因となります。

今の主流のスウィング理論では、傾斜が変わる度に
身体の動きも変わってしまい、またクラブのボールに対する
入射角もそれによって不安定になってしまいます。

例えば、左足上がりならダフりやすく、
左足下がりならトップしてしまうミスが多くなるのもそのためです。

これらは左手リードや左サイドを動かしてしまうような
スウィングではどうしても起きやすくなってしまうのです。

また、足でボールを踏みながら打ってみたり、
不安定な傾斜でのショットを想定して練習をされている方も多いとは思いますが、
それでもボールのライまで同じように傾斜を付けるのは難しくなります。

結局、ボールが傾斜にある場合のショットの練習をしていなければ、
いつまでたっても傾斜=トラブルショットになってしまいます。

傾斜でミスをしやすいスウィングをカバーするために、
番手を下げてクラブを短く持ち、ボールの位置を変え、
スタンスを変え、振り方を変えて、傾斜からまず出す。

この解決方法では、いつまでたってもスコアは伸びそうにないかと思います。

右手のゴルフならスウィングに悩まない

現在主流のゴルフスウィングは
「傾斜角」に大きく影響されてしまいます。

右に体重を移して、左に体重を移して打つという動きを
自分で意識して行っている以上、水平な練習場のマットの上でなら
一定の再現性があったとしても、たった数度でも角度が付いてしまうと
感覚は変わってしまい、途端に同じスウィングが出来なくなります。

例えば、左足上りなら体重は右に移りやすく、
左には移しにくくなります。

こんな状態でセカンドショットを打ったとして
次のショットが今度は左足下がりなら、いつも以上に感覚は大きく変わってしまいます。

さっきの感覚が残っていればテイクバックでは
右に体重が移りにくい様に感じ、
インパクトにかけて左足にいつもより体重移動してしまいます。

ティーグラウンドこそ、なるべく水平になるようには作られていますが、
余程簡単なコースを除けば、あえて水平な所を殆ど作らない様に設計されています。

そんな所で、傾斜に弱いスウィングをしてしまってはコースの思う壺にもなってしまうのです。

ですが「右手のゴルフ」では体重移動を自分で起こさないため、
傾斜でスウィングを崩されるという事が起きません。

しかも下半身を動かさずに先にクラブを下に振り下ろすだけなので
傾斜によって身体の動きが変わってしまうのも防いでくれます。

注意する点は僅かに1点で、アドレスした後、
右足を少し下げてクローズドスタンスにしておく。これだけです。

この時、目標より右を向いてしまうのを防ぐ為に、
必ずアドレスを決めてから右足を引くようにします。

これにより、右手が降りてくる空間が広くなり、
俗に言う「懐が広いスウィング」が可能になり、
インサイドからボールをインパクトしやすなるのと同時に、
左サイドの軸をより安定させることができます。

つま先上がり、つま先下りもクローズドスタンス

非常に厄介な、つま先上りもつま先下がりも
クローズドスタンスで対処できます。

この様な場合、通常のアドレスだと、かかとに体重が乗りすぎれば左が、
つま先に体重が乗りすぎれば右へのミスが出やすいのですが、
クローズドスタンスにすることで、かなり軽減されます。

また、これらのショットを難しくしている要因に、
ボールの位置がいつもよりも自分に近い、
または自分から遠いということもあります。

つま先上りですと、高くティーアップしているボールを打つようなもので、
つま先下がりですと、自分が高い段差の上に乗っている様なものです。

更にその状態で足場には傾斜がありますから、
どれほど難しいショットなのか容易に想像できるかと思います。

この時、左サイドを大きく使う従来のスウィングですと、
どうしてもクラブの入射角がきつく、上からヘッドが降りてきてしまう為、
いつものボールの位置が上下でズレてしまうと、
インパクトゾーンが極端に短くなり、ミート率もかなり下がってしまいます。

これに対し、もともとクラブの入射角が緩やかな
右手主体とクローズドスタンスの組み合わせは、
インパクトゾーンでのクラブヘッドの上下の動きはほとんどないため、
ダフりやトップのような大きなミスを防いでくれます。

