片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます




ゴルフ ボディーターンスイングがドライバーでのスライスの原因?

スライスの本当の原因はスイングにおける体の回転

 

ボディーを回転させると上半身が開く

今もゴルフ雑誌では「ボディーターン」という言葉を
良く見かけますが、私たちの様なアマチュアゴルファーに
本当にボディーターンって必要なんでしょうか?

私が思うに、おそらく回転させること事体はあまり
難しい事ではないと思います。

実際には体を回転させすぎたり、回転をコントロールできずに
その弊害でミスショット打ってしまっていると思います。

例えば、左肩を開いて打っていいというプロゴルファーは
いませんよね?

しかし、ボディーターンをしようとすると、体ではなく肩が早く
開いてクラブヘッドをアウトサイドから引っ張り込むスイングになって、
スライスを誘発させてしまいます。

回転を意識しすぎて振り遅れる

ボディーターンに意識が行き過ぎ過ぎると、ほとんどの人が
腰を切ろうとしてしまいます。

私も以前はそうでしたが、腰を切っても軸がブレないスイングが
出来る人ならいいんですが、そうでなければダウンスイング中に
左腰をスウェーさせてしまいます。

そうなると、手とクラブが置き去りにされて思いっきり
振り遅れてしまいます。

手が動いてないので、シャフトが後ろ側にしなったまま
インパクトを迎える訳です。

これだと、フェースは開いた状態になるので
完全にスライスしてしまいます。

ボディーターンを意識しているのに、クラブと身体が同調しない
人はこの振り遅れが原因です。

そしてスライスするのはフェースの開きが原因です。

体の回転を止めるとスライスが治る理由

 

手打ちなら下半身が動かなくなる

ボディーターンや体の回転、腰を切るスイングをしている人とは
真逆なんですが、私は体を動かさなずに手だけでスイングすると
直ぐに、スライスが治ってしまいました。

それはなぜか?

実は1mmも下半身を動かさない意識でも実際には、
腰は30度~45度切れているんです


M1UO_wYpk7VVwuw1432708386

これが左に切りすぎない為の秘訣だと思います。
左に切りすぎて、体の左側が動いてしまうと、よく言われる
「左の壁」という物がスイングからなくなってしまいます。

その為には、アドレスでクローズドスタンスが有効です。
思い切って右足を引いて構えれば大きなスイングが出来ません。

そしてダウンスイングで左サイドを動かかす事が難しくなります。
スライスに悩んでいる人は、スタンスをスクエアから
クローズドスタンスにするだけでも、治ってしまうケースもあります。

体と腕の運動量のバランスを合わせる

ゴルフのスイングにおいて、不思議に思っている事があります。
雑誌や解説でも、体の動きの話ばかりな所です。

私は、実際に動かなければいけないのはクラブのヘッドだと
思っています。

ボディーターンを気にしている人はクラブヘッドの動きを
まったく気にしていないと思います。

クラブヘッドを大きく、早く動かす為には、
体は動かさない位の意識で、(実際には回転する)
手を使ってスイングする事です。

スライサーのスイングの特徴として、

ボディーの運動量>手の運動量

が顕著だと思います。

体を回し過ぎるから腕が振り遅れてしまう。

手打ちと思える程、体を止めて手だけでスイングして
初めて手と体の運動量が一致する思います。

手と体の運動量が一致すれば、腕は常に胸の前にある事に
なるので、振り遅れによるスライスは絶対にしなくなります。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドライバーの打ち方はアッパーブロー?レベルブロー?

アッパー過ぎるとミスショットの原因になる

 

ドライバーでダフる人は要注意

「ドライバーはアッパーブローに打つ」
「アイアンはダウンブローに打つ」

よく、こんな言葉を見たり聞いたりしませんか?

実際にクラブの特性やティーアップしてる状況だと
ドライバーはアッパーに打つのが正解だと思います。

しかし、我々のようなアマチュアゴルファーは、
自分が思っているよりずっとアッパーに打っています。

というより、球を上げたくて「すくい打ち」
なっている人も多いと思います。

私も、悪い癖がこの「すくい打ち」です。

過度にアッパーブローを意識してしまうと、
右肩が下がって、シャフトが寝て降りてくる。

結果として、ティーアップしているにも関わらず
ダフッてしまう。

こういったミスショットに心当たりのある人は、
アッパーに打ち過ぎです。

右足体重・明治の大砲になりやすい

アッパーに打ち過ぎると、どんなミスがでてしまうのか?

