右手のゴルフで飛距離アップ

ゴルフで右手を使うと簡単に飛距離アップ

 

初めて右手のゴルフを実践してみて
体験したこと

 

 

  • ボールがストレート系、ドローになった
  •  

  • 飛距離が40ヤードくらい伸びた
  •  

  • 右腕だけが筋肉痛になった

 

 

と、お伝えしましたが、これだけではありません。

 

 

右手でゴルフをするまで、お恥ずかしいのですが、
ドライバーで『空振り』も多発するくらい
へたっぴでございました。

 

 

右手のゴルフを実践した結果、
空振りは『ゼロ』になりました。

 

 

いつも空振りをしていた人間からしてみると、
これはけっこう驚けることです。

 

 

たまに強烈なフックボールが出たりもしますが、
ボールに当たらないということは、まずありません。

 

 

私が言いたいのは、右手のゴルフをすることで、
ただ空振りしなくなる!ということではありません。

 

 

右手のゴルフをすることで、
ショットに安定感が出る! ということです。

 

 

片山プロがおっしゃるように、
やはり利き手(右手)って器用〜

 

 

ショットの安定感
それが、強く感じられると思います。

 

 

日々空振りで恥ずかしい思いをされている方、
空振りをしたくない方は、ぜひ右手のゴルフを試してみてくださいね。

ゴルフのドライバーで飛距離をアップする方法

 

アマチュアゴルファーのほとんどの人が、もっと「ドライバーの飛距離をアップしたい」
と思っていますが、実際にどういう方法やスイングで飛距離が伸びるかは、皆さんご存知ないと思います。

 

よく、テレビや雑誌で取り上げられているのは、脱力してスイングするとか、
クラブを溜めてパワーを一気に解放するなどのワンポイントレッスンも見かけますが、
本当にそんな事だけで、飛距離は伸びるのでしょうか?

 

ドライバーの飛距離を伸ばす為には、インパクトでしっかりとボールにパワーを伝える必要があります。
そのパワーを生み出すのは、あなたの利き腕である「右手」です。

 

右手のゴルフという斬新なスイング理論を推奨している、片山晃プロいわく、
20年も30年も前から左手リードのスイング理論が、当たり前とされていますが、
現代の最新クラブを使う為には、右手でスイングした方が有効なんだそうす。

 

ではどうやって、スイングの中で右手を使うのか?
非常に簡単です。
ダウンスイングの指導から、右手でクラブを振ってしまうのです。

 

 

インパクトを意識せずに、ダウンスイングで全てのパワーを右手で出してしまいます。
特徴としては、クラブヘッドから下りてくるです。

 

そうすると、グリップ側の運動量が減るので、クラブヘッドが加速します。
上から下に振るという、スイングの特性を利用します。

 

クラブヘッドから下ろして、ヘッドを先行させると、クラブヘッドに遠心力がかかり、
さらにクラブヘッドが走ります。
全く出来ていなかった人の場合、これが出来るだけで20ヤードは飛距離が伸びます。

 

これが、ドライバーの飛距離を簡単にアップさせる方法です。

 

ゴルフの飛距離はヘッドスピードがカギ

 

飛距離を伸ばしたい人は、ヘッドスピードをあげる事が必須になります。
今はゴルフショップなどで、簡単にヘッドスピードを計測する事ができるので、
飛距離をアップさせたい人は、まず今のヘッドスピードを知る事が大切です。

 

世の中にはヘッドスピードが速いのに、ドライバーが200ヤードしか飛ばないとい人もいます。
しかし、そういった人は、元々ヘッドスピードがあるので、他の要素を補えば自然と飛距離は伸びます。

 

ヘッドスピードは簡単には上がらないので、苦労する人がほとんどですが、
まずはグリップ圧を弱めることから始めてみて下さい。

 

そして、ダウンスイングで右手を使って、クラブを振ると、簡単にヘッドを走らせる事ができます。
これが飛距離を簡単な伸ばす方法です。

 

手を使うだけので、下半身の難しい動きは一切必要ありません。
むしろ、左サイドは下半身を動かさないで、手を思い切り振るだけの簡単なスイングです。

 

ヘッドスピードを上げて、飛距離を伸ばす為にレッスンに通ったりしている人もいますが、
ドライバーでどのくらいのヘッドスピードがあれば、どのくらいの飛距離になるのかの
目安も知っておいた方が良いです。

 

右手を使ってスイングすると、ヘッドスピードが40m/sあれば、キャリーとランを含めて
240ヤード程度の飛距離になります。

 

アマチュアゴルファーにとっても、ヘッドスピード40m/sは決して無理な数値ではありません。
飛距離を伸ばす為には、まずはヘッドスピード40m/sを目指してみましょう。

 