勿論、このクローズドスタンスはティーショット等の平坦な場所でも、
ヘッドの軌道を緩やかにしてくれるので、
全てのショットをクローズドスタンスにしてしまっても問題有りません。

実際、片山プロも20㎝ほど右足を下げたスタンスでラウンドされているそうです。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフ 左足体重の勘違いバックスイングは左膝を前に出すだけ

左足体重がリバースピボットの原因

「インパクトはアドレスの再現」や「左1軸スウィング」
などの流行言葉が原因かは分りませんが、アドレスで左体重になるように構えている方をよく見かけます。

本人はそう感じていないのかもしれませんが、
アドレスで左足体重に構えてしまってはスウィング中にほぼ間違いなく
「リバースピボット」を起こしてしまいます。


リバース


これはトップオブスウィングで左足に体重が乗ってしまい、
ダウンスウィングで今度は右足に体重が移るという
俗に言うギッコンバッタンと呼ばれる動きで、
曲がって飛ばないスウィングの代名詞とも言えます。

アドレスで既に左へ軸を移動させて構えているので、
テイクバックで右足に体重をかけようと思えば、
通常のスウィングよりも遥かに右サイドに移動しなければなりません。

そうするとボールから身体が離れていくような恐怖心を感じる上に、
ダウンスウィング開始と同時に元の場所まで移動する必要がありますので再現性が極端に下がってしまいます。

もしこの移動を嫌がれば自然と左足に体重が乗ったままの
トップを作る事になるのですが、そこからが大きな問題となります。

トップで左サイドに体重があると、
スウィングに必要な力がどうやっても出すことができません。

一般的に言われている腰の回転も脚の蹴りも右にある程度の体重が
乗っていなければ使う事ができないため、身体がその動作を行おうとして左の体重を反射的に右側へ移してしまいます。

この時、足腰が強ければその場で強引にクラブを振り下ろしてくるこもできますが、
殆どの場合クラブの動きと重さに引っ張られてしまい右足に体重が乗り切ってしまいます。

こうなってしまうと、もう一度左に移動させる事は非常に難しいのです。

そして右足に体重が乗り切った状態でインパクトを迎えることになり、
そのままフィニッシュを取らされてしまうので「リバースピボット」となってしまいます。

左膝を前に出すと胸が後ろを向く

5:5の体重配分で構えたアドレスから
「踵を上げない様にして左ひざを前に出す」
これだけで再現性の高いテイクバックを行う事ができます。

踵を上げなければ左腰が前に出た分だけ右腰を後ろに引くことができ、
その動きに連動し、胸や肩も自然に後方へと向ける事ができます。


左膝


ここでは「腰が何度回って、肩が何度」や「捻転差を大きく」等と言った
再現性の低い動きや、体に負担をかける動きは必要はありませんし、
右の膝も無理に角度をキープしなくて大丈夫です。

このような身体を不自然に動かす動きは、
腰と体を「回転」させる事で力を生み出そうとする理論の物なので、
ここでは一度忘れてみてください。

PGAで話題になったスタック&ティルトも
実はこのバックスウィング方法に非常に近く、向こうではライトポケットバックや
ヒップターンという言葉が用いられ、右の腰を後ろに引くことで、同じようにテイクバックさせようとしています。

テイクバックのきっかけやダウンスウィングから
インパクトにかけての動きが若干異なるので、
セットアップの方法などに違いはありますが、
どちらも現代のクラブの特性を最大限に生かすためのテイクバックとなります。

勿論、傾斜ではアドレス時の体重比率を変えていきますが、
スウィング中における前傾角度のキープが容易で左右への体重移動も殆ど起きないため、
トラブルショットに強いというのも「右手のゴルフ」の大きなメリットとなります。

ボールが押せる、強く叩ける

この左膝を出すだけのテイクバックで本当に強い球が打てるのか?
そう思われる方も決して少なくないと思います。
今まで一生懸命、右膝の角度を変えないようにテイクバックしていたり、
腰を動かさない様にして肩だけ回して捻転差を作っていたり。