まず、右足体重になるのでフェースが開きやすくなります。
そのまま打てば、プッシュアウトかプッシュスライスです。

それを嫌がって左サイドで外からアウトサイドインに
クラブを引っ張り込んでくる。

さらに手首をローリングさせてしまうと、
ダッグフックとかチーピンと言われる球を打ってしまいます。

そして、上にも書いた通りダフリやすいスイングになります。
こういったスイングをしている人たちにはある共通点があります。

それは俗に言う「明治の大砲」になってしまっている事です。

明治の大砲

インパクト以降、左肩が上がりに上がって体重が右に残って、
人によっては左足を後ろに引ける位、右足体重の場合があります。

ドライバーはレベルブローに打つのが正解

 

ヘッドがボールの高さを長く移動する

実際にドライバーはどうやって打てばいいのか?
それは、レベルブローに打つことだと思います。

特にゴルフ初心者や独学でレッスン等を受けていない人は
必ずアッパーに振りすぎてしまいます。

何を隠そう、3年前までは私もそうでした。

これはゴルフスイングはボディーターンで打つ物だと
勘違いしていると、皆そうなってしまうと思います。

私は片山プロの右手のゴルフを実践する事によって、
体を回転させなくなったので、右肩が落ちないスイングに
なりました。

そして、ドライバーのスイングのイメージは
レベルブローで打つ意識をしています。

そうする事によって、早く解放されたクラブヘッドが
長い時間、ボールのある高さを移動してくれます。

結果的に非常にミート率がアップしました。
飛距離も伸びて、ボールの曲りも少なくなりました。

シャフトのしなり戻りを利用する

イメージはレベルブローで打つのですが、実際には
ややアッパーブローのスイングの方が飛距離が出ます。

意識はレベルブローにスイングして、実際のインパクトでは
ややアッパーにヒットさせる為にはどうするのか?

シャフトの『しなり戻り』を利用します。

クラブヘッドに遠心力をかける事が出来れば、
ダウンスイングの途中でしなったシャフトが戻ってきます。

これを『しなり戻り』と言います。

しなり戻り

このしなり戻りを利用すると、クラブフェイスがやや上を向きます。
さらに上を向いた分、ロフト角の角度分フェースが左を向きます。

結果、一番飛距離の出るスイートスポットのやや上に当たり、
フェースが左を向くことによって捕まった強い球を打つことが
可能になります。

クラブシャフトのしなり戻りをさせる為には、なるべく体の回転を
止めて、手でクラブを早く振る事です。

そうすることで、タメたスイングにならずに、クラブヘッドから
降りてくることでヘッドに遠心力をかけてシャフトのしなり戻りを
利用する事が出来ます。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフは手首の使い方で飛距離も方向性もアップする

左手首の動きはコッキング

 

コッキングは縦に動かす

スイングの中で手首の使い方を正しく知らないと、まともな
飛距離や安定性は望めません。

私は全くリストの使い方を知らない時は、ドライバーで
150ヤードの飛距離でドスライスしていました。

個人的に思う事ですが、練習場で見ていると手首を使おうとする人の
方が少ないのかな?

ノーコック打法と言われるコックを全く使わないスイングもあるみたい
ですが、練習場で見かけるのはコックを使ってない人が多いですね。

因みに、コック(コッキング)は左手首で行う動作の事です。
左の手首を親指側(自分の顔の方向)に曲げていく動きです。

コッキングを左右の手で勘違いしている人も多いようですが、
コックは左手です。

私が実践している右手のゴルフでは、
スイングの始動(バックスイングの開始時)にコックを入れます。

このコッキングが出来なければ、フェイスローテーションが
出来ないので、スイングが成立しないと私は感じています。

必ず手首は甲側に折れる

左手でコッキングをする際に、注意しないといけない事があります。
それは、手首の関節の動きです。

上で説明した通り、手首の関節を上下に動かすのですが、
その時に左手首は必ず甲側に曲がります

実際に、今ここの見ている人は試して貰いたいのですが、
グリップをした状態で、左手の親指の方向に曲げてみて下さい。

必ず、手首は甲側に折れるハズです。

もし、手首を折らずにコックが出来てしまった人は
バックスイングでかなりクラブをインサイドに引いてしまって
いると思います。

さらに左手の甲が真っ直ぐになってしまうと、
クラブがシャットな状態で上がってしまいます。

シャット

これだとダウンスイングでコックをリリースしたとしても、
必ずフェースが開いてインパクトしてしまいます。

右手首の動きはヒンジング

 