効率よくゴルフの飛距離をアップさせる方法はグリップにあった

 

ゴルフで飛距離が落ちてしまった。飛ばないと嘆いて
もっと飛ばしたい、もっと飛距離を伸ばしたいと色々試行錯誤している人に、
簡単な飛距離の伸ばし方を、是非試してもらいたいと思います。

 

 

それはグリップです。
スイングを変える前に、まずグリップを見直してみましょう。

 

スクエアグリップやウィークグリップで握っている人は、
フックグリップ、ストロンググリップと呼ばれているグリップに変えてみて下さい。

 

フックグリップに変えると、ダウンスイングで手元に空間ができるので、
インパクトの時に手元が浮く事がありません。

 

スクエアグリップやウィークグリップでは、前傾角度がおきるので、手元が浮いてしまいます。
手元が浮いて(ハンドアップ)しまうと、ヘッドが走らないので飛距離は全く出ません。

 

 

そして、インターロッキンググリップの人は、オーバーラッピンググリップか
テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)に変更してみて下さい。

 

インターロッキンググリップでは、腕に一体感が出てしまうので、ヘッドが走りません。
ヘッドが走らなければ、いくらミート率が高くても飛距離アップは望めません。

 

ドライバーで飛距離をロスしている原因は、しっかりと横振りが出来ていないこと。
そして、力みが大きな原因と言えます。

 

スイングプレーンばかりを気にしていると、ダフりやダッグフックばかりになってしまいます。

 

正しい、グリップでヘッドを走らせ、フェイスローテーションをさせてあげると、
球筋はドローボールになり、簡単に飛距離アップできます。

 

ゴルフで飛距離が出ない理由を知っていますか?

 

飛距離不足に悩んでいる人は、なぜ自分が飛距離が出ない、飛ばないのかを理解していません。
アマチュアゴルファーの場合、
左サイドを動かしすぎる、右肩が下がってフェイスが開いてスライスする、ダフる、
体重移動が大きすぎて、入射角がバラバラになる、ヒールでヒットする。

 

など、様々な原因で飛距離をロスしています。
結局はインパクトでフェイスがスクエアに戻らない、フェイスローテーションが不足している事が
原因です。
だから、振り遅れて弱々しいスライスボールを打ってしまうのです。

 

ただ、そういった原因に目を背けて、年齢のせいにするゴルファーもいますが、
シニアになっても250ヤード前後打っているアマチュアも存在しています。

 

その人達は、どうやって飛距離を出しているのでしょうか?
簡単です。右手を大きく使っているからです。

 

右手を大きく使うことによって得られるメリットとはなんなのか?
まず、上半身と下半身の運動量のバランスが良くなります。
普通の人は下半身を動かしすぎです。

 

右手を使うと、シャフトのしなりを利用出来るので、大きなパワーを得られるのと同時に
ミート率が非常に高くなります。
ミート率が上がれば、スピン量も自然と適正なスピン量になってきます。

 

そして、飛ばない理由の落とし穴が、腰の回転とビハインドザボールです。
多くの人がゴルフのスイングでは腰を切らないとダメだと思っていますが、これが大きな間違いです。
腰を切ると、左サイドが動きすぎてしまって、すぐに体が左サイドに流れてしまいます。

 

そして、ビハインドザボール。
頭を残しすぎる事によって、頚椎に負担をかけてしまいます。
結果、ヘッドが走らなくなります。

 

実際にはインパクト以降、体もクラブのどんな動きをしてもいいのです。
だって、ボールは飛んだ後なんですから。

 

 

ゴルフスイングを見直して飛距離アップ

 

飛距離アップの為に、日々無料動画でスイングフォームを研究したり、
雑誌でスイング理論を勉強してみても、現実にはなかなか飛距離は伸びずにドライバーで200ヤードが限界
という人も多いのではないでしょうか?

 

雑誌で左一軸理論が良いと言われれば、試してみて結果が出ない。。。
そんな繰り返しではないでしょうか?

 

実はアマチュアゴルファーの場合、スイングで最も重要なフェイスローテーションが出来ていないケースが多いんです。
フェイスローテーションとは、フェイスを開いて閉じる動きです。

 

飛距離が出ない人の多くは、バックスイングでシャットに上げて、ダウンスイングで逆に開いて下ろしてくる人がほとんどです。
結果、詰まったインパクトになり、フォロースルーで左肘が引けてしまうスイングになるのです。

 

しっかりとフェイスローテーションをする為には、どうすればいいのか?
答えは、右手で打つことです。
今までゴルフでは右手を使うなと言われてきましたが、これは大きな間違いです。

 

まず、スイングの始動で右手首はヒンジング、左手首はコッキングから始めます。
そして右手の使い方は、自分の右側に杭があると思って、その杭をクラブヘッドで叩くようにスイングします。
ポイントは、コックは早めにリリースすることです。