そうしたバックスウィングをされてきた方には、
この左膝を出すだけのテイクバックでは、拍子抜けしたような、
または何処にも力が溜まっていないような、そんなスウィングに感じてしまうかもしれません。

しかし、このテイクバックは再現性も高いのですが、
本来はインパクトでボールを強く押すために、強く叩くための準備動作なのです。

よく叩きに行くとボールが曲がるなんて言葉を耳にしますが
「叩きにいく」のは確かに曲がる原因ですが「叩く」ことは決してボールを曲げる要因ではありません。

ボールを押せるインパクトを作ってやれば、
意識せずともボールを強く叩く事ができ、
それは曲がる原因どころか曲がりにくいスウィング作りに必要不可欠な物になります。

少し乱暴かもしれませんが、クラブの入っているキャディバッグを地面に倒して置いて、
底をクラブで叩くつもりでアドレスしてみて下さい。

家の柱などでも構いませんが、十分周りにお気をつけください。

そしてバッグの底にヘッドを付けたら、
それをボールにインパクトした瞬間に見立てて、
一気にバッグを前方に押してみて下さい。

この時、もし胸や腰が左を向いてるような状態で
左足に体重が乗っているとすれば、実は全く押せていません。

つまり、そのインパクトの形では、ボールは押せませんし
叩くことも出来ないので、飛ばないのです。

本当にバッグ、つまりボールを押すためには胸も腰も、
ほぼ正面を向いていなければなりません。

それどころか腰は胸よりも右を向こうとしているくらいが、
最も強く押せる状態なのです。

そして強く押せている時は軸は左にあっても体重は殆ど右足にかかってきます。

分かりやすく言うと壁を全力で押せば
どんなに前傾していても体重は必ず後ろ足にかかってきます。

前足に体重をかけてしまっては壁を押すことはできません。

つまり、このインパクトを行うためには、
今までのスウィング理論のようなテイクバックからトップにかけて、
身体に回転するためのエネルギーを溜めていくような動きは寧ろ邪魔になってしまいます。

そのようなテイクバックでは
ダウンスウィング開始と同時に左に体重が移りきってしまったり、
腰や肩が左に早く向き過ぎることが多く、
そうなってしまってはボールを押すことも、叩く事もできず、体重を乗せる事も出来ません。

トップから身体を動かさずに腕を下に振り、
一気に遠心力を加えるハーフウェイダウン、
腕の落下が終わった瞬間からグリップを支点として更にクラブヘッドが加速するインパクトゾーン、
そして強くボールを押せる体勢のインパクト。

この様に身体の回転や捻じれを使わずとも
十分すぎる程の力を「右手のゴルフ」では生み出す事ができるのです。

補足になりますが、スタック&ティルトの場合、
インパクトで左足体重を推奨しているのは左足を一気に伸ばす動きでクラブを加速させるためです。

この動きは人によって得意、不得意があり、膝への負担が大きいため注意が必要となります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフは体重移動をして左足の踏み込みが必要なのか?

体重移動なし

体重移動が再現性を下げる

雑誌やレッスン書などでも体重移動を
推奨している記事をよく見かけますので
「飛ばすためには体重移動が不可欠だ」
と思われている方も多いと思います。

では、どのタイミングでどれだけの
分量を何処から何処に移動させれば良いのでしょうか?

実はこの体重移動を自分でする動きは
非常に再現性が低く、テイクバックで
右サイドに移動させたのなら、
ダウンスウィングでまた同じように
元の位置へ移動させなければいけません。

それはショット時のコンディションや
使用するクラブによって常に変化してしまいます。

また、コースでは人間が感じ取れない
程度の傾斜、もしくは傾斜に感じない
ように錯覚させる罠も多く仕掛けられていますので、
知らず知らずのうちにスウィングを壊してしまう原因にもなってしまいます。