ヒンジングは横に動かす

次は右手首の動きです。

「ヒンジング」という言葉を知らないゴルファーも
いると思います。

知ってた人はすみません。
私は右手のゴルフを始めるまで、全く聞いたことがありませんでした。

右手の手首を動かす動作をヒンジングと言うそうです。

このヒンジングですが、先ほど説明したコッキングとは違う動きに
なります。

左手で行うコックは縦の動きでしたが、右手で行うヒンジングは
横の動きです。

右手首を甲側に曲げて、ダウンスイングで手のひら側に曲げる。
この動きです。

真っ直ぐ右手を前に出した状態だと、バックスイングで右手の甲が
自分に見えて、ダウンスイングで右手の平が自分に見える動きです。

イメージは目の前の人をビンタ

このヒンジングですが、テニス経験者の人だと感覚が分かりやすい
みたいです。

私はゴルフをするまで、全くスポーツの経験がなかったので、
ヒンジングの説明を聞いても、いまいちピンときませんでした。

しかし、片山プロがレッスンDVDの中で
目の前の人をビンタするような感じ

と説明していて、それが非常に分かりやすかったです。

手首をガチガチに固めてビンタなんてしませんし、
こう言ってはなんですが、より痛いビンタをしてやろうと思ったら
手首をゆるゆるに脱力して、スナップを効かせた方が痛そうです。

実はこれが、右手ゴルフをやった事で飛距離アップした
原因だと私は考えています。

コッキングとヒンジング、左右の手首の動きと使い方の違いについて
書いてきましたが、注意点があるります。

それは・・・

左手は縦の動き
右手は横の動き

両手でグリップしている訳ですから、これを同時に行います
すると結果、どうなるか?

左手は」縦に90度、右手は横に90度。
同時に行うと、右斜め45度にクラブは上がっていきます

この時、シャットフェースになっていないか確認して下さい。

両方が正しくできていれば、シャフトが地面と平行になった時に
クラブヘッドのトウが真上を向きます。

シャフト

チェックするポイントはここだけなので、コックやヒンジングを
意識した事が無かった人は、練習場で試してみて下さい。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドローボールの打ち方はドライバーのフェースの向きとヘスイング軌道で決まる

フェースの向きで出て行く方向が決まる

 

右に出すのは飛球線に対してやや開く

ドローボールは、やや右に飛び出してそこから左に曲がりながら
戻ってくるボールです。

一般的にドローで打ったボールの回転はキャリーもランも
多くでて、よく飛ぶと言われています。

個人的な感想ですが・・・

全くその通りだと思います。

私も3年前に右手のゴルフを始めて、すぐにドローボールに
持ち球が変わってしまいましたが、本当によく飛ぶようになりました。

ドローボールはターゲットに対してやや右方向に飛んでいくので、
インパクトでは飛んでいく方向にフェースが向いている。

という事になります。

フェースが開いてインパクトを迎えるとスライスしてしまう。
と思う人もいると思います。

が、実際にはフェースは開いていないんです。

後述しますが、フェースは確かに目標より右を向いて
ボールにヒットしますが、スイング軌道の関係で
決して開いてボールにヒットしている訳ではありません。

スイートスポットより先で打つ

あと、ドローを打つ為にはどこで打つのかも重要になります。

ドライバーで最も飛ぶと言われているのは、クラブヘッドの芯。
スイートスポットだと言われています。

しかし、実際にはギア効果でボールのスピン量を減らし、
最も飛ばせる場所はスイートスポットの少し上です。

クラブのギア効果が打球に与える影響を考えると、
ドローボールを打つのにも最適な場所があります。

それは、スイートスポットより先、フェースのトウに近い場所で
ボールを捕えることです。

hit

これは、ゴルフショップの練習器具などを置いているコーナー
にあるショットマーカーなどを使用すればすぐに分かります。

フェースにシールを貼って、当たった所が青くなるやつです。
あれで真ん中よりも少し先に当たるようになれば、ドローが
出やすくなります。

ヘッドの軌道で左右に曲がる

 

インサイドアウトのスイング軌道が必須

スライスばかり打っている人にとっては、ドローは一種の憧れだと
言えます。

私も5年間スライスしか打った事が無かったので、非常によく
スライサーの気持ちが分かります。

私は右手を使うスイングに変えたことで、スイングの軌道が
アウトサイドインからインサイドアウトに変わりました。

特に顕著だったのが、ドライバーのスイング軌道でした。
右利きだからか、右手を使うと簡単にインサイドからクラブを
下ろすことが出来ました。

スライスを打っているほとんどの人が、左腕で自分の方向に
クラブヘッドを引っ張り込んでいるか、左肩が早く開きすぎて
体に対してフェースが開いている状態だと思います。

これをやめないと、ドライバーは必ずスライスしてしまいます。

どうスイングすればインサイドアウトに打てるのか?