 

ここで、注意点があります。
右手のグリップをトリガーグリップにしないことです。
トリガーグリップにすると、右手の上腕に力が入ってしまうからです。

 

 

右肘を体にくっつけずに、脇を開けたままスイングします。
そうすると、リストが柔らかく使えヘッドが動きます。

 

さらに、左肩が上がらずに左足に軸を置いたままのスイングになります。
入射角はシャローな入射角で安定します。
ダウンブローに打つ意識はしなくていいんです。

 

スイングを見直して、飛距離を伸ばしたい方は、是非練習の時に右手を使ってスイングしてみて下さい。

 

ゴルフで飛距離を伸ばす為には筋トレが必要なのか?

 

ゴルフをする人なら、誰でも遠くまで飛ばしたい。もっと飛ばしたいと思うはずです。
特にティーショットはなおさらです。
その為にはヘッドスピードを上げる事が必須です。

 

素振り用のバットでバット素振りをしたり、筋力トレーニングで腹筋や背筋などの体幹を鍛える必要があるのか?

 

 

結論から言うと、NOです。

 

 

それはなぜか?
確かに、筋力や体力がある人なら、捻転を利用した体に負担のあるスイングでも飛ばすことが出来ます。
しかし、体力や筋力がない人はヘッドスピードを上げられないのかと言うと、そんな事はありません。

 

リズムよくスイングするだけでも、ヘッドスピードは上がります。
しかし、それにも限界はあるので、飛ばす為の要素をきちんと把握する必要があります。

 

飛ばしの三大要素と言われているのが、ボールの初速(これはヘッドスピード×ミート率)、
打ち出し角度、スピン量だと言われています。
この中でヘッドスピード以外の要因を見直せばいいのです。

 

片山晃プロがすすめる、右手のゴルフならば、簡単にヘッドスピードも上がりますし、他の要因も改善されます。
例えば、ヘッドスピード40m/sの人なら、キャリー220ヤード、ラン20ヤードの計240ヤードの飛距離になるそうです。

 

右手を使ってスイングする事でシャフトを逆しなりさせて、スイートスポットより少し上でボールを打ちます。
すると、高い出球で放物線を描いて、最大飛距離を得られ風の影響を非常に受けにくいボールになります。

 

ドライバーだからと言って、アッパーブローに打つ必要もありません。
シャローな入射角でボールの高さをヘッドが長い距離移動するので、自然とミート率も高くなります。

 

 

ダウンスイングで右手を使うと大きなスイングアークになるので、
フォロースルーも大きなフォロースルーを取る必要はありません。自然と腕がたたまれます。

 

これが筋トレをしなくても飛距離を伸ばす方法です。

 

この右手を使った打ち方を長尺ドライバーが使用できるので、さらにヘッドスピードを上げて、
飛距離を伸ばす事が出来ます。

 

 

☆右手のゴルフの関連キーワード集

 

甲 ドライバー ナイキ 握り方 豆 下から 力 第一関節 テーピング 激安 引っ掛け サポーター 
腱鞘炎 筋肉痛 方向性 シャンク 練習器具 左手 力の抜き方 出前持ち 投げる 押し込む フォロースルー つまむ 
矯正 軌道 本 スイング グローブ 痺れ 力を抜く ドリル 握らない 返し フックグリップ 手のひら 
youtube 指で握る 前 スライス ダウンスイング 主導 チョップ ブレーキ 痛み 出前 フィニッシュ 動画 
フィンガー 角度 曲げる ストロンググリップ ダウンブロー 支点 使い方 マメ 皮 v 片手打ち 離す 
フック かぶる 水ぶくれ スウィング ダフリ 絞る 使わない 上 かぶせる グリップ 手首 ターン 
冬 皮むける 持ち方 セットアップ ダウン スナップ 強い 動き 痛い 切り返し 打ち方 伸ばす 
まめ 第二関節 リリース タコ ドロー 正拳突き 使いすぎ ウィーク しびれ コッキング サイドスロー 押し込み 
向き バランス リストターン 正しいグリップ ばね指 生命線 使う 打つ 下から握る 悪さ タメ 腰 
役割 邪魔 力み チーピン パター 背屈 人差し指 上から 腹 重要 縦振り ヘッドスピード 
指 パーム リード 手袋 パット 添えるだけ 感覚 打 太い 脱力 たたむ 伸びない 
小指 防寒 練習 トップ パッティング 添える 薬指 内旋 こねる 押す リスト ロック 
指先 ピックアップ ローテーション テニス プロ 素振り 中指 内転 殺し ヒンジ 付け根 フォロー 
輪 トリガー ローリング インパクト 叩く 外旋 親指 写真 固定 開く 強さ 理論 
画像 v字