このように体重移動を使ったスウィングはリスクが高く、
デメリットが多いものとなってしまうのです。

それでも「少しでも飛距離が伸びるなら」と、
このスウィングに取り組む方も少なくないかと思います。

ですが、そもそもこの「体重移動」こそが
飛距離を落としている原因になっているかもれないのです。

「移動する」=「減速」

体重移動が飛距離を下げてしまう最も大きな要因は、
まさに「移動」を自ら起こす事にあります。

それをするためにテイクバックからトップにかけて
右へ軸を動かしてしまうと、インパクトまでに
今度は左へ移動させなければなりません。

体重右

この時、左に行き過ぎればプッシュアウト、
戻りが足りなければ引っかけた打球が出やすくなります。

よく言われる左へ踏み込む動作も、殆どの場合が
左に軸が移動しすぎてしまうことになり、やはり前に述べたスウェーの原因にもなります。

仮にそれを回避したとしてもインパクト前で
体重が右に移りきってしまっては、
そもそも右に体重移動した意味が無くなってしまいます。

さらに軸を右から左に移動させている間にインパクトしてしまうと、
グリップ位置も「移動」しながらインパクトを迎える事になってしまいます。

これが非常に厄介で、どれだけ体重移動をしても飛ばせない一番の原因になります。

つまりグリップの位置が定まらなければクラブの加速は生まれないのです。

よく聞く「フォロースルーでクラブをヒュッンと鳴らせ」
という教えも一歩間違えればインパクトゾーンでグリップが
動き続ける原因にもなってしまうので、意識しない方が良いかと思います。

ボールに当たった後にグリップを位置を固定させて
ヘッドを走らせても飛距離は1yも伸びません。

この動きは他のスポーツでも見る事が出来ます。

野球で野手がボールを捕り、一気にバックホームへ送球する時も
助走を付けた後、投げる瞬間は必ず一旦止まります。

走りながらでは腕が加速できず、ボールを早く遠くへ投げる事ができないのです。
それと同じようにグリップを移動させている間はクラブヘッドを加速させられないのです。

大事なのは遠心力

力があっても飛ばない人、非力でも飛ばせる人、何が違うのか?

スウィング、ヘッドスピード、ミート率、
様々な答えが返ってくるかと思いますが、
一番の要因は遠心力がクラブヘッドに働いているかどうかです。

遠心力が無ければ「シャフトの延長線上に芯がない」
というクラブの特性上、ヘッドスピードが早くても
思うようにボールを飛ばす事はできません。

軽く振った方が飛んだなんて良く耳にしますが、あれこそまさにです。

飛ばさなくて良いと思えば、多くの人は今までより
コンパクトなスウィングをしようとします。

その体の動きを最小限に抑えたスウィングこそが、
大きな遠心力を生み、クラブを有効に使う為のスウィングになります。

例えば50㎝くらいの紐に五円玉を括り付けた物を
ゆっくり回しているとします。

それを出来るだけ早く振り回そうと思うと、
持っている手の動きはどんどん小さくなっていくかと思います。

そして手の動きが最小限になった時が最もスピードがあり、
最も遠心力が働いている状態になります。

これと同じようにクラブも最小限の動きで振ってやればいいのです。

「自分が一生懸命動けば動くほどヘッドスピードは遅くなってしまう」
こんな報われないスウィングは止めておきましょう。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフにおける左の壁は腰を切ると崩れてしまう

左の壁は「動かさない事」で初めて意識できる

「右手のゴルフ」はその名の通り右手、右サイド主体の
スウィング理論となっていますが、軸は「左軸」とされています。

これだけ聞くと一時期流行した「2軸スウィング」
の様な印象を受けますが、実は全く異なります。

この理論ではトップオブスウィングからインパクトにかけて、
左サイドを全く動かさないのです。

腰を切る動きも一切必要ありません。
軸という物は動かさない事で初めて感じる事が出来るのです。

よく雑誌等でトップの時に出来た右股関節のズボンの皺を
フォロースルーでは左股関節にも作るようにと書かれているのを目にします。

確かにこれなら左軸をキープしながら左腰を切る動きになりますが、
習得に時間がかかり、また同時に脚や腰への負担も大きく、
これに耐えるフィジカルを持つアマチュアゴルファーはかなり限られてしまいます。

多くの場合、この負担を体が嫌い、無意識に力を逃がそうと動かしてしまいます。

また「バンプ」というダウンスウィングで
腰を左にスライドさせる動きが必要だという記事もよく目にしますが、
アマチュアゴルファーがこれを意識してしまうと、殆どの場合「スウェー」となってしまいます。