では、実際にどうすればクラブをインサイドからアウトサイドに
振り抜けるのか?

答えは簡単です。

胸を後ろに向けた状態でインパクトすればいいだけなんです。

胸を飛球線と反対方向に向けたまま、右手でドライバーを
下に向かって振り落とすだけ。

一度、素振りやシャドーで確認してみて下さい。

コレだけで、どんな振り方をしてもスイング軌道は
インサイドアウトになるはずです。

胸さえ閉じてスイングしてしまえば、手は多少アウトサイドから
振っても、クラブはインサイドからしか振れません。

左サイドを完全に動かさない様に意識すれば、胸が右を向いたまま
打つのはさほど難しい事ではありません。

これで、腰を切る等の動きを入れてしまうと台無しになってしまいます。

スライスや飛距離不足に悩んでいる人は、是非このドローボールの
打ち方を試してみて下さい。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ドライバーはグリップの握り方・グリッププレッシャーで飛距離と方向性が変わる

クラブが長くなったのでグリップも変える必要がある


左手は絶対にストロンググリップ



以前の私もそうだったんですが、飛ばない人ほど、
左手をウィークグリップ(スクエアグリップ)で握っています。


今の45インチ以上の長いドライバーで、なおかつヘッドが
かなり大きいクラブをウィークグリップで打つには無理があると
思います。


クラブが長くなることで遠心力がかかりやすく、
ヘッドが大きい事で重心距離が長くなっているので


ダウンスイングでヘッドをスクエアに戻すことが
昔の短いドライバーより難しくなっているのは確実です。


長いクラブを左手主体でスイングしてしまうと、
必ず左脇が開いてしまいます。


そうなると、左肘が引けたスイングでスライスしかでません。
飛距離も全くでません。


3年前の私がまさにその状態でした。


しかしグリップをフックグリップに変えると、
スイング中に左脇が締まります。


もうこれは構えたアドレスの時から分かります。
体の横からではなく、胸の前から手がくる感じになります。

右手はオーバーラッピングかテンフィンガーグリップ



右手の握り方にもいくつか種類がありますが、
右手ゴルフを始めて右手の握りも変えました。


それまではテレビで石川遼君がやっていた、
インターロッキンググリップで握っていました。


このインターロッキンググリップですが、
両手の一体感が凄くあるので、元々ヘッドスピードの
早い人なら問題ないかもしれません。


しかし、ヘッドスピードも飛距離も不足している人は
絶対にやめた方がいいと思います。


この握りは手首が固まりやすいんです。
柔らかく使う事ができないスイングになってしまいます。


後で書きますが、グリップを強く握る事にも繋がります。


ですから、普通のアマチュアの男性ならオーバーラッピング
グリップが良いと思います。


極端にヘッドスピードの遅い人や、女性の方なら
テンフィンガー(ベースボール)グリップがいいと思います。


私が思うにヘッドスピードが遅人ほど、
テンフィンガー>オーバーラッピング>インターロッキング


また、スライスする人ほど
テンフィンガー>オーバーラッピング>インターロッキング


がおすすめの右手の握り方だと思います。



グリップの強さはクラブが長いほどゆるゆるに握る


ゆるく握る事でヘッドを走らせる



グリップの強さはゆるくするというのは、雑誌やテレビでも
盛んに言われていますね。


しかし、実際にゆるゆるのまま振るのはとても難しいです。


そもそも、なぜ強く握らず、緩く握らないといけないかを
理解しておく必要があると思います。


グリップを柔らかく握らなければいけない1つです。
上腕に力が入ると、握っているグリップの運動量が増えて、
クラブヘッドの運動量とスピードが落ちる訳です。


平たく言うと、力が入ってヘッドスピードが落ちる。


緩くグリップを握ると、クラブのグリップの運動量は小さくなります。
逆にクラブヘッドの運動量は大きく早くなります。


これがヘッドスピード、飛距離を出す秘訣です。
その為にはゆるゆるのグリッププレシャーが重要なのです。

親指と人差し指と中指で握る



実際にグリップ圧をあげない様に打つ為にはどうすればいいのか?
言うのは簡単ですが、難しいです。


特に、ダウンスイングの最中にアドレスの時とグリップの強さを
変えない様に打つのは最初は無理だと思っていました。


しかし、片山プロが推奨する右手のゴルフのグリップだと
それが簡単に出来てしまいました。


力が入るのは、手の外側です。
特に手の平は外側に力が入ると、上腕がカチカチに強ばってしまいます。


逆に親指と人差し指と中指といった内側の指で握ってやると、
力が良い意味で入りにくくなります。


手の平で握り込むのではなく、指3本で摘まむ様に
グリップしてあげるといいです。


俗に言う、フィンガーグリップというやつですね。


この握りだと、構えた段階でクラブヘッドがロックされず、
フリーに動いてくれる事を実感できると思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフ アドレスで作る手首とシャフトの角度でボールの高さが変わる