左スウェー

こうなってしまっては、余程の筋力とセンスが無い限り
右腰がアドレスより前に出てインパクトを迎える事になり、
俗にいう腰が引けたスウィングになってしまうのです。

しかも、クラブ軌道はアウトサイドインの軌道になりやすく、
スライスボールや引っかけが出やすくなり、
またそれをインサイドアウトの軌道に振ろうとするとクラブが寝てしまい、
プッシュスライスや力の無いフックボールが出てしまいます。

このような左サイドが動くスウィングでは、
どれだけ練習しても安定したショットを打つことも、
左軸を感じる事も残念ながらできないのです。

後ろを向いたまま打つ

では左腰を切らずにどうやって打つのか?果たして打てるのか?

捻じるように使う下半身主体のスウィングや、
でんでん太鼓のようなイメージでスウィングしている方には想像しにくいかと思うのですが、
目標に対して後ろを向いてボールを打つドリルがあります。

後ろ

これには「右手のゴルフ」において大事な動きの大部分が詰め込まれています。
そしてそれは近年のゴルフクラブも使いこなす為にもとても大事な物でもあります。

まず、この練習方法ではトップからインパクトにかけて
グリップがアドレスの位置へとほぼ直線運動で降りてきます。

それに伴ってクラブもやはり直線運動で降りて来ることになります。
さらに重力も合わさってハーフウェイダウンの辺りまで一気にクラブは加速していきます。

日常の中でも金槌や鍬等を使う時は、ほぼ間違いなくこの使い方をしていると思います。
しかし、ここまでの加速が左サイドを動かすスウィングでは中々生み出せないのです。

そして、ダウンスウィングの後半、シャフトが丁度水平になる辺りから、
グリップ位置はそれ以上は下にいけないのでクラブはグリップを中心に一気に円運動を開始します。

これによりクラブヘッドに遠心力がかかり、強くボールを打つことができるのです。

この時の上半身の動きは、トップオブスウィングから
右サイドを90°程回してボールの方を向く。

ただこれだけしかないのです。
下半身は特に意識しなくても上半身と共に必要最低限、勝手に動いているはずです。

このドリルではインパクト後のクラブの動きは気にせず、
頭も残そうとはせず、左手の動きや腰の動きなども考えない様にします。

この時、右サイドの動かし方が正しければボールは真っ直ぐ打ち出されます。

これは本来、左腕のたたみ方を覚えるドリルとなりますが、
これにより、左腰を切らなくとも、右手の力、クラブの落下運動、
そして遠心力がボールを飛ばすのに十分な力を生んでくれることを同時に理解することができます。

後は如何にそれを左腕が邪魔しないか、だけなのです。

よく球が曲がると「右手が悪さした」と言いますが、
この理論では悪さをするのは寧ろ「左手」の方になります。

「左」という言葉がゴルフを下手にする

そもそも何故これほどまでに左手主体のスウィングが広まっているのでしょうか?

キャッチボールのような単純な遊びでさえ利き腕でなければ楽しむ事は難しいと思います。

ですから、使った事の無い道具で、しかも不器用な腕を使って
打てという教えにもっと素直に疑問を抱いて良いはずだと思います。

ボーリングやビリヤード、ダーツ、テニス、卓球、釣り。
あらゆるゲームやスポーツ、日常の動作の中で、
不器用な左手をあえて積極的に使うメリットが果たしてあるでしょうか?

貴方の「飛ばない」「スコアが伸びない、」「スライスする」「腰が痛い」
それらの悩み全てが左サイド主体のスウィングが原因だったとしたら? 

もしそれらが、器用で力強く、柔らかく動く「右腕」を使うことで解消されるとしたら?
迷っている時間がもったいないかと思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフ スイングを安定させる為には綺麗なフォームはいらない

フォームばかり気にしていた5年間

今から8年前、丁度50歳を迎えた年に取引先のコンペに急遽参加が決まり、
私は初めてゴルフクラブを握りました。

同僚から3ヵ月程あれこれ教わったものの、結局コンペのスコアは
「168」もちろんブービー賞でした。

その日から私は「皆を見返してやりたい」という一心から人が変わったかのように
ゴルフに打ち込むようになりました。

ゴルフ雑誌やレッスン書を買いあさり、練習場のレッスンにも通い、
必ず再現性の高い綺麗なフォームを身に付けて「良いスコア」と同時に
「恰好良いスウィング」を手に入れてやろうとボールを打ち続けていました。

プロの様なスウィングが目指すべきスウィングだと思っていたからです。
それから5年程経ち、それまでのレッスン通いと、本からの大量の知識が功を奏したのか、
周りから「綺麗なスウィングだ」と言われるようになっていました。

ですが、その時の私には「飛ばない」「スコアが悪い」という大きな悩みがあり、
素直には喜べませんでした。

月に2回か3回はラウンドへ行ってはいましたが、5年経っても100が切れず
ベストスコアは「105」悪い時には120以上叩く時もありました。

周りにはスコアは100前後と言っていましたが、ダボペースで回れていれば御の字でした。
また「飛ばない」という悩みも非常に大きく、
これは「ゴルフを始めたばかりの頃の方が飛んでいたのでは?」
と同僚からも指摘されるほどで「力の無い球が右に飛び出し少し右に曲がって150y」
これが私のドライバーショットでした。

「歳を重ねれば飛距離も落ちるものだ」と自分に言い聞かせ
「飛距離の無さ」と「ゴルフの才能の無さ」をもう受け入れきっていました。

そんな時に、たまたま立ち寄った書店で平積みされていた
「右手のゴルフ」という書籍を見つけたのでした。

「綺麗なフォーム」の弊害

当時の私のスウィングは左の腰を切って、左手リードで、
上半身との念点差を作り、最期にクラブヘッドをボールにぶつける。

という典型的な昔から言われている理論で、またゴルフ雑誌等でプロの連続写真を見つけては、
それと同じ様にクラブを振ろうとフォームのチェックを繰り返していました。

しかし「左腰を切る」「飛ばすために体重移動」「左手リード」
「クラブを溜める」「ヘッドアップしない」等と言った雑誌に書かれていた
文言やレッスンは全て、殆どのアマチュアゴルファーが真似すべきでは無い動きでした。

特によく言われる「左腰を切る」という動きですが、これは自分の意志で行ってしまっては、
多くのゴルファーは「腰砕け」と言われる上半身と下半身がバラバラになる動きになってしまい、
飛距離が落ちるどころか慢性的な腰痛の原因にもなってしまします。

私もプロの様なスウィングを追い求め、それらを鵜呑みにして5年程練習していましたが、
同時に酷い腰痛に悩まされるようになっていました。

今思えば、あのままのスウィングを続けていれば、飛距離が落ちるどころか、
数年後には満足にゴルフが出来なくなっていたと思います。それほど「右手のゴルフ」は身体への負担も軽減してくれました。

1打で感じた確信

「右手のゴルフ」には左腰の動かし方も、左手の動きも
全くと言って良いほど書かれていませんでした。

いざ練習場でボールを前にしても「本当にここまで右手だけで振って良いのだろうか」
と半信半疑な気持ちはありましたが、とにかくまず打ってみなければと思い、
私は今までの「左腰の動き」「左腕のリード」「クラブの溜め」を全て忘れ、
トップから一気に右手だけでボールを打ちにいきました。

インパクトの瞬間、右手には今まで感じた事のないボールが潰れた感触が伝わり、
クラブがボールを押しているとハッキリ分かる手ごたえを感じ、打ち出された球は、
ほぼ真っ直ぐ200yと書かれた幕の上にライナーで突き刺ささっていました。