ハンドダウンの効果とは




フェースローテションを最大限に使う



構えた時に自分の腕とクラブは一直線にはならないと
思います。


必ず、手首に角度がついていると思います。
この角度によってボールの高さを変える事が出来ます。


基本的に手首により角度をつけると、フェースが
ローテーションする為、球は高くなります。


逆に角度がなく、腕とクラブが一直線になれば
コックを使う事が無く、フェースがローテーション
しない為、ボールは低くなります。


この基本が分かっていれば、状況に応じてアドレス時に
手首の角度に変化をつける事で、ボールがコントロール
出来る事になります。



ティーショットとバンカーショットでは必須



私が実践している右手のゴルフでは、基本的に構えた時に
手首に角度をつけて構える様にしています。


その最大の理由はクラブのフェースローテションです。


右手のゴルフの最大の特徴はフェースローテションです。
片山晃プロもゴルフで最も重要なのがフェースローテション
と言っています。


ゴルフクラブは野球のバットなどと違い、シャフトの
延長線上にスイートスポット(芯)がありません。


少し離れた所にあります。これをクラブでは重心距離という
そうです。


この重心距離という存在がある以上、フェースローテションは
必須という事なんです。


特に必要なのがドライバーなどの長いクラブを打つ時です。
飛距離と必要な打出し角を得る為にはフェースローテションが
絶対です。


あともう一つ、ガードバンカーからのバンカーショットです。
バンカーショットはダフらせる必要がある為、フェースを
しっかりとローテーションさせなければいけません。


以上、2点のケースでは、絶対にハンドダウンに構えて
手首に角度をつけた方た構えの方がボールが上がり有利です。



ハンドアップの効果




ボールに直接コンタクトさせたい時



上にも書きましたが、ハンドアップに構える。
つまり、アドレスした時に手首の角度を小さくして
腕とクラブのシャフトが一直線に近くなる構え方です。


少し手の位置は高くなって、ボールとの距離も近くなります。
ハンドダウンは逆にグリップの位置が低くなり、
ボールとの距離は遠くなります。


因みに、ハンドアップの構えはボールとの距離が近いので
アップライトなスイングになります。
ハンドダウンではフラットなスイングになりやすい。


この特徴をコース内で生かしたいのなら、
絶対にダフりたくない時が有効です。


クリーンにボールを打ちたい時は、ハンドアップして
構えるといいと思います。



クロスバンカーとグリーン周りでハンドアップ



ハンドアップして構えてのショットを最も活かせる場面が、
クロースバンカーからのショットとグリーン周りからの
アプローチショットです。


まずどちらも、ダフると致命的なミスショットになって
しまいます。


そんな時は、グリップを指2本分くらい短く握って、
ボールの近くに立ってみて下さい。


自然と手の位置が高くなり、ハンドアップの構えになります。


この時、1点注意点があります。


それは、体重を右に移動させないことです。
どちらもフルショットの様な大きなショットではないので
体を揺さぶらない様にスイングする事が重要です。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


左一軸打法と右手のゴルフは相性が良い!飛距離アップと再現性の高いスイング

なぜ左一軸打法で失敗する人が多いのか?

 

リバースピボットの連続で飛距離も落ちる

数年前から、雑誌などで左一軸理論がもてはやされて
います。

似たような打ち方にスタックアンドチルト打法
という物もあります。

練習場でもこの言葉は良く聞いていました。
練習場仲間同士で挑戦しているけど、
全く上手くいかないとか。

周囲でやっている人は何人かいましたが、私は当時
左一軸の打ち方には全く興味がありませんでした。

しかし、右手のゴルフを始めてから左一軸スイングと
右手のゴルフは相性が良いと片山プロが言っているのを
聞いて挑戦してみました。

実際にやってみると、思ったよりずっと簡単に出来て
しまいました。

ネットで左一軸スイングの評判を聞いてみると、
多くのゴルファーが失敗してるようでした。

youtubeで動画なども見ましたが、私でも分かるレベルで
リバースピボットになっている人が大勢いました。

左サイドを動かしてしまう事が失敗の原因

右手を使うスイングで左一軸スイングをやってみて
思った事は、左サイドをいかに動かさないかがポイント
だと思います。

ほとんどの人は、左に体重をかけたまま体の左サイドを
主体にクラブを振っていると思います。

せっかく左に軸を作っても、そこを動かしてしまえば
もう軸にはなっていないと思います。

というか、軸が動いたりブレたり、傾いたするので
右足に体重が残ったり、不安定なスイングになります。

だから、カッコ悪いギッコンバッタン状態で、
飛距離も落ちてボールも安定しないのスイングに
なってしまうのでしょう。

結局、左一軸と言いながら、左サイドを動かす事が
失敗の一番の原因だと私は思います。

右手を使わなければ左一軸にはならない

 

軸は動かないから軸になる

上にも書きましたが、「左一軸」なので左に軸が存在します。
その軸を動かさない事が左一軸打法です。

その為にはどういうスイングをすればいいのか?
右手でクラブヘッドを振ってあげるだけでいいんです。

右手でクラブヘッドから下に落とせば、体の動きは止まります。
体重が左右に動いたり、重心がズレる事はありません。

最初に軸を意識した、左股関節の場所から軸は動きません。

『左を止めて右で振る』

非常にシンプルで合理的なスイングだと思いませんか?
実際に私でも出来る位、シンプルで簡単なスイングでした。

遠心力がかかり飛距離もアップする

私は他の人は違い、左一軸打法をやっても飛距離が落ちる
事はありませんでした。

おそらくですが、先ほどから言っている様に左サイドを止めて
右手でクラブヘッドから落としているので、
凄くヘッドに遠心力がかかるんです。

上手くいった時は、フォロースルーで遠心力がかかったヘッドに
体ごと持っていかれそうになる場合があります。

それだけヘッドに遠心力がかかった時はやはり飛びます。
左一軸は飛ばないと言っている人は、左一軸では打ててないと
思います。

右手のゴルフだと、バックスイングで左膝を前に出して
右膝を伸ばす。

そうすると、体を捻らなくても胸が後ろを向くんです。
その状態で、手を正面に上げればトップが出来ます。

ダウンスイングではクラブヘッドから落とす事と、
胸を後ろに向けたままスイングするだけです。

これで、体重が右足に移動したり残ったりする事はありません。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


ゴルフスイングにタメは必要ない!コックを早くリリースするだけ

タメるゴルフスイングはもう古い

 

タメるスイングの弊害

今までのスイング理論では、クラブを溜めて下ろすとか
右腕を溜めて、一気に解放するとか言われています。

しかし、実際に『タメ』を意識すると私は全く打てません。

現実ではどぷなるかと言うと、必ずプッシュして右に
飛び出すか、スライスです。

酷い時はプッシュスライスで打った瞬間からOB確定です。

なぜ、そんな結果になるかと言うと、右手を溜める
体にくっつけてダウンスイングをすると、100%右肩が下がる
からなんです。

実際に、今試してみて下さい。

ゴルフのグリップをして、ダウンスイングで右肘を体に
くっつけてみて下さい。

絶対にアドレスした時より右肩が下に落ちて左肩が上がります。

体重も右に残りやすく、リバースピボットや、明治の大砲。
カチ上げるスイングになってしまいます。

右肩が下がると、クラブが寝た状態で降りてくるので、
ダフりやすくなります。

あと、右手を縮めてスイングすると、インパクトでフェイスを
スクエアに戻せなくなります。

結果的にクラブフェースが開いた状態で打ってしまうので、
プッシュかスライスになってしまいます。

私は、アイアンでタメを意識してスイングすると、
シャンクが出る事もあります。

長いクラブでは不可能なスイング理論

右手のゴルフの著者である片山プロ曰く、

昔のクラブは固くて短かったので、溜めて一気に解放する事で
効率よくボールにパワーを伝えられ、かつフェースをスクエアに
戻すことも出来たそうです。

現在の長いクラブ。
特にドライバーは42インチが最大で47インチまで(市販品で)
長くなっているので、溜める動作を入れると、フェースを
アドレスの位置で真っ直ぐに戻すのは不可能だと、私も思います。

結論として、現代の軽くて長いクラブを使用するなら、
ゴルフスイングにタメは必要ないと思います。

コックをリリースするタイミングとは?