私は、今のは自分が打った球なのかと嬉しい戸惑いを感じながらも、
その感覚を忘れないように時間を忘れ何時間も球を打ち続けていました。

この時打った1打が自分の本当のゴルフの出発点だったと思います。
3年前は150yがやっとだったドライバーは、今では220yを越えるようになりました。

また月に1回のゴルフでもスコアは80台をキープできるようになり、
何より腰痛に悩む事も無くなって、楽しくゴルフが続けられるようになりました。

今と昔のスウィングを見比べてみても、今のスウィングの方が自然に見え、
無駄の無いスウィングになっています。

皮肉な物で綺麗なスウィングを追いかけるのを辞めた事で、身体に負担をかけず、
それでいて安定したスウィングを手に入れる事ができたのです。

もし少しでも今の飛距離やスコアに不満があれば、また身体のどこかに
負担をかけたスウィングをしているなら、ゴルフを始めたばかりで直ぐに上達したいと思うなら、
是非「右手のゴルフ」を実践してみてください。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドライバーとアイアンの打ち方の違いはスイングプレーンを見る

ドライバーはフラットなスイングになってしまう

クラブが長くなると横振りになる

ドライバーとアイアンは違う打ち方をするのか?
それとも同じ打ち方なのか?

というのもよく聞きますね。
私も思っていました。

現在の私の見解は、打ち方はアイアンも
ドライバーも同じだと思っています。

ただし、アイアンとドライバーでは決定的に違う所が
スイングの中に存在すると思っています。

それが、『スイングプレーン』です。

アップライトなスイングが良いのか?
フラットなスイングがいいのか?

といった内容を雑誌で見かけますが、
右手のゴルフを始めるまでは、あまりスイングの
プレーンを意識した事がありませんでした。

実際には、みんなどちらかに寄っていると思います。

しかし、どちらかが良くてどちらかが悪いといった
物ではないと感じています。

というのも、クラブが長くなれば長くなるほど、
スイングは地面と水平に近い軌道で振る事になります。

フラットなスイングですね。
俗に言う、「横振り」です。

ドライバーは横振りで打つといった内容の雑誌などを
見かけますが、私はちょっと違うと思います。

自分のスイングタイプがアップライトであっても
フラットであってもドライバーは最も横振り近く
なるのです。

女子プロに多いスイングタイプ

このフラットな打ち方、横振りのスイングですが、
日本の女子プロに非常に多い打ち方だと思います。

なぜ、女子プロはこのフラットなスイングが多いのか?

答えは簡単です。

飛距離が出せるから。
これは個人的な意見ですが、実際に縦振りのスイングより
横振りの方が物理的に飛ぶとは思っていません。

スイングの形で飛距離が変わると言うより、
手首を柔らかく使いやすいから、アップライトより
フラットなスイングの方が、ドローボールが打ち易く
結果、飛距離が出るのではないでしょうか?

アイアンはアップライトなスイング

ボールと自分の体の距離で決まる

逆にアイアンはどんな人でも地面に対して垂直に
近いスイングになります。

クラブが短くなればなるほどです。

なぜ、クラブが短くなるとスイングはアップライトになるのか?

答えはボールと自分の距離にあります。
クラブが短くなれば、ボールの近くに立つことになります。
当たり前ですが、近い距離にあるボールとの間にクラブの
シャフトを通す訳ですから、方向は縦になります。

横に狭い空間に、棒状の物体を通す為には
縦に通すしかありませんよね?

ですから、届くのであればショートアイアンでも
ボールから離れて立って打てば、フラットに近い
横振りになるハズです。

パワーのある男子プロに多いスイングタイプ



フラットなスイングが女子プロに多いと書きましたが、
アップライトなスイング(縦振りは)男子プロに多い気がします。

勿論、全員ではありませんが。

私なりに自分が打ってみた感じでは、
アップライトな縦振りはフラットな横振りに対して、
やや手首がしっかりと固まる様な気がします。

そう言った意味では、インターロッキンググリップで
アップライトなスイングと言うのは相性がいいのかもしれません。

手首のコッキングやヒンジングをしっかり行わないと
飛ばないというのが右手のゴルフの理論だと思うのですが、
ある程度の飛距離が出る人ならこの方が出球の方向は
安定すると思います。

手首の運動量が減るという事は、
ハンドアップしてクロスバンカーから打つような
コントロールショットに似ていると思います。

だから、男子プロに多いと感じているのでしょうか?