 

ダウンスイングの始動から一気に右手で解放

タメる動作と全く反対の動きと言えば、『解放』になります。

ゴルフスイングの中で解放というと、何をイメージしますか?
私は右手のゴルフをやっているので、1つしか思い浮かびません。

それは、コック・コッキング、解放です。

右手のゴルフでは、切り替えしから、いきなりクラブヘッドを
真下に落としていきます。

決してボールの方向ではありません。
自分の右側、下手をすれば、背中側に落としていくような感覚です。

この動きを可能にさせる為には、ダウンスイングですぐに
コックを解く必要があります。

アーリーリリースは悪い事ではない

雑誌などでは、アーリーリリースがダフリの原因とか
言われていますが、私はそうは思いません。

解放が早すぎる事が原因ではなく、右肩が下がることが原因だと
思っています。

私なりの解釈では、アーリーリリースは悪い事ではないと
思っています。

理由は簡単です。

よく皆さん、練習場でも、ダウンスイングからインパクトの形を
スローでやりませんか?
または、そういう人を見ませんか?

その時に必ずボールの前でフェースは真っ直ぐになっているハズです。

しかし、実際にはインパクトに間に合っていないので、
ボールが右に出たり、スライスしたりする訳です。

フェースローテーションが遅くて、ミスショットをしているので
意識的に速く、フェースをスクエアにしてあげるだけで、
ナイスショットが出るのが右手のゴルフの特徴です。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


松山英樹のスイングはなぜ飛距離が出るのか?秘密は縦のツイスト打法

アメリカーツアー平均飛距離:317ヤードで1位

 

松山英樹もマキロイもツイスト打法の使い手





2013年、アメリカツアーで平均ディスタンスで
松山選手が1位になったのをご存じですか?


彼は日本人としても非常に大きなスイングアークと
ダイナミックなスイングで飛ばしていましたが、
アメリカでも通用していたいたようです。


そして、飛距離と言えばもう一人。
ローリー・マキロイです。


彼ら2人に共通している事と言えば、
PGAツアーに参加している欧米人の中では
決してフィジカルに恵まれていないという点です。


松山英樹選手は日本人としては大きく見えますが、
身長は180cmです。


マキロイは175cmしかありません。


そんな彼らのスイングと飛距離の秘密は
ツイスト打法にあると片山プロは言っています。


おそらく本人達にはツイスト打法という自覚はない
と思います。


しかし、動画でマキロイや松山英樹のスイングフォームを
見ると私でもツイストで打っているのが分かります。



縦のツイスト打法ってどんな打ち方?

 


今までのツイストはボールの進行方向に対して
ブレーキをかけるか、反対方向へ力をかけました。


このツイスト打法では、力を縦方向にかけます。
縦にかける事によって、ヘッドスピードが加速します。


でも私はこれが出来ません。


産みの親の片山プロも言っていますが、ある程度
下半身が強くないと打てない打ち方だそうです。


ある程度の脚力がないとできない打ち方だそうです。


今までのツイスト打法とは違って、関節レベルで
動きを変える訳ではない。


下半身の筋力でスイング中に上下にブレーキをかけて
ヘッドスピードをアップさせる打ち方なんです。


 

縦方向にブレーキをかけてヘッドを前に走らせる

 

前傾角度を維持して左膝を伸ばす





実際に縦のツイスト打法のスイングは、
アドレスからバックスイングまでは通常の
スイングと同じです。


ダウンスイングの途中で、左膝を思い切り伸ばします。
ただし、下半身は上下に伸ばしながらも前傾は崩しません


頭の位置を前後(飛球線方向)に動かさない様に気を付けている
人は多いと思いますが、これは上下に動かさない様にします。


テレビの映像やyoutubeのスイング動画などを見て下さい。
2人とも、左膝が一気に伸び上がりながらも、頭はの位置は
変わらず、前傾姿勢が維持されています。


これが縦のツイストです。


本来、体の左右に運動しているゴルフクラブや
ヘッドに対して、体を上下に使いブレーキをかける。


体の左右への運動を、強制的に止めてクラブヘッドを
爆発的に加速させます。


彼らが使う非常に硬いシャフトでも、ツイストを
かけた瞬間、大きくしなるのが分かります。



ローラ・デービースも縦のツイストで爆発的な飛距離を出している





昔からのゴルフファンなら知っている人も多いでしょう。
イギリスきっての飛ばし屋。。。


というか女子ゴルフ界を代表する飛ばし屋、
ローラ・デービースもこの打ち方をしている選手です。


50歳を超えても、男子プロのような飛距離。
若手の女子には絶対に負けない飛距離。


実はこれこそが、我々アマチュアゴルファーの
お手本ともいえる飛距離アップの道ではないでしょうか?


年齢や体力(女性でも)に関係なく、遠くに正確に打っていける
打ち方はプロならではの打ち方というより、
アマチュアの為のスイングだと思います。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます


右肩・右膝・右腰が理想の動きをするスイングは足のツイスト

先日お伝えしたツイスト打法ですが、
沢山あるらしいです。

手のツイストの他に

「足のツイスト」「腰のツイスト」「縦のツイスト」
があるそうです。

これらの打ち方はそれぞれが独立したスイング理論では
ありますが、合わせて行う事で驚異的なヘッドスピードUP
が可能になるそうです。

私も、手のツイストと足のツイストを同時にやっています。
私でも出来る位、この2つのスイングを同時に行うのは簡単です。

細かい説明は後でしますが、練習場でなくても家でスイングの
素振りをしてみて下さい。ヘッドの走らせ方がすぐに分かります。

ベタ足スイングの強烈版?

右足つま先をスイング中に開く

以前お話しましたが、このツイスト打法という打ち方は
進行方向に対してブレーキをかける。
または、逆の方向に動く。という打ち方です。

そうする事によって、クラブヘッドを強制的に加速させて
爆発的な飛距離を生み出すというスイング理論です。

では足のツイストはスイング中にどういった動きをするのか?
非常に簡単です。

ダウンスイングの開始で、右足のつま先を外に開くだけです。
右足のつま先が、飛球線方向と反対に向けばいいのです。

これがツイスト打法のブレーキであり、反対方向への運動に
なる訳です。

なぜ、右足を開くだけで飛距離が出る?

私もやってみるまで、なぜこんなことで飛距離がアップする
のかサッパリ分かりませんでした。

しかしやってみると、右足がめくれたり、
送られる事がないので左サイドの壁が一切崩れません。

左腰のスウェーもまず起こりません。
頭と体が動かずに、手とクラブヘッドだけが動いていく
感じになります。

実質、飛距離が伸びたというよりは、
今まで体の左サイドを動かすことで、飛距離をロスしていたのが
矯正された感じです。

今までのスイングでいかに無駄な動きをして、
飛距離を損していたかがよく分かります。

足のツイストをやれば、ゴルフスイングを左サイドや左手で
やらずに右手を使う感覚がよく分かります。

右足に体重が残って入れば出来ないスイング

ダウンスイング中に右足を動かすスイングになるので、
当然、右足体重のスイングではできません。

足のツイストの良い所は、足でツイストをかける為には
絶対に左足体重でスイングしなければできない所です。

上に書いたように、飛距離の出る打ち方ですが、
スイング中に体重が左右に動かず、軸がブレないので
とても再現性の高いスイングになります。

スイング中に胸、肩、腰、体が開かない再現性の高いスイングになる

胸の向きが出球の方向を決める

足でツイストをかけると、体を左側に回転させる意識が消えます。
というか、意識的に体を回転させてスイングする事ができません。

クラブを振って、ヘッドがインパクトを終えてから体が付いていく
感じになります。

そうすると、スイング中に絶対に胸や肩、腰が開きません。
よく雑誌でも肩を開くな!と言った記事を見かけますよね?

しかし、私が自分で感じるのは、肩ではなく、胸です。
胸が向いている方向から90度左にボールは飛び出していきます。

なので、胸がアドレスと時と同じ角度なら出球は真っ直ぐです。

今の私の持ち球はドローなので、少し胸を閉じた状態くらいで
ちょうどですね。

最大飛距離を出しながら曲がらないスイング

まず、ツイストを手と足の2箇所でかけるスイングをすると
圧倒的に飛びます。

自分のボールではない様な球で、ゴルフが大きく変わりました。
それほどの飛距離アップです。

もう1つ凄かったのが、上にも書いたように、上半身が開かないので
曲がらないんです。

厳密に言うと、私はすでに右手のゴルフを始めていたので、
軽いドローボールを打っていました。

足でツイストを変える打ち方を覚えて、上体が開かない様になると
胸が閉じたままインパクト出来るようになりました。

おかげで、ボールはやや右に出て行きます。
そこから必ず左に戻ってきます。

これでショットが今までと比べ物にならない程、安定しました。

体重移動のないスイングで入射角が安定

スイングの途中で右足を外に開く必要があるスイングなので、
構えた時からずっと、体重は左足寄りです。

体重を左にかけると、リバースピボットが怖いと思っていましたが、
ダウンスイングで右に体重が移動すると、絶対に足は開かないので
逆に、体重を左に保つことが容易になりました。

その上で右手を使って、クラブヘッドを体側面、飛球線後方に
落としていくので、かなりシャローな入射角になります。

というか、浅い角度でしかクラブが入ってこなくなります。
結果、クラブヘッドがボールのある高さを移動する時間が
長くなり、安定したインパクトが出来るようになりました。



片山晃プロの右手のゴルフ無料動画を
月曜~金曜まで毎日配信!
10ヶ月間、合計200本の動画が届く
無料メールマガジンは下から登録できます