やはり印象としては、パワーのある人に多いスイングタイプだと思います。
私はアイアンとドライバーの打ち方は同じだけど、
クラブが長くなればフラットで横振りに。

クラブが短くなれば、アップライトで縦振り。
になると思います。

従って、普段からフラットなスイングの人は長いクラブに
得意クラブが多い人ではないでしょうか?

逆にアップライトなスイングの人はショートアイアンや
ウェッジを得意クラブにしていると思います。

因みに、私は前者になります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフスイング 右手の使い方と左手の使い方の違いとは?

右手のゴルフだから右手でスイングする

バックスイングからフィニッシュまで右手を使う

右手のゴルフでの右手の役割は、ほぼスイング全般です。

まず、バックスイング・スイングの始動時に
右手首でヒンジング。

ヒンジング

右手首を甲側に曲げてフェイスを開きながら
クラブを上げていきます。

バックスイングでシャフトが地面と平行になった時に
フェイスのトウが真上を向くくらいフェイスを開きながら上げていきます。

トウ真上

そして、右手のゴルフを推奨している片山晃プロが
スイングで最も大切なダウンスイングも右手で行います。

よく、『右手を使うな』という言葉を聞きます。
私もそう言われていたし、そうだと思っていました。

しかし、実際には右手を使ったスイングの方が
飛距離も伸びて、安定しました。

ダウインスイングで右手を使って、手を下に落とす。

実際にクラブヘッドを体の右側に落とす感じです。

こうすると、いつもクラブが同じところを通って
ヘッドスピードも上がってヘッドが走るようになりました。

イメージ的には右手の平でボールの右側を叩いていくような感じです。

最後まで右手だけを意識して、振り抜いていくと良い結果が出やすいですね。

特に意識するのは右手の親指と人差し指

右手でスイングしていく中で特に大切なのが、
右手の親指と人差指です。

この2本がフェイスローテーションを行う為に必要になります。

ボールを自分の向いている方向ではなく、
左側にトスするような感じです。

この時に私は完全に左手は意識から消しています。

実際にはスイング中左手も使っていると思いますが、
意識としては0%です。

左手を意識してしまうと、左脇が空いたり左肘が引けてしまう。
手羽先スイングと言われるスイングになってしまうからです。

私が右手のゴルフを始めるまでは、完全にこのスイングで
100%スライスのドライバーで150ヤードから180ヤードしか
飛ばないスイングでした。

左手でアドレスやスイングの確認をする

アドレスする時は左手が重要

スイングは全て右手でやると上に書きましたが、
左手はどう使っているのか?

私はスイングそのものでは、左手は使っていないつもりです。

しかし、左手にも重要な役割があると思っています。

それは、左手で構えた時にボールと自分との距離を一定に保つことが出来るからです。

右手のゴルフのアドレスでは、左手は胸の前から持ってきます。
頭の上に左手を上げて、そのまま下にもって来る感じです。

左手が体の横にあると前後に動かしやすいので、クラブを握っても
大きく前後に動かす事が可能です。

それだとボールと自分の体の距離が変わってしまいます。
胸の前に左手を持ってくると、左手は前後には動かなくなります。

これでドライバーからサンドウェッジまで、
常にボールとの距離が一定にアドレスする事が出来ます。

左手でスイングチェックをする

左手にはもう1つ大きな役割があります。

それは、スイングのチェックです。

あくまでもスイングは右手で行うんですが、
左手を確認すると正しく右手を使えているかが分かります。

まず、スイングが始まったらコック(コッキング)とヒンジングを
同時に行います。

この時、左手首が甲側に折れていればOKなんです。

左手首

そしてシャドースイングでも素振りでも、
インパクトの形を作ってみて下さい。

その時にも左手首が甲側に曲がっていればOKなんです。

インパクト2

右手を使ったスイングで、インパクトの前に右手が左手を追い越します

雑誌などでアームローテーションと言われるやつです。

これが正しく出来ているという事は、右手首がやや伸びて左手首は
甲側に折れています。

こういったように左手を使ってスイングをする訳ではありませんが、
左手の動きをよく確認すると、スイングが正しく行えているかがよく分かります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます